FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

7回目の祥月命日

時の経つのは早いです。
ぼっちゃんが遠くへお出かけしてから7回目の春。

年々 頭も身体も経年劣化していそうな私ですが
そんなに経ってるとは思わない程、
不思議とこの日の事はしっかり覚えているものです。

もちろん、あの子の可愛い笑顔も嬉しそうなお散歩の様子も
いっぱいいっぱいの想い出、ひとつひとつが 今でも私の宝物。

昨日、いつものお花屋さんで ぼっちゃんの為に
とてもかわいいアレンジを注文して作ってもらいました。
毎年お父さんが買ってくれます。

TpI4yc8ItUBN4On1584893013 (1)

自分で白いユリにピンクのカーネーション、ガーベラを選びました。
大好きだったササミも茹でてお供えしようと思っています。



みゅうも おかげ様で元気にしております。
相変わらずクールな甘えん坊さんです。

WELFRqJzuMGF7AR1584892018_1584892034.jpg

今はお母さんの良き相棒、心の拠り所といいましょうか、
無くてはならない大事な存在です。



玲仁(れいと)は4歳8ヶ月、
晴翔(はると)は1歳8ヶ月。
あーちゃんは時々保育園のお迎えに行って、夕食を一緒に、
のパターンで忙しくしています。
子供たち一家は近いのでしょっちゅう行ったり来たりです。


昨年結婚した次女も 6月にママになります。
 ぼっちゃんが大好きだった次女ちゃんの事、頼むね
そして 彼女も 来月、我家の近くに引っ越してくることになりました。
出産を控えて私や長女が側でサポート出来るから
期間限定で近くに来ます。
期間限定、というのは 旦那さんが名古屋の人なので
来年4月に名古屋に行くことになったのです。
あちらで自分のお店を持ちたい夢をかなえようとしているのです。
だから たった一年間だけですが近くに来ます。


一年後は小さな赤ちゃんで、まだまだ大変で助けがいるだろうに、
小さい頃から遠くに行かせたくないとずっと言ってきましたが
本人達が決めたことなので見守ることしか出来ません。
新型コロナウィルスの感染が日々拡大している為、
4月に予定していた結婚式をキャンセルにしました。
昨年から準備を進めておりましたので残念ですが仕方ありません。


これが我が家の現状です。
新しくやってくる家族を心待ちにしている あーちゃんです。


今年も大好きな白木蓮の花が満開になりました。

1i3WTEq5mLcOtmn1584891545_1584891578.jpg

花言葉は『気高さ』、『慈悲心』 だそうです。
真っ白な、そして上品な可憐なお花。
この花の時期は、ぼっちゃんを より強く思い出して
胸がきゅーっとなってしまいます。


毎日コロナ コロナで先の見えない不安もありますが
みなさま、お体に充分お気を付けください。




追記 (2020.3.23  22:44 )


今日久し振りにお友達にバッタリ会いました。
子供たち、誰も同級生では無いのですが
小学校の時に役員をしていて仲良くなりました。

彼女は現在9歳のチワワと暮らしています。
ぼっちゃんが旅立った当時も色々お話を聞いてくれました。

その子が ぼくと同じ 帽臓弁閉鎖不全症で手術を受けて3日前退院してきた、と
手術後の写真を見せてくれました。
もうシニアになってきたから 最終的な事を考えると辛くて苦しくなるって。

そうや・・・私もぼっちゃんが10歳超えた頃から病院通いばかりで
いつか来るであろうお別れが怖くて怖くてたまらんかった。
ぼっちゃん無しでは生きられへんって思ってた。
ぼっちゃんの居ない世界なんて考えられへんって思ってた。

「どうして乗り越えられたん?」って聞かれ、
グタグタな話を優しく聞いてくれるワンニャン友達に支えて貰って
みゅうもいつも側に居てくれた存在が大きかったと答えた。

「実は今日、命日なんや。7回目の・・・」と言ったら涙が溢れてきた。
未だに想っては泣いてしまう あかんたれの おかーはん。

彼女もとてもワンちゃんを家族として大切に思っているのが伝わってきました。
「会えて話が出来て良かったー!また聞いてな。」 と言ってくれました。
彼女の大切なワンちゃんが元気になって まだまだ楽しく暮らせていけますように。







