FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

別れは想像以上に辛い

ぼっちゃんがお空に出掛けてから1年4カ月
過ぎてしまえば月日の経つのは早い

ぼっちゃんを想って元気なく沈んでいる私を見て
お父さんが
「ぼくと同じ子を見つけよう。また飼おう」と、何度も言ってくれた

その度、私は 「もういいよ・・」 と首を横にしてきた


小さい時から絶えずワンコと暮らしてきた 犬派 である
ワンコは大好きだ (今はニャンコも大好き!)
その気になって飼ってしまえば 間違いなくメロメロになると思う、確実に。
一緒に暮らしていると、楽しくて素敵な時間を共有でき、
とてもとても幸せなのは分かっている。

jsZtZL4JhvRYfJm1405913034_1405913168.jpg

  ぼっちゃん、このおもちゃがお気に入りで
  よく咥えて、「遊ぼっ!」って相手になってきたなぁ~
   「遊ぼか?おもちゃ持って来て!」と言うと
        探して、ちゃんと持って来たなぁ
   見つからない時は、おかーさんのハンカチを咥えて持って来たっけ(笑)


あのころはぼっちゃんとお別れするなんてこと、
考えもしなかったんだよ

いろんなぼっちゃんを想い出しては
この世では二度と逢えない現実に、何とも言えない気持ちになる


私のような引きずるタイプの人間は
もう飼わない方が良いのかもしれない

別れは余りにも辛すぎた
想像以上に辛かった

その辛さをもう味わいたくない
もうこんな思いはしたくないのだ
それでもワンコと暮らしたいとは、まだ思えない


病気や怪我をして辛い目にあわせたりすることもあるし
人間より短い命である事も確かなこと・・

wKBpyQu8BWjW7OL1405914268_1405914280.jpg
平成24年8月11日  膀胱結石の手術直後    ( 11歳直前)

1r2epxRZkQvBaCU1405914306_1405914315.jpg
入院中、会いに行くと、飛び切りの笑顔で待っててくれたね


今現在も、闘病中のブロ友さんのワンちゃんがいる
小さな体で一生懸命頑張ってる姿を見ると切ない
どうして神様はこんな小さな子たちに大きな試練を与えてしまうのだろう
どうして短い一生なのに穏やかな日々を送らせてあげられないのだろう

写真でしか会った事ないワンちゃんだけれど
健気に病魔と向かい合ってる姿は涙を誘う
どの子も愛くるしく可愛い子たちばかり
どうかどうか元気になってくれますように。

   ダイちゃん、頑張れ。
    ぼく、守ってあげてよ

ブロ友さんのワンちゃんの訃報も強いショックを受ける
ここ最近、続けてワンちゃんが旅立ってしまった
頑張ってる様子を見て、安心したり、心配になったり・・
ドキドキしながら気になって様子を見に行っていた
親戚のオバチャンになったような気持ちで入り込んでしまう

  よっちゃん、チャポリちゃん・・
  本当に良く頑張ったね
  お疲れ様でした
  ずっと大好きだよ
   ぼっちゃんとも仲良くしてね


毎朝ぼっちゃんに般若心経を唱えてるおかーさん
お空にいったお友達わんちゃんや、
闘病中のわんちゃんの事も想いながら
心を籠めてお祈りしている

   神様の下に返って行った子達、やすらかに。。
   病気と闘ってる動物くんたち、頑張れ!
   野良で懸命に生きている子達、頑張れ!



BXT6iwMc9_dwXdg1405686455_1405686467.jpg


私にとってぼっちゃんは最高のパートナー&親友だった
優しくて賢くて思いやりがあって、お茶目で可愛いくて。。
こんな子にめぐり会えたのは奇跡だったかもしれない
いや、それとも運命?

ぼっちゃんはACで、こう言ってくれた
   「お母さんに会う為に生まれてきたんだ
    お母さんを選んでやって来たんだよ」

飼い主冥利に尽きる嬉しい言葉だ
この言葉を胸にぼっちゃんの想い出と感謝の気持ちで生きていこう





16回目の月命日
お空のお友達と仲良くして待っててね
2L8lmZ8lSvye5z01406037389_1406037408.jpg


ホントはね・・
ぼっちゃん!
会いたいよぉー
すごくすごく会いたいよ




にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村



スポンサーサイト