FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

結婚式、娘が増えました。

4月21日、無事 長男の結婚式が済みました。
良いお天気で清々しい気持ちの朝を迎えました。

8時に いつもの美容室に予約をしてあったのでセットをして貰い、、
一旦帰って来てから 息子も自分の行き付けの美容室から帰って来たので
息子と私、一緒にタクシーで挙式するホテルへ向かいました。

タクシーに乗り込むと助手席にシーズーちゃんが
同じマンションのワンちゃんを預かってるとの事でした。
「スミマセン」 と恐縮されてましたが
犬好きの私達、逆に楽しかったです。
ドライバーさんも同じシーズーちゃんんを2匹飼っていて
今年冬にお別れしたこと等話されてました。
とても人柄の良い人で気持ちよく移動できました。

あっ、前置きが長くなってしまいました~


市内のホテルにて挙式をしました。
YFz79mbarEoIOAx1524979683_1524979794.png
ハープ、エレクトーン、ハンドベルの生演奏と 讃美歌の聖歌隊のお姉さま方も。


息子、ガチガチに緊張していたそうですが
息子もお嫁ちゃんも、眩しいくらいに輝いて見えました



RDAmFB3fL_9H_UA1524974307_1524974805.png
ケーキカットの場面、ガラス張りのバックは庭になってて滝が流れています。

サプライズがあって~~(左下)
のんびり座っていたのに、花婿退場の場面で
「新郎様のたってのご希望で、
 新郎が大好きなお母様 どうぞ前へお越しください」と、
心の準備も無いのに いきなり呼ばれて
ビックリしたのと、息子がそんな風に言ってくれたのと
これで我が子が私の手元から離れて行くんだな、と寂しい思いで
不覚にも少し涙が。。


2人は保育園の3歳の時に出会いました。
小学校、中学校と同じでクラスも同じだった時もありましたが
その頃は お互いに無関心で仲間も違ったそうです。
社会人になってから同窓会の幹事をして意気投合し、
お互いに この人、と決めたようです。
ご縁があったんですね~

お嫁ちゃんは 意思貫徹し念願の保育士さんとして頑張っています。
優しくて可愛くて しっかりしていて、とても良いお嬢さんです。
息子が選んだ人だから間違いない (だろう) と思います。
これからの長い人生、思いやりを忘れず助け合って楽しく過ごして欲しいです。
私とも嫁、姑の関係になりましたが
気軽に なんでも相談しながら仲良くやっていきたいなと思います。


若い2人で何もかも相談して決めてプロデュースして作り上げた結婚式。
もちろん、お父さんの一族、私の一族も大集合で
お友達いっぱいの楽しい賑やかな明るい披露宴でした。

一緒に少年野球をしていた子など、
小学校、中学校、高校、社会人になってからのお友逹20人位来てくれました。
  (息子も結婚式に度々出ています)
よく家に遊びに来てたし、ご飯も一緒に食べたりして家族同然の親友も。
久し振りに会った子も良い青年になっていて
「おばちゃん、僕 分かる~?」とそれぞれ挨拶に来てくれて懐かしかったです。
そんなお友達も、早い子は2人のパパになっていたり
そうなんや、歳いくはずやなぁ。と改めて思いました。
やんちゃばかりしてた子達だけれど
すっかり落ち着いて素敵な若者になっていて嬉しく思いました。


2018421.png
右上は 息子から両親への卒業証書を頂きました。
お誕生から9213日、と言う事で
今迄の感謝の気持ちが書かれていました。
メニュー(左下)は小さすぎて分からなくなってしまいましたね
途中から歓談タイムに入り、あちらの親族の方々や
息子のお友達、おとーさんの親族に挨拶周りをしていたら
全然頂く時間がなくて終わってしまいました。
なので写真も撮れていません。残念


披露宴の途中、玲ちゃんは 寝てしまいました
t4kSLm7Xtp7pHsD1524974900_1524975424.jpg
赤いタキシードでキメてるのですが・・  (2歳9か月)
ベビーベッドをお借りして、賑やかな中をスヤスヤ。
手枕をしてイッチョマエに寝ている姿が可愛いくて思わずパチリ
玲ちゃん、とても お利口さんでした。


0wihhemCXvAtMDA1524975518_1524976109.png
最後に 元家族で撮り、良い記念になりました。


その後、2次会があって、当日はホテルで一泊し、
次の日から車で4泊5日のハネムーンへ行きました。
ディズニーランド、ディズニーシー、浅草の浅草寺、
スカイツリーに登って、秋葉原のメイド喫茶へ行ったり
有名なもんじゃ焼きや、鰻を食べたり
もの凄く楽しかったようで写真を見せて話も聞かせてくれました。
無事に帰って来てくれて安心でした。


