FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

旧家族旅行8回目 (親子4世代)

今年の2月頃、母の体調が悪く起き上がれなくなり、
食欲も全くなく 凄く弱ってきたので、
もしかして…と覚悟を決めていた時がありました。

私は心配で 朝、お昼、夕方、夜、と、一日4~5回 毎日 母の家に行って
様子を見ていました。
回復は遅かったけど、なんとか起き上がれるようになった4月頃、
毎年恒例の旧家族旅行を今年は早めて行こうと言う事になり、
9月末に予約を取ってました。

だんだん近づいて来たある日、次女の休みが偶然同じ日だったので
誘ってみたら「行く行く 」 と即答
それを知った長女も急遽行く事に~
もちろん玲仁も一緒ですよ

私達、母と兄妹3人は旅行に行ったり、
お盆、お正月に集まったり普段から仲良いので、
ウチの子供達も おばあちゃん、おっちゃんが大好きで友達のような関係です。
だから娘達と孫が参加することになっても、
兄達も大歓迎で連れて行ってくれました。

行き先は、母の体調を考え近場の箕面温泉にしました。
ここのお湯はトロトロしていて お肌がツルツルになるので気に入ってます。
娘達は日帰りでのお風呂は行きましたが天空のお風呂は初めてなので
是非あのお風呂を体験させてあげたいと思いました。

最初に、春ごろ新しく出来た新名神の宝塚北インターへ。
トイレが凄く綺麗とTVのニュースで見たので 行ってみる事に~。
Z8tW4D1DspopSz71538284111_1538284145.jpg


D2uSipI6FXg6eQB1540036294.jpg

まるでホテルのロビーのような豪華さでした。
平日だからか? この通り 人は少なく逆にビックリ・・。

何やら人だかり・・?と見ると、
テレビのロケで この人達が~
vsHKfdHhP0UvXSX1538288563_1538289411.jpg
いつも見ている番組 ten. の 《迷ってなんぼ》 のコーナーの藤崎マーケットさん
出発早々、ラッキーな気がしてきましたよ(笑)
放送日は分からないけど今週か来週の金曜日だと思います。


その後は、大阪から長女親子が参加です。
神戸フルーツフラワーパークで合流し遊園地で暫らく遊びました。
RUIJnopLHIJq9wC1538284040_1538284075.jpg
わんちゃん連れが何組か居ましたが 平日だからなのか空いてました。


夕方ホテルに到着し、館内を探索してからお風呂へ行きました。
カメラはNGなので パンフレットから借用しました、こんな感じです。
AfSVmCLUOiE9st01538284258.png
大阪平野が一望に見渡せて気持ち良い~

umArdKe933qS4ak1538284281.png
夜は夜景が綺麗でした。(この夜は女性の日でラッキー)
ここは宿泊客だけの利用なのです。
娘たちは初めてこのお風呂に入って大感激していました。
兄達は翌日が男性の日なので早朝5時から行ってました。
まだ暗くて夜景と朝陽が昇るのも見られて凄く良かったそうです。

UULMzqLSsq6Z_qM1538285360.jpg
青いライトの通路

その中を歩くとこんな感じです
Ka1ub9FU8dT16NW1538292195_1538292224.jpg
玲たん、走りっぱなしで付いて歩くの大変

JizeImUJGzeHHJZ1538285426_1538285460.jpg
玲たん大喜びでハイテンションです。

エレベーターに近い2部屋続きの大広間なので皆で寝ました。
帰り、全員で記念撮影
4gJh8m42AcZNf0y1538285495_1538286110.png


2日めは 玲ちゃんの為に大阪空港スカイパークへ行きました。
大阪空港スカイパーク

滑走路に沿って真近に飛行機が見られて、大人も子供も楽しめる場所 
 ・・のはずが

yXCoFshrhifU_Vt1538284320_1538285187.jpg
喜んでくれる、と思ってたのですが移動中に寝てしまって・・。
大人が「わー  すっごーい」と、普段見られない光景に大興奮でした

その後は、次兄がお寺の朱印を集めてるので大阪市内を2か所巡りました。
西淀川区にある 《 姫嶋神社 》 通称 やりなおし神社、だそうです。
psfWXR0VRRp1fyA1538304623_1538304722.png
右側がおみくじで、『ひめくじ』と言います。

