最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のデート

昨年の今頃は毎週と言って良い位、土曜日はぼっちゃんとデート
・・・じゃなく、病院だったなぁ


bXTYj3vcS1jzVsm1365605029_1365605058.jpg



いつも同じ時間に予約を取って貰ってたので
行く前にも少しお散歩して
家を出る時間もだいたい同じで
向かうコースもだいたい同じで
時々、途中の公園に寄ってオチッコさせたり
片道30分のドライブだったねぇ



yHzrllH_pGDKgdD1396499978_1396500265.jpg




助手席にぼっちゃんのベッドを積み込んで
そこにお座りしててもらう予定が
Z13hM4ei_W9gPVZ1393134080_1393134249.jpg

いつの間にかこうして抱っこさせられてたんだった(笑)



終わる時間は検査内容によって色々だったけど
だいたいお昼過ぎが多かった
MfDk8cuC7eqs31N1396500898_1396501148.jpg




診察でかなり厳しい現実を言われて落ち込んで・・
そのまままっすぐ帰った事もあったけど、
神社にお参りしてから帰ったり
ドッグカフェに寄って休憩してリフレッシュしてから帰った事もあった

おかーさんが元気ないとぼっちゃん気にするので
無理におしゃべりしたり、歌って運転したり。

そんな事も今となっては懐かしい思い出やな~と思います

StHrsL6GDG4EPZi1393134275_1393134286.jpg



8s4ahskFMwi4WC31393134989_1393135276.jpg


嬉しそうに車に乗ってたよね
病院なのにお出かけが楽しかったんかなぁ


今も、土曜日になるとあの頃を想います




    今日もありがとう~
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。

涙、うるうる。気持ちきーちゃんさんとリンクしちゃって・・・

お出かけ先が病院であっても、
わんにとっては、いっしょのお出かけが
うれしいみたいですよね。
診察の帰りの気持ちもよくわかります。
私も今まで何度か運転しながら
涙が出てしかたなかったことあるから。

ぼくちゃんは、きーちゃんさんの気持ち
よ~くわかっていたと思います。
わんちゃんって、そうなんですって。
よっちゃんのママさん、こんばんは~

本当に動物は人の気持ちが読めるのかな~と思う事がよくありました
そして行動も読んで先回りして待ってくれたりして
一心同体みたい~って感じたときもあります
長年一緒に居ると分るのかな^^

ぼくは、おかーさんの笑ってる顔が好き、と
生前にACして貰った時に言ってくれてましたので
ぼくにもみゅうにも笑顔で接しようと心掛けたつもりです

最近は色んな思い出がよみがえっています(涙)

ドライブのお出かけ、病院が行先でも、「かーさんとお出かけ」が、ぼっちゃんには一番楽しかったんやと思います。

行きかえりのオプション?!のドックカフェや神社、これまたお出かけで楽しかったのではないかな?

少しだけ、ほんの少しだけ、時間が経って、思い出す色々が少し増えたのではないですか?
忘れてた事をフッと思い出す…

でも、まだまだ涙、涙…

イッパイ思い出してあげてくださいね。
横で、ワンワンと一緒にお話に参加してるはずですよ(笑)
ぼくちゃんは、お母さんとお出かけするのが、本当に楽しみで嬉しかったんだね。ぶーぶーでドライブが大好きで、お母さん、命だからね。
病院でもとってもいい子にしていて、スタッフさんにお利口さんと言われていたんでしたよね。
去年の今頃のことも、客観的に思い出せるようになってきているようですね。もう3月(といっても、今日はこちらは超寒い)、早いものです。
個人的なことですが、私は去年の暮れに突然グループ会社の本社への異動を申しつけられて、確かに雇用は安定したのだけと、異動して1ヵ月半、学術色が薄れ販促がメインの仕事にあまり興味がもてず、12月中旬から時間がとまってしまっています。受け入れられない、時間が止まるというのは、こういうことなのかな~と実感したような気がします。
すみません、私事で。
色々、ぼくちゃんのことを思い出してください。
きっと魂は、そばにいてくれるはず。みゅう君はいつもお話しているんだよね。
そうやねぇ、暗闇でモノトーンやった思い出に
少しづつ色が増えて来てるんやなぁ

まだまだ想っては涙の日々ですが
こうして写真を見返すたびに
あの時とはまた違う寂しさ切なさに呑み込まれそうになります

それも仕方ない事だと分かっていますが
時間薬に任せるしか無いんですよね

いつも傍に居てくれてると信じて生きています

「ぼっちゃん、ブーブー行くかぁ?」なんて言ったら
大喜びでワンワン!はしゃぎまわって
「早く、早くーーっ!」やったよ
出掛ける直前に言わなければ大変でした
その嬉しそうなぼっちゃんを見るのが面白くて楽しみでした

もうすぐ一年が近づいてきて
10年間の、たくさーんの出来事が想い出されナーバスになっています

tamanyaziさんも職場が変わられ、大変な時期だったのですね
人生、なかなか思い通りには行かないもので
泣いたり悩んだり落ち込んだり・・
この世でいっぱい修行をしなければいけないんですよね
上手に何もアドバイスできないですが
ひとつひとつ丁寧に確実に・・と思っています
(今、自分にも言い聞かせています)
心身共に無理せず 頑張ってください
tamanyaziさんならきっと大丈夫!
応援してるからね!!

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/114-bb3d0498
<< お誕生日の おまけ | TOP | 11回目の月命日 (納得するしかないサヨナラを想う)  >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。