ぼっちゃんもきっと見守ってくれてたね
ぼっちゃんが来た時、息子は元気なワンパク小学生。
その子が家庭を持つなんて・・時は流れているんやね。。







にほんブログ村


にほんブログ村





スポンサーサイト

春のおくりもの

「みんなで食べてね 」 ってラインが来て
次兄が竹の子をわんさか 送って来てくれました。
地元では有名な 大枝(おおえ)の竹の子です。

E6KZPWG5cFJ2uq21523974226_1523974237.jpg
大小合わせて14~5本ありました。

数年前に IH にリフォームしたので
今まで使えてた大きなお鍋は使えず、
ギリギリ4本位 入るお鍋が2つあったので2回づつ湯がきました。
これが結構大変なんですよね~

でも、採りたてで新鮮なので 柔らかくて本当に美味しいんです。
ありがたく 竹の子づくしで作ってみました。

qSpNnt3jDgLa9Fj1523974381_1523975044.jpg
(それにしても茶色ばっかりやな  全然おいしそーに見えへんやん


「みんなで食べてね 」 というのは
以前書いたかも、ですが
母、長兄、次女、長男 がそれぞれ数分の徒歩圏内で
我が家が中間の中継点になるのです。
なので、出来上がりを持って行きました。
今年初物でもあるし みんな喜んでくれました。

今、旬の春の風物詩。
毎年 春は竹の子、秋は柿(大枝産) を送って来てくれる次兄に感謝です。


PYupMY8OLPWrf351523973651_1523974108.jpg
みゅうさん、心配してくれてるのかな
ちょっと呆れたお顔ですね~






にほんブログ村


にほんブログ村

桜の季節に想う

久しぶりにぼっちゃんが身に付けていた遺品を出してみた。
たくさんの洋服、甚平さんからダウンまで 想い出が詰まっている。
リードもおもちゃも、バッグも みんな懐かしい。
古い服も処分できず全部残してある。
いつか、おかーはんがぼっちゃんの所へ行く時、
一緒に入れて貰うよう子供達には言うてあります。

最期、肺水腫になったので自宅に酸素ハウスをレンタルしようとして
病院で貰ったパンフレットが最後に持っていたキャリーバッグに入っていた。
JRbD56CW1TKxWgm1523076240_1523076275.jpg

ぼっちゃんがお出掛けしてから届いた予防接種の案内状や、
毎日飲んでた薬、
リードに付けていた前年度の接種済のマーク。
UnFVZX6YXHt6u831523076617_1523076630.jpg
リードにぶら下げていたんだった。


確かに存在していたんだ。
いつも おかーはんの側で嬉しそうに笑ってたなぁ。
どこへ行くのも付いて来てたのに。。

ホンマに5年も経ったんやろか、と思う。

5年前の3月末、病院にお礼に行ったんだった。
最期、夜中の12時まで診て下さって
次の日の早朝、病院からお花が送られて来て
それを見てまたまた大号泣したんだった。

病院に入ると、先生、スタッフさん全員が出て来て下さった。
闘病生活は10ヶ月だったけど、その間 尿管結石の手術や
リンパ節の炎症で毎日点滴に通ったりと
凄く濃厚に診て頂き、
「昔からの長ーいお付き合いのように思います。」
と院長先生にも言われていたっけ。
ぼっちゃんは大人しくて皆さんに可愛がられていました。

土曜で休みだった息子が心配して連れて行ってくれたんだった。
おかーはん、何も出来ひん位 憔悴してたんやろなぁ
ぼっちゃんが居る時には まだ咲いてなかった桜が
あちこち満開になってて余計に悲しくなってしまったんだった。
毎年ぼっちゃんとお花見してて想い出がいっぱいあるから。


なんかね、時間の感覚が無いのか、
この桜の季節になると あの日が つい昨日のように思う。

よく行った近くの桜並木
luy8mBWIDH10VcJ1523076532_1523076546.jpg
今はもう葉桜になってタイムラグではありますが、2018.4.1 の写真です
ぼっちゃんを想いながらブラ~っと通って来ました。



さてさて、みゅうさんは・・
8Wruw9VSFfG0tr_1523100015_1523100029.jpg
  
いつもより可愛いって
誰だー、そんな事言ってるのは

「白猫さん発見 」で 気がついたら買ってました~


こっちが本物のみゅうさん 
ふ~む・・・デカイのぅ 
みゅうさん、いつも側に居てくれます。
ぼっちゃんが おかーはんの事、頼んでいったんやろと思います。

「大丈夫かぁ?」ってな顔して見られてるなぁ





にほんブログ村


にほんブログ村