建物の中に入れて貰って、お神酒とお茶を頂けました。
こんな神社初めてで驚きました。
兄達は朱印、娘たちはおみくじを受けていました。

次兄の車と、長女の車の2台で 2日間 あっち寄り、こっち寄りしながら
めちゃくちゃ楽しい時間を過ごせました。
高齢の母も可愛い孫娘と曾孫と一緒に旅行出来たのが本当に嬉しかったようです。
娘たちは足の悪い母の為に、行く所々で車椅子を借り、押してくれたので
兄達も賑やかでよく気が利く姪っ子達との笑いの絶えない2日間を喜んでいました。
親子4代、もうこんな機会は無いかもしれません。
大変良い思い出になりました。


この旅行の2日間だけは良いお天気に恵まれ、ありがたかったです。
今、台風25号が近づいており、雨足も風も強くなってきました。
皆さまの地方も 被害が無く、無事でありますよう願っております。
どうかお気を付け下さい。





にほんブログ村


にほんブログ村



スポンサーサイト

初宮参り

ついこの間まで うだるような暑さだったのに
少し秋めいて やっと過ごしやすくなってきました。

遅くなって今頃になりましたが、
7月27日 息子夫婦に可愛いbabyが無事誕生しました。

お名前は 晴翔 (はると) と申します。
お腹に居る時から、パパとママで相談して決めていました。


2VA8bI5bnQ57Kl21536336190.jpg
8月2日、生後一週間 退院の時


Q2azrbK3XbZHCMr1536335402_1536335755.jpg
生後1カ月の晴ちゃん。



先日、お宮参りの前撮りでスタジオで撮影をして貰ったのですが
この通り爆睡で何をしても起きなかったそうで。。
せっかくの前撮りが、寝てる写真ばかり、という まさかの想定外 

dOGqfRCPnfsUscU1536834669_1536834928.jpg


なにやら大物になる予感
いやいや、タイミングが悪かった~~
なんせ、あかちゃんですから。

SZZbOS1liPR9TrJ1542544984_1542545021.jpg
眠そうですが ギリギリ何とか撮れたようです
この後 熟睡~~



お宮参り、本当は男の子は31日目でお参りするのだけれど、
暑い時季、まだ体力も回復していないママと、
小さな赤ちゃんはかわいそうなので
少しずらして 9月16日に行く事にしました。
パパ&ママと、お嫁ちゃんの実家のご両親と私達夫婦、
小さな主人公に大人6人で平安神宮へお参りしました。

suwiU239sU58qBA1537181126 (1)
 (左から 嫁ちゃん父、嫁ちゃん、長男、きーちゃん, 嫁ちゃん母、相棒 )


日曜日で友引と言う事もあり、我が家のように真夏を避けた家族も多いのか
同じ時間帯に我が家の他にも5組。
抱っこは父方の母(ワタシ)がする、との事ですので
5400gに育ったマルマルの晴翔たんを抱っこしました。
ご祈祷して貰ってる間もお利口さんでお寝んねしてくれていて助かりました。
本当にイイ子でした。

JXgEndYU5MiDKZC1537195518_1537195947.jpg


男の子なので額に 《大》 と書いてます。
これって京都の風習だってことを数年前の「ケンミンショー」で知り、
何処でも同じと思っていたから逆にビックリしました。
元来は魔除けの意味があるそうです。


その後は皆でお食事会をしました。
西院 『かめや』 さんにて。
創業大正2年のお料理屋さんです
2018.9.16 晴翔お宮参り会食
カニのコース
  ( カニのおつくり、酢の物、紙ナベ、茶わん蒸し、天ぷら、
       ちらしずし、カニ汁、抹茶わらびもちとアイス )


辛い思いをして産んでくれ、一生懸命育ててくれてるお嫁ちゃんと、
退院後2週間お休みをとって面倒を見て下さったご両親へ、
感謝の気持ちを込めておもてなしです。
美味しかったです~


