FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

ぼく&みゅうの関係

ぼくが居なくなって1週間位の朝の事です

みゅうが急に立っちして懸命に何かを見つめていました
ずっとずっと二本足で立っちして、こんな事初めてだし珍しいので
おかあさんも「何やろ?」と見てました

zu5QwmEcXmlMpaV1364986624_1364986661.jpg
しかも凄いタヌキしっぽ

目線の先、そこは小さくなったぼくが居る場所です

長い間、この状態でしたが今度はお座りしてじっと固まっていました
何かの気配を感じたのか・・

Wg2fHGAmb1lVuM21364986876_1364987590.png
しばらくこの状態のまま居ました

ぼくが来てくれてた?
みゅうには見えた?

みゅうが来て3年9ヶ月、毎日ぼくと一緒に居たもんね
昼間のお留守番もふたりでしてくれてたもんね
おかあさんと居る時間よりふたりで居る時間の方が長かったよね

o7KEIBasroNwj5_1366558325_1366558360.jpg
             うふふ。。微妙な距離


ZgiGHA4fsm3fn3E1366560425_1366560460.jpg
             お隣同士でお寝んね



UohBkbwytH8Zgdn1357484296_1357484325.jpg
             やっぱりお隣同士


CSRY90XqlJ51WQn1366561173_1366561222.jpg
    触っちゃだめ~、ぼっちゃんお寝んねしてるからビックリするよ~


こんな感じで2ショットはいっぱい残ってます

6年間位ひとりっ子だったぼくに、急に元気な弟分がやって来たけど
ぼくは優しくすんなり受け入れてくれました
  (ってか、強制やったけどね

みゅうはそんなぼくが好きだったようで、いつも気にしてました
ぼくに「遊ぼう~」ってちょっかい出して、あんまりだと「ワンッ」って怒られて・・

みゅうの偉い所は、怒られたら決してそれ以上は行かなかったです
みゅうの体の大きさと力があれば小さいぼくなら簡単に勝てるのに
絶対に向かって行かず、ぼくを先輩としてちゃんと立ててくれてたので
スゴイ賢い仔やな~と、いつも感心してました

ケンカになっても負けておいてくれたみゅうと
いつも穏やかでみゅうに譲ってくれてたぼく

特別仲良くはないけど悪くもない
つかず離れずのイイ関係だったと思ってます



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト