最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

一周忌 立派だった『最期の闘い』

ぼくとお別れした後、いろんな本やブログを見ました
その中で、とても印象に残っているのがあります

『虹の橋』、『犬の十戒』はとても有名です

が、残念な事に、私はぼくが天使になってからこれらを知りました
生存中に、もっと早くに知っていたら
ぼくに対する気持ちがもう少し違ったものになっていたかもしれません


そして、『最期の闘い』を知った時は号泣でした
まるであの時のぼくが そう言っているかのように思えました




ある方のブログから・・

   
-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

『 WMP 』からの引用です。
わかりやすい言い回しに少し直してあります。

この短編詩を読んで、
今一緒に暮らしている愛犬、過去に亡くした愛犬など、
自分が接したワンコたちを思い浮かべてください。
そして、自分の胸に問いかけてください。
自分にとって、ワンコはどういう存在なのかを・・・。




『最期の闘い』

私が“旅立ち”への「最期の闘い」を始めた時、
きっとあなたは悲しみ、涙を流すことを私は知っている。

私も悲しい・・・。
でも私は苦痛と闘い、涙を流すことさえ出来ないかもしれない。

そんな時・・・私の体に手を置いて、あなたの暖かさをください。
それで私はきっと安心できるから。

私の目があなたを見ることが出来なくなるまで。

私は幸せだった。
あなたの精一杯の愛を感じ生きることができ、
そしてあなたより早く「最期の闘い」を始めることが出来て。

私にはわかる、もうすぐ闘いを始めなくてはならないことを。

私は闘う、一秒でも長くあなたの顔を見ていられるように。

でもわかってください。
この“闘い”は決して勝利できない“闘い”だということを・・・。

愛しい人よ、心せよ、準備せよ。

私の「最期の闘い」にむけて・・・・・。



-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆


ぼくが天使になってすぐ読み、ぼくが闘っている姿が思い浮かびました
でも、この写真を見ることは出来ませんでした
一周忌を迎え、気持ちの整理をする為、
先日アニマルコミュニケーションを受け、( ★虹色の光につつまれて )
ぼっちゃんの気持ちを知り、やっと見る事にしました
思い出すと昨日の事のようでとても辛いですが
これで一区切りをつけようと思います
  


y6MZqmOTzlmXXik1376301706_1376301717.jpg
最期の日の19:20頃  まだワンワン吠えていました
 (天使になる4時間半前)

恐れていた肺水腫になってました
まだこの時は回復して一緒に帰れると思っていました


この、酸素室でのぼっちゃんが何を伝えたかったのか
苦しい中で懸命に 何か言おうとしていたんです
この時の気持ちを聞いて貰いました


  
   ボクは酸素室から、お母さんを見ていた。
   お母さんは心配そうな顔をしてボクを見つめ、泣いていた。

   お母さん、泣かないで。
   ボクはここにいるよ。
   ボクはもうすぐ旅立つけど
   ボクはずーっと お母さんの傍にいるよ。
   だから、泣かないで!

   そのことを伝えたくて吠えていたんだよ。


そうだったんだ・・
おかあさんにお別れを言ってくれてたんだ
そんな時でもおかあさんを気にしてくれてたんだね・・

あの時、ずっと「わんわん!」って言っていたのは
「苦しい、助けて!」だったのか、
「抱っこして!」だったのか、
「早く お家に帰たい!」だったのか分からなくて
おかあさんは、それがとても気になっていました


    あの時、ボクはお母さんに
    助けて・・抱っこして・・早く帰りたい・・なんて
    何も望んでなかったよ。

    ただ、心が・・お母さんの心が
    ボクの傍にあることを
    ずーっと願いながら
    天の導きに身を任せていた。

    お母さん、あの時の事をずーっと気に病んでいるなら
    今日から、その気持ちを拭い去ってね。
    ボクは今でもお母さんの傍にいるから。

    目に見えないだけで
    あの時と同じように おかあさんの傍にいるよ。
  

UriTXJZAABSdJyR1367594705_1367594727.jpg
21:30頃 息が出来なくて苦しんでいました
おかあさんをずっと見ていました
  


傍で見ているしかなかったおかあさん
酸素室から出す = 死んでしまう・・と思ったので
抱っこしてあげる事も出来ませんでした

おかあさん、何もしてあげられなかった・・ごめんね
6時間も酸素室で苦しませてしまったね・・ごめんね


    お母さん、あの時のこと、謝らないで。
    すべて運命の導きで起きたことなんだ。
    間違ったことなど ひとつもないよ。

    すべてそのまま、自然に動いていった。
    あれで良かったんだよ。
    
   
    



Gaba5oTAV6YAdUd1376301737_1376301751.jpg
22:30頃 吐血後、もう立って居られなくなり苦しさは極限でした


立てなくなってしまったぼくを・・決心して抱っこさせてもらいました
「ぼっちゃん、おうちに帰ろうか」と言ったおかあさん
いつものように振り返っておかあさんを見てくれました
あの時の嬉しそうな顔が、今も鮮明に焼き付いています
忘れる事ができません
ぼくの最後の笑顔でした


「ありがとう、もう充分頑張ったよ
 もう頑張らなくていいよ・・」
辛そうにしているぼくに、自然に言葉が出てしまいました

この後・・・私の腕の中で静かに、安らかに眠りにつきました


「残念ですが、今・・」と先生が仰ったように記憶してます
これでお別れなんて信じられなくて
しばらくぼっちゃんを抱っこしたまま茫然だったように思います
実際その後、どういう行動をして帰って来たか、あまり覚えていません
兄が仕事帰りに、病院へ迎えに来てくれて一緒に見届けてくれました
それが心強かったです
ぼくも、兄が来てくれた事で、おかあさんがひとりじゃない
と、安心していったと思います


ぼっちゃんは去る日も自分で選んで逝ったの?

   ボクが旅立つのに、この日が最良の日だったんだ。
   家族の事も想って、ボクがこの日を選んだんだよ。


そうだね・・
いろんな偶然がいっぱいあった日でもあったね



写真はこの3枚しか撮ってません
苦しんでるぼくにカメラを向けるのはむごいと思い、撮れませんでした
亡くなった後の写真は未だに見る事ができません・・


ぼくは立派に『最期の闘い』を遂げました
おかあさんに気持ちの準備をさせる為に。
身をもって命の尊厳を教えてくれる為に。
そして、どんなことがあっても決してあきらめないと教えてくれました

動物たちは死を恐れていないのだそうです
そして、その時まで生きる事しか考えていないそうです


まさに ぼくはその通りでした
最期の最期まで精一杯頑張りました


1XxlXxhnKu_PTqF1395465310_1395465322.jpg
春らしい、明るいお供花でお願いしました
よく見たら、小鳥さんがいます
春告げ鳥 ( ホトトギス ) でしょうか




正直、ぼっちゃんをなくして このブログを止めようか迷いました

・・大好きなぼっちゃんを想う気持ちを綴ることで
その想いを、ぼっちゃんが存在していた証を残したくて
泣き言ばかり、同じことばかり、ですが書き連ねてきました。
グダグダの このブログに、優しく寄り添って頂き
支えて頂き 励まして頂き ありがとうございました

皆様のおかげで どれだけ救われてきたことか分かりません
この場が無かったら、心折れていたかもしれません
大変感謝しています

なんとか一年が過ぎ、
悲しみだけで過ごすより、ありがとうの気持ちを
ぼっちゃんに伝えて、あの子にも安心してもらおう
と思えるようになりました
そう思わなくてはあの子が悲しい思いをするからです
一周忌を区切りにして
少しづつではありますが、前に進もうと思います