スポンサーサイト



あれから6年過ぎました。

3月に入り、「また今年もやって来たなぁ。。。」と 呟く。
3月23日は、ぼっちゃんが旅立って6回目の命日。
自分の中では6年前の この日の事はついこの前の様な気がするのに
早いものだ、もうそんなに経ってしまった。

仕事往復の道すがら、梅が咲き、木蓮が咲き、もうすぐ桜の季節。
ぼっちゃんも一緒に この季節の移り変わりを見てるかな


あれから、子供達がそれぞれ独立し我が家を離れて行き、
今は おとーさん+ みゅうの3人暮らしの我が家。
お母さんは 相変わらず仕事と 年老いてきた母のお世話をして、
娘や孫達が来る忙しい日々を過ごしている。
それなりに楽しい事もあるし、みゅうに癒して貰いながら の毎日。

でもね、
ここにぼっちゃんが居てくれないのが悲しい。

毎日家を出る時、今も
「ぼっちゃん、みーちゃん お利口さんで待っててねー。
行って来るからねー 」 って言ってる。
ずーっと そう言ってたから自然に言ってしまう
仲良く一緒にお留守番してくれてるんやなぁ。
きっと そうやんなぁ

もし、おかーさんに1回だけ魔法が使えたら
もう一度ぼっちゃんに逢いたい。
ぎゅって抱きしめて
ぼっちゃんの頬にくっ付いて匂いをクンクンしたいな。
写真の中のぼっちゃんは 照れくさそうに笑っているけど
おかーさんは 真剣に そう思ってる。

6年も経ってるのに まだこんな事考えてるって変かなぁ
しつこいのかなぁ
何と思われようと 今でもぼっちゃんが大好きなんやもん、仕方ない。
いつも心の中で思っているし
なぁ、ぼっちゃん・・って話しかけている。

命日は私にとっては特別な日なので思いを 残します。



QmMfDl9LjIFhya91553431574_1553431594.jpg



5回目の春

木蓮の花が咲き、桜の花の蕾が膨らんできて
春は すぐそこにやって来ています。

そして また、この日が巡ってきました。
大好きなぼっちゃんとお別れして5年。
いつまでも想って未だに涙してしまいますが
ぼっちゃん、こんな情けない おかーはん・・・しゃーないなぁ


3月3日、ぼっちゃんを引き合わせてくれた義妹と姪、
そしてウチの次女と そのお友達と、我が家でお雛祭りパーティをしました。
  (義妹と次女のお友達は偶然家が近く居酒屋仲間でした~)

そん時もね、また ぼっちゃんの話題になったんだよ

我が家に来る迄の1年余りは 元ママの経営するサロンの看板犬として
毎日 車で出勤していて人気者だったんだって。
その頃を知ってる義妹と姪は
 「手の乗るくらい小さくてホンマに可愛かったよ~」って。

でも元パパにはあまり可愛がられて無かったのか、
投げつけられて骨折し脚にプレートが入ってました。

元ママに「手放すから貰ってくれる家を探して欲しい」って頼まれた義妹は
「一番にお義姉ちゃんが思い浮かんだ」と 直ぐに連絡をくれたんだった。
私は写真も何も見ず、ヨーキーの小さな男の子という情報だけで
「その子が家を探してるんなら来てくれたら良いよ」
と、二つ返事で貰う事になったのでした。

縁があったんやなぁ。。

いろんな想い出を話すうちに義妹と私はポロポロ泣けてきて
「お義姉ちゃんが大事に大事にしてくれてたから
 あの子は幸せやったよ。」 って言ってくれた。
元ママさんにも時々様子を伝えてくれ、安心してくれていたらしい。

元ママさんの携帯の待ち受け、ずっとぼっちゃんのまま、って聞いて
お母さんも凄く嬉しかった。
  (もちろん、お母さんも そーだよ!)

ぼっちゃんの事、今も忘れず想ってくれてる人が居たよ。
良かったね、嬉しいね。
だって ぼっちゃんを育ててくれたママだもんね
ぼっちゃんの初めての大好きなママだったんだもんね。

そんな愛おしい仔と別れなければならなかった元ママさんも
本当に辛かっただろうな。
会いたかっただろうな。。
ぼっちゃんの気持ちを考えて
会いたい気持ちを封印してくれてたのだろう。

来てしばらくして 写真をパネルにして元ママさんに渡して貰い、
旅立った後も、ウチに来てからのお母さんのお気に入りの写真をいっぱい渡して貰った。
ぼっちゃんを愛する同じママとして そんな事くらいしか出来ないけど
ぼくを預けてくれた元ママさんには感謝している。
ぼくと会わせてくれてありがとう。


