最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

春のおくりもの

「みんなで食べてね 」 ってラインが来て
次兄が竹の子をわんさか 送って来てくれました。
地元では有名な 大枝(おおえ)の竹の子です。

E6KZPWG5cFJ2uq21523974226_1523974237.jpg
大小合わせて14~5本ありました。

数年前に IH にリフォームしたので
今まで使えてた大きなお鍋は使えず、
ギリギリ4本位 入るお鍋が2つあったので2回づつ湯がきました。
これが結構大変なんですよね~

でも、採りたてで新鮮なので 柔らかくて本当に美味しいんです。
ありがたく 竹の子づくしで作ってみました。

qSpNnt3jDgLa9Fj1523974381_1523975044.jpg
(それにしても茶色ばっかりやな  全然おいしそーに見えへんやん


「みんなで食べてね 」 というのは
以前書いたかも、ですが
母、長兄、次女、長男 がそれぞれ数分の徒歩圏内で
我が家が中間の中継点になるのです。
なので、出来上がりを持って行きました。
今年初物でもあるし みんな喜んでくれました。

今、旬の春の風物詩。
毎年 春は竹の子、秋は柿(大枝産) を送って来てくれる次兄に感謝です。


PYupMY8OLPWrf351523973651_1523974108.jpg
みゅうさん、心配してくれてるのかな
ちょっと呆れたお顔ですね~






にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

桜の季節に想う

久しぶりにぼっちゃんが身に付けていた遺品を出してみた。
たくさんの洋服、甚平さんからダウンまで 想い出が詰まっている。
リードもおもちゃも、バッグも みんな懐かしい。
古い服も処分できず全部残してある。
いつか、おかーはんがぼっちゃんの所へ行く時、
一緒に入れて貰うよう子供達には言うてあります。

最期、肺水腫になったので自宅に酸素ハウスをレンタルしようとして
病院で貰ったパンフレットが最後に持っていたキャリーバッグに入っていた。
JRbD56CW1TKxWgm1523076240_1523076275.jpg

ぼっちゃんがお出掛けしてから届いた予防接種の案内状や、
毎日飲んでた薬、
リードに付けていた前年度の接種済のマーク。
UnFVZX6YXHt6u831523076617_1523076630.jpg
リードにぶら下げていたんだった。


確かに存在していたんだ。
いつも おかーはんの側で嬉しそうに笑ってたなぁ。
どこへ行くのも付いて来てたのに。。

ホンマに5年も経ったんやろか、と思う。

5年前の3月末、病院にお礼に行ったんだった。
最期、夜中の12時まで診て下さって
次の日の早朝、病院からお花が送られて来て
それを見てまたまた大号泣したんだった。

病院に入ると、先生、スタッフさん全員が出て来て下さった。
闘病生活は10ヶ月だったけど、その間 尿管結石の手術や
リンパ節の炎症で毎日点滴に通ったりと
凄く濃厚に診て頂き、
「昔からの長ーいお付き合いのように思います。」
と院長先生にも言われていたっけ。
ぼっちゃんは大人しくて皆さんに可愛がられていました。

土曜で休みだった息子が心配して連れて行ってくれたんだった。
おかーはん、何も出来ひん位 憔悴してたんやろなぁ
ぼっちゃんが居る時には まだ咲いてなかった桜が
あちこち満開になってて余計に悲しくなってしまったんだった。
毎年ぼっちゃんとお花見してて想い出がいっぱいあるから。


なんかね、時間の感覚が無いのか、
この桜の季節になると あの日が つい昨日のように思う。

よく行った近くの桜並木
luy8mBWIDH10VcJ1523076532_1523076546.jpg
今はもう葉桜になってタイムラグではありますが、2018.4.1 の写真です
ぼっちゃんを想いながらブラ~っと通って来ました。