本当にありがとうございました




ぼっちゃんを想い、毎日聞いていました







RFiDY9N00PuIykc1395465987_1395466030.jpg
会社近くの木蓮が満開でした





ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

もうすぐ一年・・・あの子の気持ちを聞きました

ここ最近は良いお天気で暖かくなってきました。
もう春が すぐそこまで来てるんだなぁって思います

一周忌を目前にして
やはり複雑な心境です


kL3ZI4QYVyId4Yw1395042346_1395042357.jpg
4歳以降はロイカナの肝臓食、
10歳で尿管結石になり手術後はヒルズw/d, s/d
体の為って分かっていたのか、嫌がらず食べてくれました
本当に おりこうさんだったね

HmT_vshmrJkKDFo1394947695_1394948226.jpg
頻繁に通った病院へ向かう車の中で、楽しそうにお外を見てました


一年前の今頃は、確かに傍に居てくれて
あと数日でサヨナラするなんて思っても居なかったし
病院通いしながらでも
もう少し この生活が続いてくれるものと
疑う事はなかったです


ただ、先生の見解は かなり厳しかったので
心のどこかで、その日 を覚悟しなければ・・と感じてはいました


しかし、ぼっちゃんが存在しなくなるということが
想像も出来なくて、
考えるのも怖くて、
どうなってしまうのだろう・・としか無かったです
ぼっちゃんの居ない生活なんて考えられなかったです



MtIrLyqB_nPrxm21394948253_1394948407.jpg


先日、再度アニマルコミュニケーションを受けました
        ( ★虹色の光につつまれて )
コミュニケーターのmayaさんがぼっちゃんに、
おかあさんの聞きたかった事を聞いて下さいました

ぼっちゃんがたくさんお話をしてくれました



ぼっちゃんはお母さんを選んで来てくれたの?

    うん、そうだよ。
    ボクはお母さんに会う為に生まれて来たんだよ。
    時が来て、お母さんに会うのを待ってたんだ
    最初から決まっていたことだよ。
  

ぼっちゃん、ウチに来て幸せだった?

    もちろんさ!
    ボクは本当の家族の愛に囲まれて育っていった。
    ボクは この愛を胸に抱き、天に旅立っていったんだよ。
    幸せな想いがいっぱいの旅立ちだったよ。

    ここでみんなにお礼を言わせてください。
    

    お母さん、お父さん、みんな、 
    ボクのこと、愛してくれてありがとうございます。
    そして、今でも忘れずにいてくれてること、
    ボクはちゃんと受け止めているよ。
    ずーっと、ずーっとありがとう!

   

たくさん病気を抱えていたのに
そんなそぶりも見せず、いつも楽しそうな笑顔でした
普段元気に見せてくれてたけど本当は自分の体の事、
分かっていたんじゃない?

    ボクの体の事はボクが一番よく分かっていたよ
    心配させたくなくて、元気に見せていたのは事実だよ。
    でも、そうすることがボクのやり方だったんだ。  

そうだと思っていたよ
苦しい咳をした後は吐いたりしていたから・・
おかーさんに心配掛けないよう、ボクの思いやりだったんだね
どこまでも優しい子だったね


    ボクはボクの人生を生き抜いた。
    頑張って頑張って、生き抜いた。
    そう出来たのは、お母さんたち家族の愛があったからなんだ。
    
    いつも見守ってくれていたお母さん、
    今はボクが見守ってるよ
    ボクは今でもお母さんの傍にいるよ。
    目に見えないだけで、お母さんの傍にいるよ。


いつまでもぼっちゃんを想い、泣いて暮らした一年
悪い夢でも見てるんじゃないか・・夢であって欲しい
愛する我が子との別れ、喪失感から なかなか前へ進めず
立ち止まっては振り返り・・でした
それについても、ぼっちゃんは心配してくれていました


    お母さんの事が心配になるときがあるんだ。
    そんな時、ボクに出来る事は何かないかなぁって
    いつも考えてるよ。
  

    今、こうしてボクの気持ちが伝えられて良かった!


今も可愛いくて大切な家族だよ
10年間ありがとう!