今日は祥月命日
5年前のこの日の事は時間刻みで覚えている。
今頃は・・・って思い返してしまうのだ。
その時々のぼっちゃんの顔も忘れられない。

時間薬・・・ぼくとお別れした後、あるお友達が言ってくれた。
5年経ち、ちょっとは効果出て来たのか、
流れる時間は 当時に比べ だんだん穏やかになってきている。
時々急流になって溺れかけてしまうけど、それは、、、許して貰おう。


仲良くして貰ってるワンちゃんが3月18日に天使になってしまい
突然の事だったのでショックを受けた。
まだ10歳になったばかりのマルチーズの可愛い男の子、純ちゃん。
ぼくと同じ肺水腫で、当日の朝も元気にしていたのに
急変というのも同じで 時季も同じで
ぼっちゃんの この日と近くてリンクしてしまい、
胸が張り裂けそうだった。
その時の純ちゃんの苦しさ辛さが分かるし
ママさんの気持ちも痛いほど分かる。

パパに抱かれての旅立ちを選んだのは
彼の精一杯のお別れの仕方だったのだろう。
あの子たちは どこまでも健気で親思いで優しい。
まさに天使。

お別れは耐えられない悲しさ、寂しさ、受け入れ難い現実と葛藤しなければならない。
これが現実なのか悪い夢をみているのか分からなくなってしまい、
その喪失感に脱け殻のようになってしまう。
いつかは見送らねばならないと分かってはいるけれど、
そのとてつもない大きな悲しみと闘うエネルギーは果てしなく、
時間も凄くかかる。
と同時に あの子の存在の大きさと愛の深さを改めて思い知る事になるのだ。



辛い時、ACでのぼっちゃんの言葉を思い出している。
「悲しみの涙ではなく、楽しかった事を思い出して笑顔で泣いて欲しい」って。
「頑張り過ぎないで」って
今もお母さんの事を心配してくれてるなんて、ダメダメかーさんだな

  ACを ご興味ある方はこちらをご覧ください。
   ☆1年目の命日 前半
   ☆1年目の命日 後半
   ☆3年目の命日

tsrd1R_sfjQfsxc1522154589_1522154747.jpg





EXA460pQZlORbnY1521731038_1521731196.jpg
お花は今年もお父さんが買ってくれました。
おやつもチョイチョイ置いてくれます。
買ったり頂いたものは まず一番にぼっちゃんにあげるのが我が家です。
お空組の皆で食べてね


いつものお花屋さんで頼むのですが、
たくさんスタッフさんが居るのに
なぜか いつも同じ人に当たる。
毎日必ず居る訳でも無いのに、
これも不思議だなぁと思います。
「ワンちゃんのやね。心込めて作りますね」って言われました。
嬉しかったです。

YwHq78MlFhBU6dQ1521730661_1521730717.jpg



さてさて、最後に最近の我が家は・・

息子くん、入籍は昨年に済ませてますが
来月 結婚式をするので
また留袖を出して準備しなくちゃ、です。
当日の美容院や着付けの予約をしたり・・・。
他に何もしていませんが、
親族がお祝いに来てくれるので
ちょっとばかり気ぜわしくしています

そして8月に彼はパパになる予定です。
我が家にとっては二人目の可愛い孫に会えるのを楽しみにしています。
気の早い あーちゃんは抱っこひもやベビーベッド、おもちゃ など買ってしまいました(笑)


ぼっちゃん、家族が増えるよ
そのベビたんの分も見守っててね
無事 元気に産まれて来てくれますように。

玲仁ちゃんは2歳8カ月になりました~
足が速くて追っかけるのが大変です
「ちゅきー(好き)」って言ってくれます
メチャメチャ可愛いです
すっかりばばバカですね(笑)


長文、ありがとうございました。




にほんブログ村



にほんブログ村





<

月日は流れて

あの日から 季節は巡り 巡り、
4度目の命日を迎えます。

ぼくと毎年あちこちの桜を一緒に見て たくさん思い出があります
Wq8pxEay17FLLcJ1490201586_1490201629.jpg


が、ぼくを見送ったのが皮肉にも桜が満開の時季でした
最期の日、桜の下で ぼくと 奇跡的に撮って貰った最後のツーショット
今思えば ぼくがこうして想い出を作ってくれたんかなと思うけど
以来・・大好きだった桜の時季が 苦手になってしまいました。

rzNVh8vQTqGk5ee1459039018_1459039109.png


奇跡のような出会い、そしてお別れ
でもそれは奇跡でも偶然でも無く、必然であり 望み 選んでいたのだと、
ぼくに教えて貰いました。
いろんな出来事が、まるでドラマのように重なったお別れでした。


