FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

最期に言いたかった言葉は?

いまだに最期の日となった土曜日は、心が動揺し
あの日の時間を追ってしまいます

  今頃、朝のお散歩行った
  今頃、トリミング行ってた
  今頃、お迎え行って一緒に桜を見た
  今頃、おやつを嬉しそうに食べてた
  今頃、息が苦しくなってきた
  今頃、病院へ駆け込んだ
  今頃、酸素室で点滴をされながら苦しそうだった
  今頃、最後に抱っこしてぬくもりを感じた
  そして、今頃・・・

特に息を引き取ったその時間は胸が苦しくなり,
締め付けられるような気がして辛い


もし、あの日に戻ったとしても、私は迷わず同じ選択をするだろう
答えに正解は無い
だけど、そうすることが飼い主である私がベストじゃないかと判断した事

ぼっちゃんが精一杯、生きようと最期まで頑張った酸素室で
苦しみに耐えながら必死でおかあさんを見ていた
何か訴える目だった

何を言いたかったんだろう
苦しい、助けて・・・だったのか、
早く抱っこして・・・だったのか、
早くお家に帰ろう・・・だったのか

いつもならぼっちゃんの気持ち、何でも分かってるはずのおかあさんなのに
あの日は分かんなかったよ
ゴメンね、ゴメンね
最後の最後にちゃんと受け止めてあげられなくて本当にゴメンね


君亡き後、君を想わない日は一日だって無い


sBcBuF_hIUUYQm81366561008_1366561040.jpg
          昨年の今頃、4月28日 ドッグカフェにて




にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト