最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お散歩

お散歩してるワンちゃん、飼い主さんを見ると
ちょっぴり羨ましく思ってしまいます

少し前まで ああして ぼっちゃんと10年間お散歩したのにな・・
今迄はあっちの立場だったのに、今は逆なんだな

朝    お弁当を作って お洗濯干して、用事が終わったら
     いつもぼっちゃんの視線を感じてました
     「おかーさん、もうヒマになったんちゃうの? 行こか
     とでも言ってるようなお顔で見られてました
     8時半に家を出るおかーさんなので、
     だいたい7時~7時半までお散歩タイム
     お散歩から帰って朝ご飯、の毎日でした

お昼  お昼休み、会社から飛ばして帰って来て、
     ご飯前に 近くを小さく一周
     お母さんの時間が無いのを分かっていて早足で・・
     この時間を楽しみに待ってるようでしたので
     少々の雨でも帰って来て行きました
     夏はアスファルトが熱いので日陰まで抱っこして
     ぼっちゃんに日傘をさして歩きました
     それを見て母は笑ってました

夕方   夕食の下ごしらえをしてから
      ぶら~っと歩かせました
      綺麗なお花とかがある所を選んで行きました

夕食後  お母さん、やっと自分の時間が出来るので
       やっぱりぼっちゃんとお散歩です
       近くに住む母の所に寄ったりしてました

寝る前  冬は寒くていっぱい着込んで行ったっけ。
       夏は気持ち良かったなぁ  
       お月さんや星を眺めながら歩きました
       飲み会の日も、帰って来てから必ず行きました


こんな感じで一日4~5回お散歩に行きました
時間はそんなに長くないです
歩く距離も1回800歩~1000歩程度です

行こうかなと思ってると、以心伝心というか、
「行く?」と言う、お母さんのリアクションを伺ってるようなぼくでした

平成24年(2012年)1月お散歩の催促~

雨の日、雪の日も傘をさして 抱っこして近くの屋根つき駐車場へ~
大きく輪を描くように一周したら納得してくれてました
グレーチング(カネのフタがしてある溝)の所は、必ずピョンと跳んでました(笑)
大きな柱があるので こっそり隠れてると、戻って来て探してたなぁ
いつもおかーさんの存在を確認して走ってたなぁ

雷が鳴っても全く気にしないでスタスタ歩いてました
雪の日は寒いからダウンコートの中に入れて帰って来た事もあります
お友達に会って、立ち話をしてもじっと待っててくれました
時々お母さんを見上げて、またスタスタ・・
「しんどかったら抱っこしたげよか?」と聞いても、
大丈夫!と言ってるかのように、またスタスタ・・
6ETRhDxP6DberuZ1390389360.jpg


我が家のお散歩の主導権はぼっちゃんにあって、
おかーさんはぼっちゃんの後ろを着いていきました
「ぼっちゃんの行きたいとこ行って良いヨ~ 」と言っても
いつもコースは決まっていて、知らない道は行きませんでした
たまに、普段行かない道へ引っ張っても お手々を踏ん張って動かなかったなぁ
抱っこしてあまり行かない所へ連れて行っても下ろすとちゃんと歩いたし、
よく知ってる道まで帰ってくると、いつものコースに戻って家に帰りました
家の位置を把握してたんだと思います


iJWxPjMJWpZkqUL1371381363_1371381568.jpg
後ろ姿、可愛いかったな~


365日×4×10=14600回

一日4回行ったとして、10年で これくらいは行ってる訳ですね
全然 苦には感じなかったです
ぼっちゃんの嬉しそうに喜ぶ顔や姿を見られるのが
私の楽しみでもありましたから。。
こんな些細な事に ものすごく喜んでくれるなら、お安い御用でした
そして、お散歩へ行くことが、私自身の気分転換にもなっていたんですね


