FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

我が家にとって特別な存在

2~3日前、夕方お父さんと歩いてたら
「〇〇さぁ~~ん 」 と、(私の名前)を呼んでくれた人が
自転車で近づいて来ました

息子君が野球をしてた時の一学年下のお母さんのMさんでした
いつも元気で明るくて可愛いお母さんです (私よりうんと年下です)
「あら、今 お仕事の帰り?」と聞くと
「ううん、この仔連れてるの」
と、自転車の後ろのカゴを見せてくれると
彼女の愛犬ちゃんが チョコンと乗っていました

それがヨーキーちゃんだったのです 首を傾げるヨーキー


ぼっちゃんが居る時から、「同じヨーキーやね~っ」 て話してて知っては居ましたが
そのMさんの愛犬ちゃんに会ったのは初めてでした

ビックリな事に、体格もお顔も ぼっちゃんによく似てて~
おとーさんと二人で 「ウチの仔にそっくりやー」と大興奮
人懐っこい仔で撫でさせて貰ったら嬉しそうに笑顔でとても愛想の良い仔でした
本当に可愛いかった~~

まだ6歳のチャッピーちゃんですが
「この仔が居なくなったら・・って考えただけでも辛いわ」とMさんが言いました
「もうね、悲しいどころか、辛すぎて苦しいよ
 何も手に着かなくて 気が狂うん違うかと思うくらい辛いんやで」 と私
「そうやろと思う。我が子と一緒やもん、いや子供より可愛いわ!」
と、わんちゃんの話で盛り上がりました

その夜、おとーさん、息子、私の3人で食事をしながら
先程のチャッピーちゃんの話をしてて、またぼっちゃんの話になりました

息子 「やっぱり犬はヨーキーが良いなぁ」
父 「お父さんもや。またヨーキーが欲しいな」
母 「ぼっちゃんが可愛い過ぎたからなぁ」
息子 「うん、ホンマに可愛いかった」
父 「可愛いヤツやった」
・・・母、この時 涙ポロポロ
ぼっちゃんの話になると いまだに泣いてしまう私です
 
親バカ家族でごめんなさい
息子がそんな事を思ってたのを初めて聞いたから少し驚きました
彼が小学4年の冬にぼくを迎えて10年
思春期、反抗期の多感な時期を ぼくと語り合っていたのかも知れません
弟であり、兄であり、友達であり、先輩であり・・
末っ子の息子にとっては ぼっちゃんは そんな存在だったのかな


わんちゃんを飼ってた家はやっぱり同じ犬種に思いがあるようですね
どうしても前の仔を想ってしまうのかな
私にとって、いや 我が家にとってヨーキーちゃんは時別な存在
今も家族 みんな ぼっちゃんが大好きなんです


bO_V2FqR_D4NEHF1432313474_1432313489.jpg
今日はぼっちゃんの26回目の月命日です
あの日と同じ土曜日・・・
 時間を追って思い返してしまって なんだか胸が苦しいです
ぼっちゃん、ちぃちゃんと会えたかな


6ik1eCwiTxabN3s1371273377_1371273390 (1)

Zbq5_PTeJmAfhhZ1357489379_1357489409.jpg



      ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


スポンサーサイト