最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族の歴史

うだるように暑かった夏が 少しづつ秋の気配になってきました
澄み切った青空に うろこ雲が綺麗に並んでいます
みなさん お元気でしょうか


長女がちょうど1歳になる頃に ビデオカメラを買って、
以来 どこへ行くのもカメラと共に持ち歩いて記録をしてきました。
次女が生まれ、長男が生まれ、我が家の家族の歴史が残っています。

そんなチョイ親バカの私でしたが
3人の子供達で35本分あり、
そのテープをDVDにしてきちんと残しておきたいな、と思っていましたが
先日やっと出来上がってお店から送ってきました。
何と、偶然にも8月13日、ぼくのお誕生日の日でした。

お盆で長女と孫の玲仁も帰って来てたし、近くに住む長男も呼んで
早速 試写会をして楽しみました。(次女は仕事でした)

幼なかった子供達がこうして成長して行き、
だんだん私の手から離れて行くまで
当時の事を思い出しながら その時の記憶も甦ってきて
懐かしい思いに浸りました。

一番の感想は 若かったなあ~、かな(笑)
自分もおとーさんも母達も。
今は皆 確実に歳をとってる。
当たり前なんだけど。

生きて来た証があった事に嬉しい思いと大変恥ずかしい気持ちが混じっていますが、
こうして残してきて良かったなぁと思います。
子供達&孫と共に 、我が家の大事な宝物だなぁと思います。

我が家のDVD
     表紙には撮影年月日と誰が何処で何をしたか明記しました。
     テープのカセットに書いてたのを転記しただけなのに
     これが意外と時間かかりましたが分かりやすくなりました。


すると、14年前からのDVDに ぼくが登場してきて・・
思わず涙、涙
映像の中のぼっちゃんは若くて元気いっぱい走ってました。
そして首を傾げてクリクリお目々でいつものように見上げてました。
当時の私は毎日「可愛い可愛い」って言いまくっていたのが しっかり残っていました。

写真は毎日見て話し掛けていますが お別れして以来 初めての動画だったので
とても悲しく、あの頃に戻りたい気持ちで いっばいになってしまいました。
    ( いまだに最後の写真と動画は見る事が出来ません)

お盆だったので帰って来てたんやね
一緒に観てたかな


先日、息子君が 「はい、プレゼント」って渡してくれたよ
ぼっちゃんに似た子を見つけたそうです
家族みんなの心の中に 今もちゃんと生きてるんだなと思います
早速 ぼっちゃんコーナーに飾りました。

DosEQB_MyYa14WL1504330527_1504330542.jpg


おとーさん、子供達、母と 今でもぼっちゃんの話がよく登場します
可愛いかったなぁ~
賢かったなぁ~
逢いたいなぁ~、って。
きっと傍で聞いててニコッとしてるかもね
rh9mbJGGPZ9XIWc1504451670_1504451715.jpg



そして、久々に みゅう君です
毎日こうして ぼっちゃんのお水を貰っています、勝手に。
ちゃんとみゅうにも置いてあるのに 何故かここのがイイらしいです
DIbahzxkPFEJ1_n1504451251_1504451298.jpg
笑えますよね~


気分転換に首輪を替えました
夏らしくて爽やかでしょ
zZGsebai5MaWlJg1504330806_1504330900.jpg


後ろ姿ばかりなので・・・ 正面は こんな感じですよぉ
大きいのに 狭い所に入って ぎゅうぎゅうやん
DbrWcP90LPaeByN1504330749_1504330764.jpg



玲ちゃんも 2歳になりました
すっかり元気になり、毎日プール三昧で たくましくなりましたよ。
ng9s6uyLr8AovBQ1504451336_1504451531.jpg


eIqBv6roJGT5Ke51504330953_1504331136.png
寝かされる直前まで遊んでいるので パジャマで失礼~


子供達のビデオで その良さを再認識したらしく、
玲ちゃんも残してやりたい じぃじが
サプライズでプレゼントする、とお姉に内緒でビデオカメラを買っていました。
スマホでは いっぱい撮ってますが やっぱりきちんと残しておきたいですし。
お姉も家族の歴史が後々まで残していけたらいいなぁ
いづれ 絶対にかけがえのない宝物になると思いますから。





にほんブログ村


にほんブログ村




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。