さてさて、みゅうさんは・・
8Wruw9VSFfG0tr_1523100015_1523100029.jpg
  
いつもより可愛いって
誰だー、そんな事言ってるのは

「白猫さん発見 」で 気がついたら買ってました~


こっちが本物のみゅうさん 
ふ~む・・・デカイのぅ 
みゅうさん、いつも側に居てくれます。
ぼっちゃんが おかーはんの事、頼んでいったんやろと思います。

「大丈夫かぁ?」ってな顔して見られてるなぁ





にほんブログ村


にほんブログ村

5回目の春

木蓮の花が咲き、桜の花の蕾が膨らんできて
春は すぐそこにやって来ています。

そして また、この日が巡ってきました。
大好きなぼっちゃんとお別れして5年。
いつまでも想って未だに涙してしまいますが
ぼっちゃん、こんな情けない おかーはん・・・しゃーないなぁ


3月3日、ぼっちゃんを引き合わせてくれた義妹と姪、
そしてウチの次女と そのお友達と、我が家でお雛祭りパーティをしました。
  (義妹と次女のお友達は偶然家が近く居酒屋仲間でした~)

そん時もね、また ぼっちゃんの話題になったんだよ

我が家に来る迄の1年余りは 元ママの経営するサロンの看板犬として
毎日 車で出勤していて人気者だったんだって。
その頃を知ってる義妹と姪は
 「手の乗るくらい小さくてホンマに可愛かったよ~」って。

でも元パパにはあまり可愛がられて無かったのか、
投げつけられて骨折し脚にプレートが入ってました。

元ママに「手放すから貰ってくれる家を探して欲しい」って頼まれた義妹は
「一番にお義姉ちゃんが思い浮かんだ」と 直ぐに連絡をくれたんだった。
私は写真も何も見ず、ヨーキーの小さな男の子という情報だけで
「その子が家を探してるんなら来てくれたら良いよ」
と、二つ返事で貰う事になったのでした。

縁があったんやなぁ。。

いろんな想い出を話すうちに義妹と私はポロポロ泣けてきて
「お義姉ちゃんが大事に大事にしてくれてたから
 あの子は幸せやったよ。」 って言ってくれた。
元ママさんにも時々様子を伝えてくれ、安心してくれていたらしい。

元ママさんの携帯の待ち受け、ずっとぼっちゃんのまま、って聞いて
お母さんも凄く嬉しかった。
  (もちろん、お母さんも そーだよ!)

ぼっちゃんの事、今も忘れず想ってくれてる人が居たよ。
良かったね、嬉しいね。
だって ぼっちゃんを育ててくれたママだもんね
ぼっちゃんの初めての大好きなママだったんだもんね。

そんな愛おしい仔と別れなければならなかった元ママさんも
本当に辛かっただろうな。
会いたかっただろうな。。
ぼっちゃんの気持ちを考えて
会いたい気持ちを封印してくれてたのだろう。

来てしばらくして 写真をパネルにして元ママさんに渡して貰い、
旅立った後も、ウチに来てからのお母さんのお気に入りの写真をいっぱい渡して貰った。
ぼっちゃんを愛する同じママとして そんな事くらいしか出来ないけど
ぼくを預けてくれた元ママさんには感謝している。
ぼくと会わせてくれてありがとう。


今日は祥月命日
5年前のこの日の事は時間刻みで覚えている。
今頃は・・・って思い返してしまうのだ。
その時々のぼっちゃんの顔も忘れられない。

時間薬・・・ぼくとお別れした後、あるお友達が言ってくれた。
5年経ち、ちょっとは効果出て来たのか、
流れる時間は 当時に比べ だんだん穏やかになってきている。
時々急流になって溺れかけてしまうけど、それは、、、許して貰おう。


仲良くして貰ってるワンちゃんが3月18日に天使になってしまい
突然の事だったのでショックを受けた。
まだ10歳になったばかりのマルチーズの可愛い男の子、純ちゃん。
ぼくと同じ肺水腫で、当日の朝も元気にしていたのに
急変というのも同じで 時季も同じで
ぼっちゃんの この日と近くてリンクしてしまい、
胸が張り裂けそうだった。
その時の純ちゃんの苦しさ辛さが分かるし
ママさんの気持ちも痛いほど分かる。

