最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同居の犬と猫は親友になれるんだね♪

2009年6月24日、ぼっちゃんが7歳の時に
1歳4カ月だったみゅうが突然やって来ました
       ←みゅうが来ることになったいきさつです
みゅうさん、ちょうどウチの子5周年です!

当時、まだまだやんちゃざかりの ちびっこ・みゅうは
先輩のぼっちゃんに 猫パンチをして挑発してましたが
大人なぼっちゃんは相手にせず、やられても我慢してくれてました

ぼっちゃんはお母さんの行く所にいつも付いて来て傍に居たので
リビングとお母さんの部屋にそれぞれ2~3コづつベッドを置いていました   
その、どこにみゅうが寝ても怒らず、譲ってくれて
みゅうが何をしても優しく受け入れてくれてたぼくでした

いつも並んでお寝んねしてました
z6DL2MX8TrYx6Sj1373178056_1373178085.jpg

x7Oy6nhMOK8hVhx1371376678_1371376717.jpg

UohBkbwytH8Zgdn1357484296_1357484325.jpg

ZgiGHA4fsm3fn3E1366560425_1366560460.jpg

A7BBxV4w_Wu8mp2_1351421000.jpg





yeNh_pdJOkgtwGA1371314979_1371315005.jpg
ご飯を待つふたり(笑)

ueMz_6HAsrmsMNk1403418144_1403418339.jpg


ご飯もいつも一緒に食べたね
平成22年(2010年)1月28日仲良くご飯

平成22年(2010年)1月29日仲良くご飯

CIMG6931_convert_20121217155804.jpg
こうして並んで食べてた写真もいっぱいあります

お揃いのお洋服も もっとあったのですが、
先代のPCに保存されているので探せませんでした

先日の一周忌を前に、アニマルコミュニケーションをして貰った時、
ぼっちゃんに、みゅうとの関係を聞いて貰ってました

  みゅうとの関係はどうだったかな?
  留守中はいつも二人で待っててくれたので・・

     「みゅうとは、とても心の通い合う友達だった。
      親友だった。
      そんなみゅうと一緒に暮らせた事も、ボクは幸せに思ってる。
      
      最後の時に、ボクはみゅうにこう言ったよ。

      『みゅう、お母さんたちの事 頼むね。
       ボクが側に居る事を分からせてあげてね。』って。」


  やっぱり、そうだと思ってたよ
  みゅうはニャンコらしくない、ワンコみたいなんやもん

  
  ぼくが居なくなってから、みゅうが犬のようになって
  ぼくのように、いつも傍に居て私を守ってくれるようになりました
  ぼくと交信しているのかなって思います
  お父さんは「みゅうの中に絶対ぼくが入ってるなぁ」って言ってます

      「うん、ボクとみゅうは心で繋がっていて、
       生前も、今でも交信しているよ。
       言葉じゃなくて、ハートで感じて
       お互いの気持ちを理解しあってるよ。

       いつもじゃないけど、たまに入ったり出たり・・。
       ボクの身体(魂)は今 自由なんだよ。 

       お父さん、気づいてくれてありがとう。
       目に見える事だけを信じるんじゃなくて
       こうしてボクの事を感じてくれてて
       ボクは嬉しく思っています」 


ぼくとみゅう、傍から見てると分からなかったけど
ちゃんとコンタクトを取ってて仲良しやったんやねぇ。。


平成22年(2010年)5月12日2人で階段を覗いて待ってる
玄関の開く音に、家族の帰りを仲良く待ってます


いつも二人でお留守番しててくれて、
お母さんと居るより二人で居る方が長かったかもしれない

みゅうも、ぼくと出逢えて良かったと思っているんじゃないかな
きっと、そう思います


今日は1年と3カ月・・・15回目の月命日だね
RqCfZ5MVlQp1N0e1403318027_1403318058.jpg


v5WsyWo6QoFllTj1403317956_1403317974.jpg
梅雨の季節だからカエルさんも居るよ


ぼっちゃん、ありがとう
ずっとずっと大好きだよ





   ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村




     
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪
みゅうちゃん、男の子だったんですね(^^)
いきさつも拝見しました。
ご縁があって本当に良かったですね。
ぼくちゃんとみゅうちゃんの関係、うちの娘たちととても似ています。
うちは、ひなこが猫ちゃんぽい性格でした。
いちごのベッドもお揃いですね♪

