最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

3年経ち、またあの子の気持ちを聞きました

ぼっちゃんが お引越しをして3年の月日が経過しました

それに先立ち、一周忌の時にも お世話になったアニマルコミュニケーターのMAYAさんに
また ぼっちゃんと繋がってもらって会話することができました
MAYAさんのブログはこちら→ 『 GOODBOY.アニマルコミュニケーション』

2年前にもMAYAさんと会話しているので
今回、楽しみにして待ち遠しい感じで待ってくれてたようでした
最初の挨拶で 「もう知ってるよ~」って明るく答えてくれたそうです(笑)
   前回の記事はこちら→ もうすぐ一周忌、あの子気持ちを聞きました 

質問1. ぼっちゃんは今どうしているのかな?
      もう生まれ変わってこの世に還って来ているのかな?
      もしまだ生まれ変わって無かったら
      また お母さんの所に来たいと思ってる?
        (ぼくとの別れが辛すぎて
         もう犬を飼いたいと思えなくなってしまったので)



       お母さんと強い関わりのある子と繋がってる
       兄妹みたいな魂・・
       ぼくと直結した魂は生まれ変わって無い
       生まれ変わりって複雑で、たとえ生まれ変わっても ぼくはぼく
       そして、生まれ変わってもエネルギーとして存在するんだ
       エネルギーの意識は永遠なんだよ

       「もし生まれ変わってもお母さんの所に来たい?」って?
       そんなの あったりまえだよー! 
       約束するよ
       それはすぐじゃないかもしれない
       今世じゃなく来世かももしれない
       お母さんに心の準備が出来たら ぼくが志願するから。
       お母さんの潜在意識に従ってる
       無理に探さなくてもいいんだよ
       前もそうだったように、直感を大事にしてね

       
        *お母さんと強い関わりのある子、と言うのは
          若い頃実家で暮らしてたミミ(ポメ×マルチーズのmix)
          だと思います
          ぼくと顔も姿も似てて
          よく母と 「ミミとそっくりやなぁ」って言ってました

          ぼくが1歳4ヶ月の時
          急にぼくが我が家にやって来ることになりました
          その子が家を探してるんだったら じゃぁ貰おう、と
          顔も見ず連れて来られたのが初対面だったのです 
               その時のブログです → 『 運命の子 』


質問2. お母さんは鈍感体質なので
      前回話してくれた、
      「これからも傍に居るよ」と言ってくれたぼっちゃんを
      感じる事が出来ずにいます
      どうしたらぼくを感じる事ができるのでしょうか?
 
      イメージしてくれればそこに居るよ
      心と心がつながっていれば
      目に見えるものだけが真実じゃない
      今迄通り、いつも通り話しかけてくれればそれで通じてるよ
      今もそばに居るよ
      時間、距離、場所は関係無いんだ
      思い出してくれた時はいつも側に居るよ
      次元が違うだけで紙一重の所に居るんだよ
      ぼくからは全部すべて見えてるんだよ
      スゴイでしょ?
      これはぼくだけの特権かな(笑)
        
      今の光景も一緒に見てるよ
      お花とか、季節の移り変わりも今も一緒に見てるよ
      お母さんと一緒に見てるんだよ

      瞑想するともっとぼくを感じれるよ
      深い深呼吸をして 目を閉じてリラックスして
      ぼくを抱っこしている形をして撫でたりしてくれると感じれる
      イメージすればいつでも傍に居るよ
      見えないけれど居るんだ
      信じる気持ちを大事にしてね



質問3. 今も逢いたくて逢いたくて、夢でも良いから逢いたいよ
 
      夢の中でいつも逢ってるんだよ
      覚えて無いだけで 深い深い眠りの中で逢ってるよ
      周波数が合った時お母さんの隣で抱っこして貰って寝てるんだよ



質問4. 一番楽しかった想い出はなぁに?

      海・・・砂浜じゃ無く、いきなり海で大きな岩があったところ
          
         * これは私も同じ事を思っていました
           初めて一緒に旅行した伊勢志摩の夫婦岩の事です
           とても楽しそうに、嬉しそうにしていました
           お出掛けは病院通いが多かったけれど
           これは本当に良い想い出になってます

z74iaK65qMUg6hD1457167269_1457167287.jpg
そうそう、大きな岩があったんだよね
      よく覚えててくれたね~


page2.jpg
      ペット同伴可のホテルで 家族と一緒にご飯
      わんこディナーを美味しそうに食べたね
      お利口さんでお座りしてました


YJK4IYSzNfx89lZ1457152263_1457152288.jpg
      ホテルの写真館で記念に撮影して貰いました
      この時は10歳9ヶ月
      今となっては宝物のひとつです

質問5. お母さんに何か伝えたい事はありますか?
   