パパに抱かれての旅立ちを選んだのは
彼の精一杯のお別れの仕方だったのだろう。
あの子たちは どこまでも健気で親思いで優しい。
まさに天使。

お別れは耐えられない悲しさ、寂しさ、受け入れ難い現実と葛藤しなければならない。
これが現実なのか悪い夢をみているのか分からなくなってしまい、
その喪失感に脱け殻のようになってしまう。
いつかは見送らねばならないと分かってはいるけれど、
そのとてつもない大きな悲しみと闘うエネルギーは果てしなく、
時間も凄くかかる。
と同時に あの子の存在の大きさと愛の深さを改めて思い知る事になるのだ。



辛い時、ACでのぼっちゃんの言葉を思い出している。
「悲しみの涙ではなく、楽しかった事を思い出して笑顔で泣いて欲しい」って。
「頑張り過ぎないで」って
今もお母さんの事を心配してくれてるなんて、ダメダメかーさんだな

  ACを ご興味ある方はこちらをご覧ください。
   ☆1年目の命日 前半
   ☆1年目の命日 後半
   ☆3年目の命日

tsrd1R_sfjQfsxc1522154589_1522154747.jpg





EXA460pQZlORbnY1521731038_1521731196.jpg
お花は今年もお父さんが買ってくれました。
おやつもチョイチョイ置いてくれます。
買ったり頂いたものは まず一番にぼっちゃんにあげるのが我が家です。
お空組の皆で食べてね


いつものお花屋さんで頼むのですが、
たくさんスタッフさんが居るのに
なぜか いつも同じ人に当たる。
毎日必ず居る訳でも無いのに、
これも不思議だなぁと思います。
「ワンちゃんのやね。心込めて作りますね」って言われました。
嬉しかったです。

YwHq78MlFhBU6dQ1521730661_1521730717.jpg



さてさて、最後に最近の我が家は・・

息子くん、入籍は昨年に済ませてますが
来月 結婚式をするので
また留袖を出して準備しなくちゃ、です。
当日の美容院や着付けの予約をしたり・・・。
他に何もしていませんが、
親族がお祝いに来てくれるので
ちょっとばかり気ぜわしくしています

そして8月に彼はパパになる予定です。
我が家にとっては二人目の可愛い孫に会えるのを楽しみにしています。
気の早い あーちゃんは抱っこひもやベビーベッド、おもちゃ など買ってしまいました(笑)


ぼっちゃん、家族が増えるよ
そのベビたんの分も見守っててね
無事 元気に産まれて来てくれますように。

玲仁ちゃんは2歳8カ月になりました~
足が速くて追っかけるのが大変です
「ちゅきー(好き)」って言ってくれます
メチャメチャ可愛いです
すっかりばばバカですね(笑)


長文、ありがとうございました。




にほんブログ村



にほんブログ村





<

今年も行けた 旧家族旅行 7回目

母が高齢になってきたので
毎年、「来年は行けるかなぁ」 と心配してるのですが
今年も無事に旧家族で旅行することが出来ました。
メンバーは母、長兄、次兄 そして自分の4人です。

あまり遠くなくて 温泉&カニ三昧 が良いだろうと
12月3~4日、丹後 夕日ヶ浦に行って来ました。
これで夕日ヶ浦は二度目です。
   ( 2013.3.3~4 旧家族旅行№3) ⇐ その時の記事はこちら

その前に、全員揃ったので お墓参りをしてから行くことにしました。
私が小さい時に亡くなった おばぁちゃんの50回忌でした。
母はいつもおばぁちゃんの話をよくしています。
まだまだ母の事を守ってくれるようお願いしました。

向かうは丹後半島なので高速使うと2時間半程で着いてしまいますので
途中、何回も道の駅に寄り、休憩&お買い物をしました。

メッチャ良いお天気で良かったー
_2ocFNfRz_o6FTH1512778259_1512778548.jpg

BIXezr3Vl0X4oIT1512792843_1512792923.jpg
今回は次兄が迎えに来てくれました


午後3時過ぎ、早いけど目的地に到着しました
kxYWZSAc9SuIZs71512780896_1512781055.jpg


このあと だんだん曇って来たので せっかくの夕陽は見れませんでした。
残念
  (夕日ヶ浦と言うだけあって日本百選に選ばれています)

