FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

5回目の春

木蓮の花が咲き、桜の花の蕾が膨らんできて
春は すぐそこにやって来ています。

そして また、この日が巡ってきました。
大好きなぼっちゃんとお別れして5年。
いつまでも想って未だに涙してしまいますが
ぼっちゃん、こんな情けない おかーはん・・・しゃーないなぁ


3月3日、ぼっちゃんを引き合わせてくれた義妹と姪、
そしてウチの次女と そのお友達と、我が家でお雛祭りパーティをしました。
  (義妹と次女のお友達は偶然家が近く居酒屋仲間でした~)

そん時もね、また ぼっちゃんの話題になったんだよ

我が家に来る迄の1年余りは 元ママの経営するサロンの看板犬として
毎日 車で出勤していて人気者だったんだって。
その頃を知ってる義妹と姪は
 「手の乗るくらい小さくてホンマに可愛かったよ~」って。

でも元パパにはあまり可愛がられて無かったのか、
投げつけられて骨折し脚にプレートが入ってました。

元ママに「手放すから貰ってくれる家を探して欲しい」って頼まれた義妹は
「一番にお義姉ちゃんが思い浮かんだ」と 直ぐに連絡をくれたんだった。
私は写真も何も見ず、ヨーキーの小さな男の子という情報だけで
「その子が家を探してるんなら来てくれたら良いよ」
と、二つ返事で貰う事になったのでした。

縁があったんやなぁ。。

いろんな想い出を話すうちに義妹と私はポロポロ泣けてきて
「お義姉ちゃんが大事に大事にしてくれてたから
 あの子は幸せやったよ。」 って言ってくれた。
元ママさんにも時々様子を伝えてくれ、安心してくれていたらしい。

元ママさんの携帯の待ち受け、ずっとぼっちゃんのまま、って聞いて
お母さんも凄く嬉しかった。
  (もちろん、お母さんも そーだよ!)

ぼっちゃんの事、今も忘れず想ってくれてる人が居たよ。
良かったね、嬉しいね。
だって ぼっちゃんを育ててくれたママだもんね
ぼっちゃんの初めての大好きなママだったんだもんね。

そんな愛おしい仔と別れなければならなかった元ママさんも
本当に辛かっただろうな。
会いたかっただろうな。。
ぼっちゃんの気持ちを考えて
会いたい気持ちを封印してくれてたのだろう。

来てしばらくして 写真をパネルにして元ママさんに渡して貰い、
旅立った後も、ウチに来てからのお母さんのお気に入りの写真をいっぱい渡して貰った。
ぼっちゃんを愛する同じママとして そんな事くらいしか出来ないけど
ぼくを預けてくれた元ママさんには感謝している。
ぼくと会わせてくれてありがとう。


今日は祥月命日
5年前のこの日の事は時間刻みで覚えている。
今頃は・・・って思い返してしまうのだ。
その時々のぼっちゃんの顔も忘れられない。

時間薬・・・ぼくとお別れした後、あるお友達が言ってくれた。
5年経ち、ちょっとは効果出て来たのか、
流れる時間は 当時に比べ だんだん穏やかになってきている。
時々急流になって溺れかけてしまうけど、それは、、、許して貰おう。


仲良くして貰ってるワンちゃんが3月18日に天使になってしまい
突然の事だったのでショックを受けた。
まだ10歳になったばかりのマルチーズの可愛い男の子、純ちゃん。
ぼくと同じ肺水腫で、当日の朝も元気にしていたのに
急変というのも同じで 時季も同じで
ぼっちゃんの この日と近くてリンクしてしまい、
胸が張り裂けそうだった。
その時の純ちゃんの苦しさ辛さが分かるし
ママさんの気持ちも痛いほど分かる。

パパに抱かれての旅立ちを選んだのは
彼の精一杯のお別れの仕方だったのだろう。
あの子たちは どこまでも健気で親思いで優しい。
まさに天使。

お別れは耐えられない悲しさ、寂しさ、受け入れ難い現実と葛藤しなければならない。
これが現実なのか悪い夢をみているのか分からなくなってしまい、
その喪失感に脱け殻のようになってしまう。
いつかは見送らねばならないと分かってはいるけれど、
そのとてつもない大きな悲しみと闘うエネルギーは果てしなく、
時間も凄くかかる。
と同時に あの子の存在の大きさと愛の深さを改めて思い知る事になるのだ。



辛い時、ACでのぼっちゃんの言葉を思い出している。
「悲しみの涙ではなく、楽しかった事を思い出して笑顔で泣いて欲しい」って。
「頑張り過ぎないで」って
今もお母さんの事を心配してくれてるなんて、ダメダメかーさんだな

  ACを ご興味ある方はこちらをご覧ください。
   ☆1年目の命日 前半
   ☆1年目の命日 後半
   ☆3年目の命日

tsrd1R_sfjQfsxc1522154589_1522154747.jpg





EXA460pQZlORbnY1521731038_1521731196.jpg
お花は今年もお父さんが買ってくれました。
おやつもチョイチョイ置いてくれます。
買ったり頂いたものは まず一番にぼっちゃんにあげるのが我が家です。
お空組の皆で食べてね


いつものお花屋さんで頼むのですが、
たくさんスタッフさんが居るのに
なぜか いつも同じ人に当たる。
毎日必ず居る訳でも無いのに、
これも不思議だなぁと思います。
「ワンちゃんのやね。心込めて作りますね」って言われました。
嬉しかったです。

YwHq78MlFhBU6dQ1521730661_1521730717.jpg



さてさて、最後に最近の我が家は・・

息子くん、入籍は昨年に済ませてますが
来月 結婚式をするので
また留袖を出して準備しなくちゃ、です。
当日の美容院や着付けの予約をしたり・・・。
他に何もしていませんが、
親族がお祝いに来てくれるので
ちょっとばかり気ぜわしくしています

そして8月に彼はパパになる予定です。
我が家にとっては二人目の可愛い孫に会えるのを楽しみにしています。
気の早い あーちゃんは抱っこひもやベビーベッド、おもちゃ など買ってしまいました(笑)


ぼっちゃん、家族が増えるよ
そのベビたんの分も見守っててね
無事 元気に産まれて来てくれますように。

玲仁ちゃんは2歳8カ月になりました~
足が速くて追っかけるのが大変です
「ちゅきー(好き)」って言ってくれます
メチャメチャ可愛いです
すっかりばばバカですね(笑)


長文、ありがとうございました。




にほんブログ村



にほんブログ村





<
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/252-51563f92
<< 桜の季節に想う | TOP | 今年も行けた 旧家族旅行 7回目 >>