最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の自分

少しご無沙汰になりました


相変わらず みゅうは元気で、私もそれなりにやっております
先週はぎっくり腰をやってしまい、
マックスの痛さの時は、仕事も期末のピークで忙しくて休めず、
仕方なくコルセット巻いて行きました
行けばどうしても無理してしまいます
肌が弱いため、湿布にもかぶれて涙が出そうでした
どこもかも、弱くなってるんだなぁ(*^_^*)
おかげ様で、昨日あたりからやっと落ち着いてきました


桜が満開ですね

昨年、桜の時期 直前にぼっちゃんがサヨナラしてしまい、
あれだけお花が好きであちこち行ってた私ですが
昨年は桜を見る余裕など全くなく、と言うか見たくなく、
今年も桜は咲いてくれてますが
やっぱり まだ見たいと思う気になれないのが現状です
しつこいと思われるかもしれませんが
毎年ぼっちゃんと一緒に見た桜、見られません
一緒に居るよ、と分かってはいても
まだ無理なんです

何年か後は 懐かしいと思える時がくるかなぁ・・ですが、
今は やっぱりまだ無理なんです
弱い人間です。


ブログも、想い出はいっぱいあるのですが
どれも過去を引っ張り出してこなければなりません
だって、ぼくとの新しい思い出を作る事は不可能ですから。

そう思うと、すごく寂しくなって
落ちてしまう自分が居ます

じゃぁ、ブログに来なければ良い?
ここから離れて少し距離をおいたら
余計な事 考えずに済むんじゃないか?
そうも思いましたが
頑張ってるお友達わんちゃん ママさんは?・・と気になって
お邪魔してみたり、読み逃げしちゃったり・・
そんなこんなしてました

一周忌を過ぎて少し気力が下降してるのかな
ぼっちゃんの気持ちを受け止めて上昇したハズなのに
どうなってるんだろ・・
この前の記事(写真)がリアルで、重すぎたのかもしれない

こうして浮いたり 沈んだりしながら
少しづつ、少しづつ戻って行くのかなぁ




嬉しそうな笑顔、大好きな写真です (親バカ上等~~
pan9qcfg3g7XsGh1366555970_1366556009.jpg
       平成24年4月  京都御所にて




  今日もありがとう~
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

我が子を失った悲しみは、
直後だけでなく、
ことあるごとに噴出するようです。

一周忌のような区切りの前後や
想い出深い季節・・・

・・・私も、去年見ることができた
「すずe-415桜」を今年はまともに見られなくて・・
もう散り始めているのに、写真にすら撮ってません・・。
(今日、撮ります!)

直後の絶望もとんでもないけれど、
日が経つにつれ増してくる虚無感、
これもツラい・・・。

ボディ・ブローみたいに効いてきます・・・。

でも一方で、確かに、時間薬も効いてきます。
沈み方が浅くなる、
浮かび上がりやすくなる、
静かな気持ちで過ごせる時間が増えて来る・・という感じです。

明日明後日は無理でも、
十年後にはきっと温かい愛と感謝の気持ちで、
ぼくちゃんのことを想うことができる。
そう信じて、無理せず過ごしてみてください。

体と心は直結しています。
心が弱れば体も弱ります。
まずは、心を大切に。
(って、あんたが言うか?は言わない約束やし~)
こんばんは~

私もママさんのブログにいつも共感しています
「そうそう、ワタシもだよぉ~」って思わず言ったり(笑)

こうしてブログに下さるコメントにも
我慢してた心にガツーンと響いて、
堰を切ったように大泣きしてしまう事もあります

あの子への想いを綴る事で
傍に居るような恋しい気持ちになったり、
逆に、自分で自分の傷口を広げてしまったりの繰り返しですが
あの子も きっと、
「お母さん、頑張って」って言ってくれてるんじゃないか
と思ったりしてます