旅館は 『 海幸 』 さんでお世話になります
MD9KyZDuSN1tI4U1513084632_1513084656.jpg



KPOs_S4KK3xqYal1512779068_1512779558.png
温泉に入ってから4人で乾杯


お待ちかねの夕食  カニさんのオンパレード
海幸にて夕食
茹でカニの写真を撮り忘れたドジな おかーはん


PjlkyOIRK77WXZi1512780327_1512780487.jpg
2日目は あいにくの曇り空
なので部屋から見えた朝陽も曇ってます。。

VAuhnhzmXy4M9uI1512780516_1512780703.jpg
朝から満腹で苦しい~

旅館を出発し兵庫県豊岡市の出石(いづし)へ向かいました
出石城は1604年、小出吉英によって築城されたそうです
CpNHpXWGSi24Io81512781993_1512782111 (1)

出石城下町のシンボル、辰鼓桜(しんころう) は人気スポット
明治時代の初期の時計台です
vMc2__x2vRemY7Y1512792651_1512792795.jpg


BYznvIaz7nZzaLk1512790835_1512790848.jpg
昼食は有名な出石そばを頂きました
一人分は 5皿づつで 卵、とろろ、ネギ等をお好みで入れて食べます
次女がこの前行って来てお土産でくれてたのですが
現地で頂くのは また違いますね~


今回のお土産
お土産
左下のカレイ、肉厚で凄く美味しかったです
家でおとーさんと、2匹は母、もう2匹は息子達に分け分けしました。

右下のヨーキーは出石を散策していて見つけたので 即買いです
いつも通り ぼっちゃんも一緒に連れて行ってたんですけどね。

来年は・・あるかなぁ
母が元気で居てくれたら また4人で行きたいな
それを楽しみに、励みに頑張りたいです


家に戻ったらみゅうさんが 
Ttv70Z8J0x88eGP1512795889_1512796225.jpg
このあと べったりでした

11月も2週続けて玲仁たんの所へお泊り(子守)行ってたので
淋しかったようです
みゅうたん、すまない





にほんブログ村


にほんブログ村



癒してもらってます

寒さも厳しくなってきました。
そして早いもので今年も1ヶ月あまりですね
歳をとるのが年々早く感じられます。。

みゅうにも冬用のベッドをプレゼント
・・・したのですが
mZzW9NxuHDUlpp91511686858_1511687221.jpg

ThlILUWjpUL8Hlb1511680863_1511681263.jpg

せっかくの バナナのベッド、一度も入る事無く、
袋の方に興味があったようで・・・

ZLsrwoJakSJC0bN1511794399_1511795168 (1)
ソファーのクッションがお気に入りでした。

ところが
aotSzQXaFtivOMh1511795694_1511796007.jpg
次の日、ちゃんと使ってくれてるのを発見
嬉しくなった おかーはんでした


また別の日、
これ、私の メガネケースです
はい、正しくは老眼鏡ケースです

そばにみゅうが居て、
何気なく見ていたら ケースに向って戦いを挑んでおりました

おもしろくなって じっと眺めていた おかーはん

zDcvlK9H0DxRLvY1468765030_1468765215.jpg


32woYshYLV8qlB_1468765822_1468765996.jpg


gjoG9nQufNdbg5l1468766350_1468766560.jpg


j_plozNbNbzdXn41468766040_1468766291.jpg


AjjJRJWB6Pi7Qfw1468765566_1468765784.jpg

シュッシュッ とやった後は 本当は跳びあがってたのですが
素早過ぎて撮れませんでした


h3WKQUNZtXUnUL71468766596_1468766963.jpg


OurLT66EAUOia771468771788_1468771976.jpg



eyzEoS9OOcbs62a1468767898_1468768160.png


p1JHzYgmZ8U1Wnd1468768277_1468768474.jpg

からだはデッカイくせに 怖がりさんな みゅうです
なのに何でも無かった顔でごろ~ん
こんな些細なことでも楽しませてくれる 可愛いコです
おかーはん、思い出しては しばらくツボで笑いが止まりませんでした~

楽しませてくれてありがとね、みっちゃん




Nh7duev3Wc0djQe1511783889_1511784105.jpg
11月23日、ぼっちゃんの月命日
56回目、4年と8カ月も経ってしまいました。
ぼっちゃん、いつも見守ってくれてありがとう






にほんブログ村


にほんブログ村





  次のページ >>