FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

本来、の居場所に・・。

ご無沙汰しておりました。
残暑お見舞い申し上げます。

7月末に長男に無事、元気な男の子が誕生しバタバタしており、
8月は熱中症になったり、最近では副鼻腔炎で苦しんでおり
点滴の毎日を過ごしておりました。
今は回復し 何とかやっています。
この夏は本当に暑くバテていた私です。
何回か下書きした記事はあったのですが、中途半端で投稿に至らず
ホッタラカシ状態で終わってしまいましたが
自分の心の整理の為にも残しておきたく久々にパソコンに向かいました。


不思議な出来事があって・・・
次女のお友達2人(霊感があるそうです)、私は会った事無い人達ですが
春の息子の結婚式に映っている私の写真を見て、
「お母さんに影が見えるけど、何か心に抱えてはる?」と聞かれたそうです。
嬉しい日で笑顔のはずなのに影が見えてたそうです。
自分では何も実感はありません。
そして
「ワンちゃん居る?」と。
5年以上前に亡くなってるけどお母さんの悲しみが大きくて
今も家で側に置いてると答えた次女に、
「早く納骨をしてあげて欲しい」と、お友達は言ったそうで、
「何故かは お姉さんが知ってはるよ」と。
  (長女と、お友達とは全く面識はありません)

それをお姉ちゃん(長女)に言うと
「そう。だから、お母さんを守りに来てるんや。」と言いました。
月一ペースで実家に帰って来てるのは私を守る為・・?

前にも言ったかも知れませんが長女は霊感があります。
体調を壊して病院で検査しても原因が分からずでしたが
小学生の頃からずっと苦しんできた、であろうと思います。
高額なお祓いも何回もして貰ったけれど無意味でした。
鈍感な私は全く分かってないけれど、彼女は家を守ってきてくれました。
そして、今も何かを感じて私を守っているそうです。
その長女は、「お母さんの気の済むまで仕方ないけれど
本当は納骨して、ちゃんとぼくに居場所を作ってあげたら良いのにと思っていた」そうです。

正直な気持ちは私が旅立った時、一緒に入れて貰いたい、でした。
しかしながら、それは絶対してはならない事であります。
ならば、ぼっちゃんをちゃんとした本来の場所に送ってあげるのが
今の私がしてあげられることなのか・・・?
ぼっちゃんはどう思うだろう?
ぼっちゃんの気持ちは?
ぼっちゃんはどうして欲しい?
このまま手元供養をしていたらダメなのか?
私の一人よがりで ぼっちゃんを苦しめていたのか?
ぼっちゃんは辛かったのか?

いろいろ考えて考えて、 2018.8.27、ぼっちゃんを納骨してきました。
ちゃんと送り出してあげなきゃ・・

X2MHNyw6Z2evvvB1535787552.jpg


page.jpg
和尚さんに来て頂いてちゃんと供養もして貰いました。
次女が連れて行ってくれました。

北白川動物霊園は比叡山のふもと、
京都市内からは少し山側に入るので
自然に囲まれた緑豊かな静かな所です。
市内では最大級のペット霊園として、数人の知人のペットちゃんも眠っています。
寂しくなったらいつでも行ける距離でもあり、ここに決めました。
当日も何組かの方がお参りに来ておられました。


お別れしてから5年5カ月
やっと踏ん切りがつきました。
というか、無理やり つけました。

ペットが旅立てないのは、飼い主の執着(悲しみや、亡くなっても一緒に居たいという気持ち)
であり、その執着がペットを解放できず、極楽浄土まで行けない原因にもなる。
そういった意味で、納骨することが成仏と大きな関係を持つ。
ペットの居場所、安眠する場所を作ってあげる事が大事。
本来の居場所を作ってあげる事、
そしてまた、生まれ変わって幸せな犬生を生きれる様に願う事。

最後のお別れはやっぱり涙が出ました。
こうしてあげる方が ぼっちゃんの為だと分っていても寂しく思いました。
本当にこれで良かったのか・・・?
帰った後も落ち込んで いろいろ考えてしまいました。

いつも話しかけていたぼっちゃんは居なくなったけど
ぼっちゃんは いつも側に来て見守ってくれてると思います。
ぼっちゃん、ずっとずっと大好きだよ。
また、いつか絶対会おうね。





にほんブログ村


にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

きーちゃん、お久しぶりです。
7月、8月と連日、東京も経験したことのない蒸し暑い日が続いたので、京都はさらに酷暑だったことでしょう。熱中症や副鼻腔炎で大変でしたね。暑さ寒さも彼岸までと言うので、次第に楽になってくると思いますよ。
長男さんのところのお孫さんのご誕生、おめでとうございます。家族が増えて、ますますきーちゃん家は繁栄、様子をアップしてくださいね。
ぼっちゃんのことですけど、私も納骨されたことはよかったと思いますよ。
私の知人でお父さんのお骨を7回忌経った後も納骨しない方がいて、親族との関係でお墓に入れない、ちょうどいい場所にお墓を買えないなど、色々理由をつけていますが、故人の安住の居場所はお墓で、仏壇では落ち着かないだろうと、口には出せませんでしたが。。。
北白川ペット霊園、きれいで緑多く静かなところですね。観音さんにも癒されます。ゆっくりお休みできると思います。お友達も大勢います。いつでも会いに来れる距離だし、お家でも魂はそばにいてくれますよ。