    ボクの方こそありがとう!
    ボクも感謝の気持ちはこうやって言葉で言い尽くせないくらい、
    大きいものだよ。

    お母さん、
    お母さんとボクの絆はこれからも続いていくよ。
    
    悲しみから脱出して、
    悲しみの涙ではなく、
    ボクとの楽しい思い出をいっぱい思い出して
    笑顔で泣いて欲しい。

    すべての事が
    ちゃんと意味のある出会いであることを
    もう一度、向かい合って受け入れてください。
    
    今日の事、ボクの言葉・・
    どうか、今のボクの存在を信じて
    傍に居る事を感じてください。

    お母さん、お父さん、家族のみんな、
    ボクの事を愛してくれて本当にありがとう
    
    ボクは、その愛のおかげで
    大きく成長することができました
    これからも家族みんなを守っていきます。


ぼっちゃんが居なくなった悲しさ、寂しさ、苦しさ、切なさ、空しさ・・
現実を受け入れられず、あきらめられず、
いつまでも泣いていたお母さんは駄々っ子のようだね
そんなお母さんを見ては心痛めてたんだね
ぼっちゃんは自分の旅立ちを、自然に受け入れていたんだね


アニマルコミュニケーションについての考え方は個人差があります
人それぞれ、考え方や想いは千差万別ですから。

ぼくがこの世には存在しなくなってからは
こうした手段でしか私にはすがるものがなくて
ぼくの気持ちを知りたいと願うようになりました

この受け答えを聞いて。
たぶんぼくは そうだろうな~、と思います
ぼくらしい答えだろうな~、と思います

もうすぐ一年。
いろんな思いがあります

いっぱい泣いて、少し笑って・・なんとか一年を迎えます
これからは、いっぱい笑って、少し泣いて・・になったら良いな



こんな名言を知りました

「死者に対する最高の手向けは、
 悲しみではなく 感謝だ」
    by レーントン・ワイルダー





にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村




久々に笑って来ました~

久し振りに、よしもと祇園花月へ行って来ました

関西人は お笑い と言えば、よしもとです


開演まで時間があったので 八坂神社をお散歩してきました
oiVlbGqzZbRdsgS1394898579_1394898593.jpg
           ( 写真中央の女性は関係ありましぇーん)


r5cSNhV7HUginNm1394898609_1394898619.jpg
子供達の為にお参りしときました
「どうか、素敵なご縁を授かりますように~」


桃のお花が満開です  暖かい春日和でした
EsSJ5_00mIszuV31394898638_1394898648.jpg


そろそろお昼時なので腹ごしらえしましょ
LQvfxvktJMIrGJd1394899267.jpg

まだ時間があったので祇園界隈を歩いてましたら
美味しい匂いにつられてしまい、たんば屋の味噌だれ餅を食べました
  (写真撮り忘れ)


iVtPgpXUBtxQ8MR1394898685_1394898695.jpg
(1人、当日券4200円  前売り3500円 )
おとーさん、おかーさんと次女ちゃんの3人です
「祇園花月行くけど一緒に行く?」と聞いたら
「行く行くーーっ」と大ノリで来てくれました

IxSs8usWZMcbxq01394902930_1394902955.jpg


本日の出演者さんたち
NjlA2VJNRRf43LQ1394899372_1394899382.jpg
チュートリアルはさすがに大人気。 地元、京都やもんね
やっぱり徳井君はメッチャかっこ良かったデス

漫才も劇もすごく面白くて 笑いっぱなし
ライブはやっぱりエエわぁ

mNLXNrp9gIUHgtx1394899402_1394899415.jpg
オヤツも買い込みました   右側は しげぞうラーメン

6時に終わり、おとーさんは町内の会議があるので大急ぎで帰宅
おかーさんと次女ちゃんは河原町まで歩いて、新京極をブラブラ。
ゆっくりショッピングしてから帰りました


楽しい一日でした~
この日のスマホの万歩計約12000歩、
約9キロの距離を歩きました





にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


一年前のノート

昨年2月初めの検診で
体重管理が重要です、と言われ、
ベビースケールを買って 毎日体重を記録することになりました

そうやん、ノートも買わなアカンやん

いろいろ迷った結果、このノートとペンを購入しました
hHUS42PQ605vTsE1394341376_1394341451.jpg


早速量りますよ~  「はい、乗ってくださ~い
ZBcZtXWhxIN7bTd1360391028_1360391054.jpg
体重計に乗ってる写真はこれしか撮ってなかったようです
貴重な1枚です


