FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

初めてのガン検診

この歳になる今まで (想像にお任せ~~
一度もガン検診を受けたことが無かった
ありがたい事に出産以外は入院も未経験である

「そろそろ、やっとかなきゃね~・・」と受けてみた

その結果が返ってきたのが 7/1
ドキドキで開けてみる

・・・ガーーーン 
乳がんで引っ掛かっていた

マンモグラフィーで左胸にカゲがあるらしい
・・と、いう訳で精密検査をしなければならなくなり、
7月末に予約を入れて行って来た

「なるようになるさ~」の気分

触診の後、エコーをかけられた
3人くらいの先生が画面を見ながら、何やらヒソヒソ・・
そして頷いたり、目と目を合わせたりしている

え~~~っ、それって何の合図ー

思わず「ガンなんですかー?」と聞いてみた
「いえ・・」
次は、若い先生からベテランっぽい先生にバトンタッチ
あっちから、こっちから結構丁寧に長時間映している
そして、これぞ・・というカゲを写真で残している

しばらくして、最初入った診察室へ呼ばれた
「乳腺が残っているだけでガンではないと思われます」

な~~んだ、あれだけしつこく見てたのに、何やったんだ
3人のヒソヒソは何やったん
ま、結果は良かったんだけど・・・力がぬけるわぁ~
  (ここまで読んで心配してくれた人、ゴメンナサイ


しかし、この検査するまでの約1か月、正直不安もあったのも事実
一応ホッとしたおかあさん

TVA5nvbEjebokcp1375579956_1375580064.jpg



家で7/1 の診察結果を見ていたら、息子君が帰ってきた
「おかあさん、もう長くないからバイバイやで・・」と言うと
「えっ、マジっ」と紙を見てショックを受けたようで、
「早く病院行ってちゃんとしてっ」と普段見せない真面目な表情

ちょっぴり悪魔が出てきたおかあさん
「ぼっちゃんが先に待っててくれてるから怖くないねん
 むしろ早く行きたいくらいや」
と言ったものの、堪えきれずニヤッとしてしまった
えへへっ

やっぱり何か変、またいつもの冗談と思ったのか
「悪い冗談やめてやー」と自分の部屋へ行った


次の日の夕方、
「ホンマに大丈夫なん?病院行って診てもらってや」 とコソッと言う息子君

あれっ 気にしてたんか・・(笑)
まだ、子供達が片付いてないから心残りやし
今はまだ死ねへんわぁ

ぼくが待っててくれるから死ぬのは怖くない、は本音だ
この世では逢えないから逝ったら逢えるだろう
その日が来るまで、この世でしっかり生きて
ぼくに逢うとき恥ずかしくないようしなくちゃね
それを楽しみにしておこうと思う

pPV2brvHZ3Zb86y1375580103_1375580270.jpg


eN4HeNp31EAwRt61375580403_1375580871 (1)


おかあさんには、みっちゃんも居るもんな~
ぼっちゃん、もうちょっと先になるけどいつか行くから待っててね
すぐにおかあさんを見つけてな~



   ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村



スポンサーサイト