FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

あれから6年過ぎました。

3月に入り、「また今年もやって来たなぁ。。。」と 呟く。
3月23日は、ぼっちゃんが旅立って6回目の命日。
自分の中では6年前の この日の事はついこの前の様な気がするのに
早いものだ、もうそんなに経ってしまった。

仕事往復の道すがら、梅が咲き、木蓮が咲き、もうすぐ桜の季節。
ぼっちゃんも一緒に この季節の移り変わりを見てるかな


あれから、子供達がそれぞれ独立し我が家を離れて行き、
今は おとーさん+ みゅうの3人暮らしの我が家。
お母さんは 相変わらず仕事と 年老いてきた母のお世話をして、
娘や孫達が来る忙しい日々を過ごしている。
それなりに楽しい事もあるし、みゅうに癒して貰いながら の毎日。

でもね、
ここにぼっちゃんが居てくれないのが悲しい。

毎日家を出る時、今も
「ぼっちゃん、みーちゃん お利口さんで待っててねー。
行って来るからねー 」 って言ってる。
ずーっと そう言ってたから自然に言ってしまう
仲良く一緒にお留守番してくれてるんやなぁ。
きっと そうやんなぁ

もし、おかーさんに1回だけ魔法が使えたら
もう一度ぼっちゃんに逢いたい。
ぎゅって抱きしめて
ぼっちゃんの頬にくっ付いて匂いをクンクンしたいな。
写真の中のぼっちゃんは 照れくさそうに笑っているけど
おかーさんは 真剣に そう思ってる。

6年も経ってるのに まだこんな事考えてるって変かなぁ
しつこいのかなぁ
何と思われようと 今でもぼっちゃんが大好きなんやもん、仕方ない。
いつも心の中で思っているし
なぁ、ぼっちゃん・・って話しかけている。

命日は私にとっては特別な日なので思いを 残します。



QmMfDl9LjIFhya91553431574_1553431594.jpg



スポンサーサイト