先日、会社帰り 虹を見ました 
ぼくと別れてからは 虹を見るたび泣いていたっけ・・
あの虹のたもとに居るのかな
お空から こっちを見てるのかな
健康な体に戻って楽しく暮らしているのかな

4年経ったけれど 忘れた事は一日もありません
いつもいつも 心の中にいます

  ぼっちゃん、あれからいろんな事があったんやで
  おかーはんは ここ数年で弱って来た気がするわ
  たった4年やのに どうしたんかなぁ
  咳がなかなか治らず喘息で苦しくて。。
  でも、もうちょっと頑張らなアカンねん
  まだ暫らく待っててな・・
  

PmRJddwYSye8WIs1491105365_1491105523.jpg
ぼっちゃん、きっと おかーはんを見守ってくれてるよね

8sVtOeCewtfmpYA1491105638_1491105807.jpg
毎年の祥月命日はいつもより大きく作って貰います
そして、お父さんが買ってくれます
ぼっちゃんの事、家族みーんな 今も大事に思ってるよ





にほんブログ村



にほんブログ村





3年経ち、またあの子の気持ちを聞きました

ぼっちゃんが お引越しをして3年の月日が経過しました

それに先立ち、一周忌の時にも お世話になったアニマルコミュニケーターのMAYAさんに
また ぼっちゃんと繋がってもらって会話することができました
MAYAさんのブログはこちら→ 『 GOODBOY.アニマルコミュニケーション』

2年前にもMAYAさんと会話しているので
今回、楽しみにして待ち遠しい感じで待ってくれてたようでした
最初の挨拶で 「もう知ってるよ~」って明るく答えてくれたそうです(笑)
   前回の記事はこちら→ もうすぐ一周忌、あの子気持ちを聞きました 

質問1. ぼっちゃんは今どうしているのかな?
      もう生まれ変わってこの世に還って来ているのかな?
      もしまだ生まれ変わって無かったら
      また お母さんの所に来たいと思ってる?
        (ぼくとの別れが辛すぎて
         もう犬を飼いたいと思えなくなってしまったので)



       お母さんと強い関わりのある子と繋がってる
       兄妹みたいな魂・・
       ぼくと直結した魂は生まれ変わって無い
       生まれ変わりって複雑で、たとえ生まれ変わっても ぼくはぼく
       そして、生まれ変わってもエネルギーとして存在するんだ
       エネルギーの意識は永遠なんだよ

       「もし生まれ変わってもお母さんの所に来たい?」って?
       そんなの あったりまえだよー! 
       約束するよ
       それはすぐじゃないかもしれない
       今世じゃなく来世かももしれない
       お母さんに心の準備が出来たら ぼくが志願するから。
       お母さんの潜在意識に従ってる
       無理に探さなくてもいいんだよ
       前もそうだったように、直感を大事にしてね

       
        *お母さんと強い関わりのある子、と言うのは
          若い頃実家で暮らしてたミミ(ポメ×マルチーズのmix)
          だと思います
          ぼくと顔も姿も似てて
          よく母と 「ミミとそっくりやなぁ」って言ってました

          ぼくが1歳4ヶ月の時
          急にぼくが我が家にやって来ることになりました
          その子が家を探してるんだったら じゃぁ貰おう、と
          顔も見ず連れて来られたのが初対面だったのです 
               その時のブログです → 『 運命の子 』


質問2. お母さんは鈍感体質なので
      前回話してくれた、
      「これからも傍に居るよ」と言ってくれたぼっちゃんを
      感じる事が出来ずにいます
      どうしたらぼくを感じる事ができるのでしょうか?
 