写真、褒めて頂いてありがとう~e-343
でもね、ぼく 本当はカメラ嫌いやったんです
「またか・・。しょうがないなぁ~」って感じで
私に付き合ってくれてたんですよ(^.^)
本当にすず❤ママさんの おっしゃる通り,
直後だけでなく、事あるごとに悲しみに襲われますね

動物と暮らした事が無い人達からすれば
まだ そんなこと言ってるの?と言われそうですが。。
実際すず❤ママさんはそうだったね・・
大切に大切に育てた可愛い我が子なので
そんな簡単に忘れられるわけがありません
想わない日なんて一日もありませんから。

喪って直ぐは眠れなくて、
寝ても夜中にふと目が覚めて起きたり
苦しい日々でした
それも日数と共に無くなってはきましたが
時々ものすごく寂しくてたまらない時があって
いまだにポロポロ泣けます

ぼっちゃんのメッセージどおり、
悲しみの涙から、楽しかった思い出の 笑顔の涙になれたらいいな!

すず❤ママさんのコメは説得力があって優しくて
またまた泣いた~~(T_T)


 
おはようございます。

桜を見ることが出来ない気持ちわかります。
私もかつて「こわい」と思った時があります。
いくつかの季節が過ぎたときに
「あ、桜ってこんなに綺麗だったんだ」って
でも、涙がぽろぽろ流れたのを
覚えています。

無理をすることはないと思います。
まだまだ辛くって当たり前です。
自然に時の流れに任せたら・・・って思います。
必ず、笑える日はくるから・・・。
生意気な発言ですみません(ぺこっ)
・・・・ってか、
私、今桜の季節が終わり行くのでじつは
ちょっとほっとしているんです。
よっちゃんを連れて行かないでって
桜を見ながら思っていました・・・。

きょうのぼくちゃんもかわいいですね^^
いつもにこにこしているイメージがあります。
本当に可愛い子ですね^^

そして、いつも心温まるコメントありがとうございます。
いつも感謝してます。
パワー貰っています^^v
こんばんはデス

毎年 桜が咲くのを心待ちにしていて
ぼっちゃん連れてお花見行きました
今は、前と同じ桜なのに
こんな辛い気持ちで見る事になろうとは
思いもしてなかったです、
気持ちのあり方でこんなにも違って見えるものですね

こちらはこの土、日あたりが満開でしたが
あいにく週末は風も強くて、雨も降って
きっと桜舞う日が早まったんじゃないかと思います

ぼっちゃんはいつもニコニコ笑顔が多かったですe-415
カメラ嫌いでも、私の為に我慢してくれてました
とても優しい子でしたねぇ(うるうる・・)
可愛いって、私には最高の嬉しい言葉です
ありがとう~

こんなにも頑張ってるよっちゃんに、
これ以上ガンバレとは言えないけど
ママさんが願うように、快適に過ごせるよう
私も応援しています
1年たっても辛いものは辛い、浮き沈みがあって当たり前ですから、弱い自分などと思わないでいいんですよ。
きーちゃんとぼくちゃんは絆が深くって、こんな相思相愛があるんだと、感心というか、すごいなって思います。
ぼくちゃんはいつも笑顔で、どのショットも可愛いですね。皆さん、言われていますように。
このheartのお洋服、確か見覚えがあります。
今年もぼくちゃんはお母さんと一緒に桜を見ていたのでは。今からは八重桜を一緒に観ましょう。
私が家に居るときは、必ずピッタリ傍に居たので
この一年が嘘のようで、イヤな夢のようで、
居なくなった寂しさに慣れるのが
なかなかできませんでした

ぼくは話さなくても、次の私の言葉や行動が分かってて
何で分かるんやろう・・と驚いたことが度々あります
それくらい一心同体の気持ちだったんです
不思議なものですね
よほど深い縁があったのかもしれません

毎年見た桜、ぼっちゃんには どう映ってたのかなぁ
今年、ぼっちゃんはお空から眺めてたのかなぁ
空を見上げてはいろいろ考えてしまいます

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/119-0b7b430c
<< お父さんの お手伝い | TOP | 一周忌 立派だった『最期の闘い』 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。