FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

ペットロスの治療薬は?

この前、近所のワン友ママさんが
「どお?少しは落ち着いた?」と話しかけてくれました

「もうすぐ8か月だからどうしようもないって諦めはついてきたかな」と言うと
「次の仔は考えてへんの?」と友ママさん
「もうこんな苦しくてしんどい思いは耐えられへんし飼おうとは思わへん・・
でも、抱っこしたいしお散歩も行きたいとは思う」と私
矛盾してるね
でも、友ママさんは優しく、うんうんと聞いてくれてました

友ママさん家は一昨年、昨年と、続けて2ワンを送り出し、
今はミニチュアダックスちゃんだけになってしまいました

その子はよく吠える仔で
ぼくとお散歩して出逢うと 必ずワンワン!凄い勢いで吠えられました
だから遠くで発見したら どちらかが横道にそれたり
早足で通り過ぎたりしていました

「私も欲しいけど、今の仔の性格を考えたらムリだと思うの」と友ママさん
そうやね、今の仔のストレスになってしまうもんね・・


何人かにペットロスの治療薬は新しい仔を迎えたらいい、と言われました
確かにそうかもしれません
新しい仔によって癒され、楽しく幸せになると思います
実際、私もぼくと出逢えて 凄く幸せでした

若くて元気な時は深く考えなかったけど
彼らは凄いスピードで歳を重ねて行きます
やがて病気になった時でも、元気そうなふりをして
ぎりぎりまで我慢強く病気と立ち向かってくれました
それは傍で見ていて切ないものがありました
痛みも苦しみも どうもしてあげられなかったもどかしさ・・
動物は人間より短い命であるのは間違いない事なので
送り出すという気力が私にはもうありません


ぼくがまだ居る時、大事なこの仔と別れるなんて考えたくなかったし
もしそんな日が来たらどうなってしまうだろう・・と思っていました
そして、現実は想像以上に辛く悲しく苦しいものでした


みゅうも いつかはそんな日がくるでしょうから
あと一回は苦しまなくてはならないのです
最期まで看取るのは飼い主としての責任です
最期を一人で迎えさせたくないから
できるなら傍に付いていてあげたいと思っています
それが今まで幸せをたくさんくれた我が子への恩返しでもあると思います



平成18年10月18日羊ちゃんのぼく。
平成18年10月18日羊ちゃんのぼく   5歳2か月  
おかーさんのお気に入りです




    ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村




スポンサーサイト