9veLVTh5Ly2jDT91393848154_1393848165.jpg
平成25年2月7日から始まって・・


いつも、朝のお散歩から帰って来て 量るよう決めていました

時々空欄があるのは、忘れちゃった日・・
( 食後 ) と書いてるのは、うっかりご飯を食べさてしまった後ですね
うっかりかーさんですね~

病院へ行く度、このノート持参で先生にチェックして貰いました
先生、ちゃんとカルテに書き加えてはりました


そんなノートの日付も
3月23日で終わってしまいました
A_1JjD1Wj6UNKCE1394340626_1394340636.jpg


他にも、病院での先生の言葉を書き留めたメモも数枚残っていました

このブログは もう始めてたけど、
あえて 闘病記録は書いてませんでした
楽しいブログにしたかったから。



まだまだ続くつもりで 張り切ってノートに記入しだしたんですけどね
このノートも、たった2ページで終わってしまいました
見るのは・・・まだ少し辛いです

3SfmgzgVorT7PD91357467623_1357467647.jpg



mPMsNxDVAR6Yq9p1394535087_1394535271.jpg
昨年、ぼっちゃんと見に行った梅の花 ( 平成25年3月16日 )

昨年の今頃

この時「来年もぼっちゃんと また一緒に見られたら良いのになぁ・・」
って思ってたんだけど。。。


今日、通ったら綺麗に咲いてました




    今日もありがとう
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


最後に行ったドッグカフェ

ぼっちゃんが生存中に、ブログを通じてお友達になったママさんが居ます
正確にはYP時代の共通の友ママさんつながりで
同じヨーキーちゃん仲間です


住所も近いという事もあり、息子同伴でお会いしましょう!になりました
ぼくの体の事を考え、暖かくなってから・・
と、昨年3月末に会う日が決まりました
場所はちょうどお互いの家の中間あたりのドッグカフェに決めました


でも、私はそのカフェに行った事がなくて
場所を確認する為にも、おとうさんとぼっちゃんとで行ってみました
(1年前の事なので、思いだしながら書きますね)



レストランカフェ 『メロディ』さん ( 平成25年3月10日 )
MFQCp0LBNtkCOYe1396498369_1396498386.jpg
 



席に案内されると、わんちゃん用の お水と可愛い骨型クッキー~
tu4Ftb8EUey8Qn91396498676_1396498690.jpg


3R82jPY9LLystdz1393833614_1393833678.png
おとうさんはドッグカフェ初体験でした^^



JPejqWXGB8ULLOI1393847434_1393847746.png
上はエビフライ定食、大きい海老がボリュームたっぷりでした
下はチキンカツ、柔らかくて美味しかったです~



ワンちゃん用のメニューもありました
bPApIJZyJH2ZWH61393136784_1393136796.jpg



私達が食事中もこんな風に おとなしくお座りして待っててくれました。
お利口さんだったなぁ
SH2RXvUox6Su7ct1393137001_1393137012.jpg


gC9pTi8K4ksdyCU1393137039_1393137051.jpg
後ろ姿も大好きなおかあさん、カワイイよぉ


ここのカフェはワンちゃん連れだけじゃなく、一般のお客さんも多く、
美味しいので遠方からでも わざわざ食事に来られるようです
うん、確かに美味しくて、また来たいねって思いました