健康ですくすく元気に大きくなりますように。
優しくて強い子に育って欲しいものです。





にほんブログ村


にほんブログ村



本来、の居場所に・・。

ご無沙汰しておりました。
残暑お見舞い申し上げます。

7月末に長男に無事、元気な男の子が誕生しバタバタしており、
8月は熱中症になったり、最近では副鼻腔炎で苦しんでおり
点滴の毎日を過ごしておりました。
今は回復し 何とかやっています。
この夏は本当に暑くバテていた私です。
何回か下書きした記事はあったのですが、中途半端で投稿に至らず
ホッタラカシ状態で終わってしまいましたが
自分の心の整理の為にも残しておきたく久々にパソコンに向かいました。


不思議な出来事があって・・・
次女のお友達2人(霊感があるそうです)、私は会った事無い人達ですが
春の息子の結婚式に映っている私の写真を見て、
「お母さんに影が見えるけど、何か心に抱えてはる?」と聞かれたそうです。
嬉しい日で笑顔のはずなのに影が見えてたそうです。
自分では何も実感はありません。
そして
「ワンちゃん居る?」と。
5年以上前に亡くなってるけどお母さんの悲しみが大きくて
今も家で側に置いてると答えた次女に、
「早く納骨をしてあげて欲しい」と、お友達は言ったそうで、
「何故かは お姉さんが知ってはるよ」と。
  (長女と、お友達とは全く面識はありません)

それをお姉ちゃん(長女)に言うと
「そう。だから、お母さんを守りに来てるんや。」と言いました。
月一ペースで実家に帰って来てるのは私を守る為・・?

前にも言ったかも知れませんが長女は霊感があります。
体調を壊して病院で検査しても原因が分からずでしたが
小学生の頃からずっと苦しんできた、であろうと思います。
高額なお祓いも何回もして貰ったけれど無意味でした。
鈍感な私は全く分かってないけれど、彼女は家を守ってきてくれました。
そして、今も何かを感じて私を守っているそうです。
その長女は、「お母さんの気の済むまで仕方ないけれど
本当は納骨して、ちゃんとぼくに居場所を作ってあげたら良いのにと思っていた」そうです。

正直な気持ちは私が旅立った時、一緒に入れて貰いたい、でした。
しかしながら、それは絶対してはならない事であります。
ならば、ぼっちゃんをちゃんとした本来の場所に送ってあげるのが
今の私がしてあげられることなのか・・・?
ぼっちゃんはどう思うだろう?
ぼっちゃんの気持ちは?
ぼっちゃんはどうして欲しい?
このまま手元供養をしていたらダメなのか?
私の一人よがりで ぼっちゃんを苦しめていたのか?
ぼっちゃんは辛かったのか?

いろいろ考えて考えて、 2018.8.27、ぼっちゃんを納骨してきました。
ちゃんと送り出してあげなきゃ・・

X2MHNyw6Z2evvvB1535787552.jpg


page.jpg
和尚さんに来て頂いてちゃんと供養もして貰いました。
次女が連れて行ってくれました。

北白川動物霊園は比叡山のふもと、
京都市内からは少し山側に入るので
自然に囲まれた緑豊かな静かな所です。
市内では最大級のペット霊園として、数人の知人のペットちゃんも眠っています。
寂しくなったらいつでも行ける距離でもあり、ここに決めました。
当日も何組かの方がお参りに来ておられました。


お別れしてから5年5カ月
やっと踏ん切りがつきました。
というか、無理やり つけました。

ペットが旅立てないのは、飼い主の執着(悲しみや、亡くなっても一緒に居たいという気持ち)
であり、その執着がペットを解放できず、極楽浄土まで行けない原因にもなる。
そういった意味で、納骨することが成仏と大きな関係を持つ。
ペットの居場所、安眠する場所を作ってあげる事が大事。
本来の居場所を作ってあげる事、
そしてまた、生まれ変わって幸せな犬生を生きれる様に願う事。

最後のお別れはやっぱり涙が出ました。
こうしてあげる方が ぼっちゃんの為だと分っていても寂しく思いました。
本当にこれで良かったのか・・・?
帰った後も落ち込んで いろいろ考えてしまいました。

いつも話しかけていたぼっちゃんは居なくなったけど
ぼっちゃんは いつも側に来て見守ってくれてると思います。
ぼっちゃん、ずっとずっと大好きだよ。
また、いつか絶対会おうね。





にほんブログ村


にほんブログ村