最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漠然と考えている事

しばらく ご無沙汰しておりましたが
まあまあ変わらず なんとかやっております

仕事が忙しく、今までの中でハードスケジュールでして
毎日ヘトヘトで帰って来てますが
毎年恒例の実家の家族での旅行や
娘2人と一緒に温泉に行ったり
スターダストレビューのライブに行ったり 
  ( ここで何回も書いていますが『木蓮の涙』が大好きです!)
お友達とランチへ行ったり
自分への ご褒美やお楽しみも ちゃっかり ありました

NFnhBQ5Ia2uIXUo1433949955_1433950330.jpg


そんな中、先週は おとーさんが仕事中に階段から転倒し
救急車で運ばれました
すぐ病院へ向かうと、ストレッチャーに乗せられて検査室から出て来たので
これは骨折か・・・? ヤバイな・・と思いましたが
打撲と右手中指を8 針縫う怪我でした
身体は左足全体 大きく腫れて青くなっています
一日休んで、次の日は病院、
その次の日からは普通に仕事をしています
頑張り屋なので痛くても無理をしているんでしょう

ちょうどその日は お姉が大阪から帰って来た日でした
ダンナさんが一週間の出張なので久し振りに戻って来る事になってました
荷物もあるから 梅田まで迎えに行って 買い物しランチして帰って来たら
おとーさんから 連絡があり 一緒に付いて来てくれたので 心強かったです

いつまでも若いと思っていても 何が起こるか分からないモノですね
身体は正直で 年相応になってきてるのかな
おとーさんは今年になってから たて続きに怪我をしているので
厄払いに行かなくてはと思ってる所です

そして だんだん人生の 終末を考え始めるようになりました
まだまだ先・・と思っていたのですが
そう遠くない未来になりつつあると感じています
何が起こっても不思議ではないですから・・

今の所 大きな病気はありませんが
2人に1人はガンになる時代だそうです
もし そんな事にでもなってしまったら どうなるんだろう
充分な蓄えがある訳じゃなし、
高額な治療費はどこからも出てこないから
痛く、苦しい思いをして無念な最期を迎えなければならないかもです
最近 身近な方々の そんな体験を耳にする機会も増えてきました


そこで、おとーさんが怪我をしたので保険の見直しをしました
ガン保険、入ってるのは入ってましたが
A社もB社も おとーさんが20代の頃の加入なので
治療をサポートできるような内容ではありませんでした
なので、今回、夫婦で新たにガンに手厚い保険に入りました
備えあれば憂いなし、です
保険は保険、本当は使わなくていいのが良いですね
皆さんもお身体には気を付けてくださいね

健康が一番大事、と つくづく思っています eoHXqCgTESI2ccK1432393971.gif




にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

紫陽花とぼくちゃん、見覚えがあります。
帽子をかぶっていたかな?梅、桜、季節の花とともにぼくちゃんがいますね。
お父さん、大事にいたらず、よかったです。厄年というわけではないですが、病気とけがは重なりますよね、特に昔の平均寿命を超えてくると、色々あります。
がん保険は、入っていていいと思います。
うちは明らかにがんの家系なので、皆入っていて、親の場合は、高額医療費と合わせてお釣りが来ました。
まあ、この歳になると、親の病気や自分の体力の衰えやらで、ふと将来のことが不安になります。真剣に向かい合わなくてはならない日も来るでしょうね。
これは3年前の今頃、チャリんぽで
綺麗な紫陽花を見つけて撮りました
そうそう、真っ赤のハットを被らせてたんだよ
つい最近のように思えるのに もう3年なんだね・・

気持ちは若いつもりでも、年には勝てません(笑)
いざと言う時、慌てないようささやかでも
準備をしておいた方が安心だもんね
そろそろ そういった事を含めて
先々を見つめなくてはと思っています

こんばんは

ご主人様、大変でしたね。大事に至らず、よかったです。
きーちゃんさんと同じ様に、私も最近
やがては来る、最期の時のことを考えることがあります。
極力周囲に迷惑をかけないようにと思います。
私が先なのか、主人が先なのかわかりませんが
いつかは一人になる日もくるかもしれない。
私が生きていたこともやがては過去になるし・・・。
死ぬことへの怖さはない。心配なことは残された人々の幸せ。どうか元気で頑張ってってこと。
がん保険見直さないとってうちも思っていたところでした~

紫陽花とぼくちゃん素敵ですね^^
そばに居るよ、と言う言葉と
ぼくちゃんのお首をかしげたお顔にうるっときちゃいました。
ありがとうございます^^
普段は元気そのもので鉄人のような おとーさんですが
今年は悪い事ばかり続いています
(3月も肩を骨折して治った所でしたv-356

出会いから35年も経ってるので空気のような存在ですが
一番気楽で 一番頼れる、かなぁ(^^ゞ
残る人生、子供達が巣立つと また二人に戻っちゃうね

ガン保険、これからは大事・・でしょうね
定期的に健診を欠かさず 自分でもマメにチェックしなくちゃね

ぼくの写真、過去のばかりで 寂しいです
載せる写真を探すのも 切ないですね
コメントありがとうございます

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/183-c051cfad
<< 幸せの お裾分け | TOP | 我が家にとって特別な存在 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。