       寂しがってるお母さんを心配してる
       今も心配してるんだ
       お母さん、頑張り過ぎて自分を抑え込まないで。
       我慢しないで自分を出せば良いんだよ
       お母さんらしく、いつも笑ってて。

       ぼくは家族の中、お母さんの中に生き続ける
       ぼくの言葉は お母さんが分からなくても
       誰か人を介して、
       たとえば TV でぼくと似た子を見たりして
       気づいて欲しくて伝えてるよ
       いろんな方向でぼくを伝えてるんだよ
       思い出しての光景じゃ無く、
       「もしかしてそうかもー?」の感覚を大事にしてね

       この世に意味の無い偶然なんて存在しないんだ
       すべて 運命の歯車がかみ合い、
       天の計らいによって
       最高のタイミングで物事が起きているんだ
      
       信じる気持ちがぼくのエネルギーを大きくするんだ
       お母さんを今も守ってる
       身体は小さいけれど ぼくの愛は大きいよ
       それはお母さんがぼくに与えてくれた愛と同じなんだよ。



ぼくはニコニコして目をクリクリしていたそうです
そして  いっぱいいっぱい話してくれました

優しかったぼっちゃんらしいなぁと思いました
心がほわっと温かくなりました

可愛い可愛い我が子でも
いつかは送り出さなければならない・・
頭では分かっていても いざとなると
想像を絶する辛さに 飼い主は身も心もボロボロになります
人にもよりますが 立ち直り方も立ち直る期間も様々です
その人なりのペースで良いと思います

    
ぼっちゃん、ありがとう
お母さん、ひとつ前に進めたよ
  

r5UcG0QA1noL2i81457186018_1457186028.png


_EJUB2N4XhCeqxW1457168085_1457168156.png
いつもこうして お母さんを見上げてたよね
お散歩まだかなぁ? とか  おやつくれないかなぁ? のお顔やね
お母さん、この目力に弱かったんだよね

ずっと ずぅーっと忘れへんで
忘れた事ない、忘れられへん
今も可愛い大切な存在やもん
今日は朝から何回も泣いちゃったよ

ぼっちゃん、もうすぐ桜が咲くよ
毎年お花見行って楽しかったね
ぼっちゃんが居なくなってから桜を見るのが辛いおかーさん
ぼっちゃん、桜咲く直前に行ってしまったから・・


TqXRIl75lgi_iF41458722882_1458722896.jpg


RsD2qcDl67R1l8a1458722932_1458722988.jpg
よく行くお花屋さんに いつもより少し大きいのを頼みました
ビタミンカラーで元気がでるように。






にほんブログ村 


にほんブログ村




                 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

3年経ちましたか。その間、止め処のない悲しみに襲われたことが幾度もあったことでしょう。いつもぼくちゃんのことを思っていて、きーちゃんは本当に愛情深いと思います。大切な大切なぼくちゃんですもんね。
こうやってお話ができるなんてすごいですね、なかなか感じられないけど、紙一重のところにいると言ってくれて、心強いです。
3年前は桜がお彼岸のころに早咲きして変な感じで、その直後に旅立たれたので、桜をみるとぼくちゃんの人懐こい姿を思い出します。今日も桜をバックにきーちゃん家を見守っているでしょうね。
ぼくちゃんからのメッセージ…
ジーンとして身にしみます
忘れずにイメージしていればいつもそばにいてくれのね
でも我が家は頭数が多くて大変だわ…

ぼくちゃん見ていると
本当にダイちゃんに似ていて血が繋がっているような気がする

私もダイちゃんとリロの気持ちが聞きたいなぁ~
私はいつもぼっちゃんを待たせていたけれど、
私がぼっちゃんを待ってたのはトリミングに行ってるたった3時間だけだったんです
それでも その3時間は待ち遠しくて長く感じてたのに
もう逢えなくて3年も経ってるんだな~・・
でもね、時間だけしか解決できない事もあるんだなと思うよ

MAYAさんには旅行の事も何も話して無いのに
「海・・大きな岩がある所」って言われた時は
本当に驚きました!
今もなお、私の事を心配して見守ってくれてるぼくなんだねぇ
いつも傍にいるよって言ってくれた言葉を信じて
いつも通り話しかけて美味しいものをあげて
ぼくを感じていたいと思います


非科学的なACは賛否両論ありますが
ぼくと会話できる事の喜びは私にとっては心の拠り所です
メッセージもぼくらしいな、と思います

ダイちゃん、リロちゃんも是非!
いっぱいお話してくれるよ

でね、「ぼくと似た子も居るよ」ってぼくが教えてくれたんだけど
その子ってダイちゃんじゃないかな?って思ってたんだ~
お空でぼくとダイちゃん仲良くしてるのかもね♪
お互いに「似てるよねぇ」なんて言いながら(笑)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/218-a0023d5a
<< 日々成長! | TOP | 飼い主との攻防戦? >>