FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

5回目の月命日

ぼっちゃんがお空に遊びに出掛けてから
もう、5ヶ月なんやなぁ・・
早いような、まだそれだけなのか・・・な感覚

あれから一日一日は遅く、なかなか時間が経過しなかったです
苦しくて苦しくて・・・
いつまで、この苦しみが続くのだろう、
いつになったら楽になるのだろう、と
そんな事ばかり考えていたような気がします

 『悲しみは、無理に乗り越えようと頑張らなくて良い
  悲しんでばかりいる自分を、これじゃいけないと、
     自分を変えようとすると上手くいかなくて余計辛くなる
  泣く時は思い切り泣いて、悲しんで良いんだ』

お友達も そう助言して下さったし
いろんな本や、ブログを拝見して得た答えです


それだけ、あの仔の事を愛していたんだもの
そう簡単に忘れられる訳がない
まだまだ時間は掛かるけど、自然に受け止められるようになるまで
もう少しグダグダ言わせてください


いつも傍に居た 愛おしいぼっちゃん
おかあさんの事、なんでも分かっていたぼっちゃん
可愛い可愛い大切な宝物のぼっちゃん
そちらで楽しく暮らしてますか?

h60nh0NmDUykHgG1377084374_1377084389.jpg

ぼっちゃんが大好きやった梨、冷やして切ってあげるね
むいてたら必ずやって来て「ちょ~だいな」ビーム発射して見上げてたね
小さく小さく切ってあげたらパクパク~と一瞬で食べたよね
そして、「おかわりください」 が、おもしろくて、
つい何回もあげたっけな~

Hmqu9FPIDzN1VF81377181559_1377181602.jpg
平成24年10月9日 『梨、食べま~す』


ついこの前まで一緒に居たのに
10年間も一緒に居たのに・・
居てくれて当たり前だった生活から
手足をもぎ取られたような毎日
心は止まったままで、時間だけが過ぎて行く



  「おかあしゃーん ただいまーっ
PicjSNsIDaaILOb1374567338_1374567567.jpg
ん~~、本音はね、こうして帰ってきて欲しいよ   今、すぐにでも!


お昼間はまだまだ夏真っ盛りだけれど、
夜の風はすこ~しだけ 爽やかな気がしたよ
こんな時お散歩したくて、ぼっちゃんを誘ったよね
ぼっちゃんは いつも目をキラキラさせて 嬉しそうに走ってきたなぁ

君が居なくなってから 夜にお散歩行くことが無くなったけど、
昨日、久し振りに夜空を見上げたら 綺麗な満月やったよ
おかあさんね、しばらく眺めてたんだ
何処かから ぼっちゃんも 見てくれてたら良いのにって思ったよ




     ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


スポンサーサイト