UE9FKDL_CfLlqC91360403520_1360403550.jpg

いろんなことを思い出します

ぼっちゃん、
お母さんは今もぼっちゃんとお散歩したいよ!
ぼっちゃんに逢いたくて逢いたくてたまんないよ!
ああ・・抱っこしたいなぁ~


今日は14回目の月命日  
もう、ぼっちゃんと逢えなくなって1年2か月・・
D4RQr3Tqc0XkyqP1400840432_1400840442.jpg

ぼっちゃん、子ども達を守ってね



今日もありがとう~
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

コメント

今日、うちの集合住宅の前で、ヨーキーが散歩しているのを見ました。それで、ほくちゃんのことを思い出しました。
ぼくちゃんはお散歩が好きだよね。うるうるお目目でお母さんを待ってたんだね。
そのヨーキーちゃんはお洋服は着ていなかったけど、今の季節だったら衣装もちのぼくちゃんはどんなおべべを着てお散歩に出かけたのかな。
白線の上に沿って、律儀にテクテク歩いているぼくちゃんの姿は、本当にかわいくて、私の好きなショットです。
10年間、一日4回もお散歩に行っていて、そういう機会がなくなって寂しくなることもあると思いますが、ぼくちゃんとのほっこりした思い出にひたるのもいいのではと思います。
こういった時間も必要ですね…
こうして思い出しながら泣いたり笑ったり
それでいいと思います
だって一生忘れない素敵な思い出だものね

私もトーマスがいた頃は
体の大きさが違うので2回に分けて行っていました
トーマスも雪が降ろうと台風の暴風雨であろうと
行ってたなぁ~(笑)
あの時はしんどいなんて思わなかった!(笑)
一日4回のお散歩!!!

あらためて考えたら、ものすごい回数になりますね…
ぼっちゃんとの大事な時間、イッパイですね。
大切な大切な思い出ですよ!(^^)!

テケテケ、タッタッタッ…
ぼっちゃんの後ろ姿のお写真は、色んな音が聞こえてきます…(笑)

きーちゃん、ご無沙汰ばかりして…
元気にされていますか?
ヨーキーちゃんを見て ぼくを想ってくれてありがとう
言葉に出さなくても、私の仕草や表情で
何でも分かっていて
なんで分かったんやろ・・なんて驚いた事が度々ありました
それだけぼくも私を見ていたんだね~

夏はメッシュやクール×クールや
UVカットのタンクトップを着せてたよ
防虫・防蚊・抗菌素材のモノとか、
夏らしくアロハも何枚か持ってました
ぼっちゃんのグッズを見たり買ったりするのが私の楽しみだったので、
自分のモノよりぼっちゃんが優先でした
大事に箱に詰めて残してあるよ
ぼっちゃんのモノは捨てられない~~(>_<)
私が亡くなった時、ぼっちゃんの服を入れて貰うつもりです!

まだまだね、何かにつけてぼくを想ってるし
気が付けばいつもぼっちゃんに話しかけています
10年間の習性はそんな簡単に無くならないので
たぶん、ずっとずっと・・なんでしょうね

お散歩、自分も結構楽しんでたんだな~と思います
忙しかったけど充実してたよね!
自分ひとりだと見逃しそうな お空の雲や
道端の小さなお花も見えるもんね
毎日歩くから季節の移ろい(お花など)も身を持って感じる。
今は・・寂しいなぁ。。ですが
今も一緒に付いて来て一緒に見てるんだと思うようにしてます
きっとそうだよね
たくなぎさんこそ、お元気にされてますか??
お忙しくされてたのかなあ?
心配してたよ~

ぼっちゃんが嬉しそうに歩いてるのを見るのが
私の楽しみだったので (ささやか過ぎるぅww(笑))
後ろ姿を見てはひとりニマニマしてた変なオバチャンやったと思うよ~

今週はいろんな事があり過ぎてさぁ・・
お姉の幼馴染の子が急死したり
お父さんの先輩が末期がんで危なくなったり
命、運命、人生について考えさせられる事ばかりでした
どうにもならない事ってあるんだね。。
誰も未来は分からない
今を一生懸命生きるしかないんだと
今更ながら思い知らされました

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/128-093a2424
<< 全員集合しました♪ | TOP | 珍しく家族で過ごした一日 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。