看板犬はポメちゃんだったようです
3e1yCMIBkiEJiUL1393143167_1393143225.png



お店の前で
V640cU9DxEoYprL1393833864_1393833906.png

gTOiAs2gJXGnzVu1396499160_1396499172.jpg


wnBzFZOAcXM2nDu1393833975_1393834181.jpg
運転中のお父さんを見つめています
「連れて来てくれて ありがとう。楽しかったよ」って言っているのかもしれません


ぼっちゃんとの思い出はもう増えないけれど
おかーさんの心の中は ぼっちゃんとの思い出でいっぱいだよ

そのどれもが大事な大事な宝物なんです



  今日もありがとう
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村





お誕生日の おまけ

先日のお誕生日に「ピンポ~ン」

おかーさん宛てに小包が・・送り主は次女ちゃん


ジャーーーーーーン!

C_mNHBya3xkhdQo1393739139_1393739373.jpg

お顔のケーキでした~~

こ、こ、これは・・みゅう
全体に白い生クリームで作り上げてあるので みゅうっぽい


すぐお礼の電話をかけると
「ヨーキーで発注したんやけど、写メ送って~」と次女ちゃん

あ~、ぼっちゃんを思っておかーさんに。。( 涙 )

ぼく、みゅう  どちらもおかーさんの可愛い子
どっちにも似てるよ


でもさ、かわいそうで切れへんやん
さてさて、どこから頂こうかねぇ
(中はふわふわスポンジにフルーツたっぷり~やったよ)


大きいので3日ほど費やしました(笑)



お父さんも同じ日、ケーキを買って帰って来ました~
DVsSBkFdZ2shML31393738839_1393738925.jpg
チョコ好きな私と息子君にはチョコ、お父さん 自分は いちごショート
(好み、分かってるね~)


もうケーキ、さすがの甘党のおかーさんもカンベンしてくれ~です


なのに、またお父さんのお誕生日(2/22)に息子君・・・
2rVbj_nEUkjYDxL1393738951_1393739068.jpg
ドドーンといっぱい~~



本当にありがたい事ですね
でも、しばらく甘いモノは遠慮したいおかーさんです・・



で、昨日(3月1日)、いつもの仲良し4人でランチに行って来ました
jHddt09YZ7a8cnN1393748019_1393748034.jpg
最近できたオシャレなケーキ屋さんですが
奥のスペースでお食事(ランチもディナーも)が出来ます

ErQelB51xXigT8B1393748113_1393748122.jpg
お天気の良い日はお外のスペースで食べたりもできるんです
昨日は、まだ肌寒かったし 雨も降りそうだったので中で頂きました


GQWkc8UY9hyzsD51393748084_1393748094.jpg
本日のランチは 
クリームシチューと、入り卵やサラダのプレート、ヨーグルト
焼き立てパンと飲み物は自由に取り放題
ケーキも注文できましたが、おかーさんはパス
いつもなら きっと頼んでるよね~

話は尽きることなく・・・11時半に集合してた私達ですが
omqxuI7oq4KVd_G1393748137_1393748147.jpg
えっ、こんな時間

なんと、6時間も くっちゃべってました~~~
うるさくてゴメンナサイ~~

先日、息子君が買ってきてくれたのは、偶然ここのケーキ屋さんの、でした


話は前後しますがお誕生日の前々日、次女ちゃんと息子君とで
竜王アウトレットへお買い物に行って(その時プレゼントも買ってもらった)
夕方は、バリ料理っぽいお店へ連れて行ってもらってお食事をしました
平成26年(2014年)2月16日奈々と太雅と竜王の帰りに夕食
っで、お母さんのお誕生日お祝いしてもらいました

ZJde2DzaMizw4Vj1393766997_1393767471.png
我が家の子供たちは、お父さんに似てお酒が強い強い
おかーさんは全然呑み助じゃぁ無いので、この後は運転するから
本人はお茶、祝ってくれる人はビールで 「乾杯ーー
と、楽しい一日を過ごしました
本当にありがたいです。感謝です


  忘れっぽいので記録の為に書いてます(笑)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村