      イメージしてくれればそこに居るよ
      心と心がつながっていれば
      目に見えるものだけが真実じゃない
      今迄通り、いつも通り話しかけてくれればそれで通じてるよ
      今もそばに居るよ
      時間、距離、場所は関係無いんだ
      思い出してくれた時はいつも側に居るよ
      次元が違うだけで紙一重の所に居るんだよ
      ぼくからは全部すべて見えてるんだよ
      スゴイでしょ?
      これはぼくだけの特権かな(笑)
        
      今の光景も一緒に見てるよ
      お花とか、季節の移り変わりも今も一緒に見てるよ
      お母さんと一緒に見てるんだよ

      瞑想するともっとぼくを感じれるよ
      深い深呼吸をして 目を閉じてリラックスして
      ぼくを抱っこしている形をして撫でたりしてくれると感じれる
      イメージすればいつでも傍に居るよ
      見えないけれど居るんだ
      信じる気持ちを大事にしてね



質問3. 今も逢いたくて逢いたくて、夢でも良いから逢いたいよ
 
      夢の中でいつも逢ってるんだよ
      覚えて無いだけで 深い深い眠りの中で逢ってるよ
      周波数が合った時お母さんの隣で抱っこして貰って寝てるんだよ



質問4. 一番楽しかった想い出はなぁに?

      海・・・砂浜じゃ無く、いきなり海で大きな岩があったところ
          
         * これは私も同じ事を思っていました
           初めて一緒に旅行した伊勢志摩の夫婦岩の事です
           とても楽しそうに、嬉しそうにしていました
           お出掛けは病院通いが多かったけれど
           これは本当に良い想い出になってます

z74iaK65qMUg6hD1457167269_1457167287.jpg
そうそう、大きな岩があったんだよね
      よく覚えててくれたね~


page2.jpg
      ペット同伴可のホテルで 家族と一緒にご飯
      わんこディナーを美味しそうに食べたね
      お利口さんでお座りしてました


YJK4IYSzNfx89lZ1457152263_1457152288.jpg
      ホテルの写真館で記念に撮影して貰いました
      この時は10歳9ヶ月
      今となっては宝物のひとつです

質問5. お母さんに何か伝えたい事はありますか?
   
       寂しがってるお母さんを心配してる
       今も心配してるんだ
       お母さん、頑張り過ぎて自分を抑え込まないで。
       我慢しないで自分を出せば良いんだよ
       お母さんらしく、いつも笑ってて。

       ぼくは家族の中、お母さんの中に生き続ける
       ぼくの言葉は お母さんが分からなくても
       誰か人を介して、
       たとえば TV でぼくと似た子を見たりして
       気づいて欲しくて伝えてるよ
       いろんな方向でぼくを伝えてるんだよ
       思い出しての光景じゃ無く、
       「もしかしてそうかもー?」の感覚を大事にしてね

       この世に意味の無い偶然なんて存在しないんだ
       すべて 運命の歯車がかみ合い、
       天の計らいによって
       最高のタイミングで物事が起きているんだ
      
       信じる気持ちがぼくのエネルギーを大きくするんだ
       お母さんを今も守ってる
       身体は小さいけれど ぼくの愛は大きいよ
       それはお母さんがぼくに与えてくれた愛と同じなんだよ。



ぼくはニコニコして目をクリクリしていたそうです
そして  いっぱいいっぱい話してくれました

優しかったぼっちゃんらしいなぁと思いました
心がほわっと温かくなりました

可愛い可愛い我が子でも
いつかは送り出さなければならない・・
頭では分かっていても いざとなると
想像を絶する辛さに 飼い主は身も心もボロボロになります
人にもよりますが 立ち直り方も立ち直る期間も様々です
その人なりのペースで良いと思います

    
ぼっちゃん、ありがとう
お母さん、ひとつ前に進めたよ
  

r5UcG0QA1noL2i81457186018_1457186028.png


_EJUB2N4XhCeqxW1457168085_1457168156.png
いつもこうして お母さんを見上げてたよね
お散歩まだかなぁ? とか  おやつくれないかなぁ? のお顔やね
お母さん、この目力に弱かったんだよね

ずっと ずぅーっと忘れへんで
忘れた事ない、忘れられへん
今も可愛い大切な存在やもん
今日は朝から何回も泣いちゃったよ

ぼっちゃん、もうすぐ桜が咲くよ
毎年お花見行って楽しかったね
ぼっちゃんが居なくなってから桜を見るのが辛いおかーさん
ぼっちゃん、桜咲く直前に行ってしまったから・・


TqXRIl75lgi_iF41458722882_1458722896.jpg


RsD2qcDl67R1l8a1458722932_1458722988.jpg
よく行くお花屋さんに いつもより少し大きいのを頼みました
ビタミンカラーで元気がでるように。






にほんブログ村 


にほんブログ村




                 
  次のページ >>