先にいった子が残った子の中に入ってる。
とてもよく分かります。
私も、ひなこの中にちびちゃんを感じました。

出たり入ったり。。。
そうですね、目には見えなくても側で見守ってくれていますよね。
今日はきーちゃんさんのブログにお邪魔してこころが暖かくなりました。
ありがございました(^^)
にゃんこは全く初めてだったので
性別の見分け方も分からなくて
すっかり女の子だと思っていたんです^_^;
家族中で驚いて大笑いでした~

そうですか、ひなちゃんとちびちゃんの関係に似てますか?
一緒に暮らしてたら種族は違っても
親友、或いは兄弟のようになるのかもしれないですね

野いちごシリーズが好きで冬用夏用揃えました
可愛いですよね♪

ぼくの言葉から、
旅立った子は遠くへ行ったんじゃなくて
飼い主がその子の事を思う時、
いつも傍に来てくれてるんだろうなと思っています
だから、ちびちゃんもひなちゃんも
いつもアールさんご家族の傍で見守ってくれてるんですよ
私達はあの仔達に心配掛けないよう頑張らなきゃ~ですね


ぼくちゃんとみゅうちゃん、
ホントの兄弟みたいですねe-446
みゅうちゃん、初めは華奢だったんですね。

どんどん大きくなるみゅうちゃんにも優しいぼくちゃん
にゃんこでありながらわんこルールも理解しているみゅうちゃん

どちらも素敵ですe-266

うちでは、すずe-415がこすずの体に入ってると思います。
すずe-415の“代わりに”来たこすずだけど、
最近、すずe-415のようにえらそ~になってきました。

昨日は、
ぼくちゃんに、ライチのケーキとクッキーと
オレンジの香りのお線香を差し上げましたよe-420
いつも命日に忘れずお気遣い頂き、ありがとうございます!

ぼく&みゅう、犬と猫なんだけど
ぼくから、親友だった、一緒に暮らせて幸せだった、と聞いて
とても嬉しかったです
どちらも優しくて賢い子ですね(親バカばんざ~い!)

すず❤ちゃん、こっちゃんに入ってる・・分かる気がするっ!
たぶんそうなんだと思います
すず❤ちゃんもこっちゃんと一緒にママを見守ってるんでしょうねe-343
ぼくちゃんとみゅう君が並んでご飯を食べている姿は、YPでもよく見ましたが、こうしてあらためて見ると、種を超えて仲良しなことがあふれ出ています。
階段の上から、お家の人の帰りをまだかまだかと待っている様子なんか、もう、こんなに慕われるとたまりませんね。
ぼくちゃんはみゅう君にお母さんをたくし、またみゅう君の中に入ってお母さんを見守っているんですね。
わんこもにゃんこもいいな~
たまちゃんも寝てばかりだけど、結構、私に気を使っているようだし、家族以上に思えることもあります。

客観的に見てると、ワンコとニャンコってどうなんだろ・・と思ってましたが
思い返すとよく隣同士で寝てました~
それって、お互いに心を許せる友だったんですね
確かに、みゅうはいつもぼくを探してたし、
ぼくが何をしてるかよく確認してたし
ぼくの事が大好きやったんじゃないかと思えます
私は感じなかったけど、お姉はいつもそう言ってたんだよ^^

AC、私は多分そうだろうな~と思ってたことも多く、
ぼくらしいな~と思える部分も多いので私は信じています
だから、我が家のぼく&みゅうは種族は違っても
本当に親友だったと思ってるの。

ひょんな縁でウチの子になったふたり。
これも必然の運命だったんですよね

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/131-217aab1e
<< 義母の入院、手術 | TOP | 紫陽花の花 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。