私の方ですが、ちょうど2年前にこの歳で正社員で入った会社を、8月末で退職しました。この10日間は有給で、ぐだぐだ家にいるので、たまちゃんが様子が違うと不思議がり、まとわりついています。昨年の12月にメニエール病が再発し、4月にはめまいがおさまったのですが、左耳の中等度の難聴と耳鳴りは続いています。会社は昨年の秋口から売り上げがよくないことで、グループ会社の親会社に目を付けられ、社員の多くは、私も今年から他のグループ会社と親会社に出稼ぎ出向し、それぞれ職場環境や企業文化が違うので疲労したのだと思います。医者は右耳は正常だし、左耳の難聴のレベルでは全く日常生活に差し障りはないというのですが、10人中2人くらい、声の質で聞きとり辛くコミュニケーションに難を感じる人がいて、それが親会社の人だったりすると気まずく、ストレスになっていました。しばらくのんびり養生すればよいのですが、転職エージェントから求人の紹介がきたりすると、そわそわしてしまって。。5年ほど前に、前々社で異動があってからどうもついてなく、それこそ霊感のある人に見てもらいたいなと思うこともあります。
休んでいる間に、また、京都の神社仏閣、庭園を見に行きたいです。

こんにちは
こんな不定期放置ブログに早速ご訪問頂きありがとうございます(^O^)

いつかはちゃんとしてあげなきゃ、と思ってはいたけど、ちょうど良いきっかけだったのかも知れません。
こうでもなきゃ、まだズルズルしていたでしょうし、踏ん切りがつかなかっただろうな。。
次女のお友達が言ってくれたのも、長女が守っていてくれたのも意味があったのだと思っています。
今なら、やっと素直に聞けた自分がいました。
これで良かったんだと。
ちょっとホッとしました。

本当は、みゅうに「どう思う?ぼっちゃんは何か言ってた?」って聞いてたんだよ(笑)

tamanyazi さんも仕事で転職や出向やらで気苦労でしたね。
長い間働いてこられて頑張って来たんだもの、少しは心も身体も休養されては・・と思いますが、なかなかそうは行きませんね。
これが良いタイミングだと思って一息入れてください。
身体も悲鳴をあげ、信号を送ってますよ。

私も急にいろいろ弱い処が出て来て、猛暑も加わり散々な目に合いました。。
どんなに一生懸命頑張った所で体がボロボロになっても会社は面倒見てくれないし、結局は使い捨てで、自分が辛い目に合うだけなので考えなきゃ~な、と思っています。
と言いつつ、古い人間なのでいい加減な事は出来ないですけどね。

お互いもっと健康に気を付けて走り過ぎないようにしましょう。
人生、まだこれから長いですよ♪
ご無沙汰ばかりしています…

きーちゃん、体調どうですか?点滴に通うのもしんどいですよね( ゚Д゚)
ホント、今年の夏は暑すぎましたよね。じっとしているだけで、汗が噴き出してきてましたもの(苦笑)

新しい家族が増えたのですね…おめでとうございます!益々、賑やかになりますね(^^♪

ぼっちゃん…納骨してきたのですね…とってもいい所じゃない(#^.^#)お友達が沢山いて、ぼっちゃん、走り回ってるのでしょうか…北白川にこんな立派なペット霊園があるんですね。会いたいと思ったら、きーちゃん所からなら、あまり遠くなくて、いつでも会いに行けるね!!!

でも、5年5か月…月日が経つのは、ホントに早いとビックリしてます。

納骨しても、傍に居ます。いつも見守ってくれています。生まれかわって、巡ってきてくれるかもしれません。

不思議な力…これは、本当にあるのだと、信じてます。(私は全然無いですよ(笑))
次女さんのお友達、長女さん…きーちゃんを見守ってくれているのですよね。氷がじんわり溶ける様に、きーちゃんの悲しみが少しづつ癒えるのを待ってくれていたのですね…

悲しみは、忘れる事は出来ないけど、偉大なる時間が、ホントに少しづつですが、癒えていくのは、不思議ですが、事実ですよね…

その悲しみを持って、きーちゃんは前に歩いて行かなければね。それが、先に旅立ったぼっちゃんに報いる事だと思います。

リン、15歳(迷子猫だったので、推定です)を過ぎました。毎日、いつ見ても寝ています。元気だけど、階段の上り下り、普通に歩いていてもよろけます。
私達家族は、いつもリンと居ました。これからあとどれ位一緒にいられるかわからないけど、しっかりと見守って、その「時」を迎える様に、心の準備を始めました。
子供達、まだ幼稚園や小学校低学年の時に我が家に迷い込んできました。20年居た先住猫さんを見送って間が無かった私は、反対したのだけど、子供達がギュっと抱いて離さなかった。「あなた達が大人になるまで、リンと楽しく過ごせる?」と聞くと二人揃って泣きながら「うん」と言った子供達と抱っこされてるリンの事、今でもついこの前の様に思い出します。
リンを見送る大きな仕事が私達には待っているのだと、日々、思いながら、リンを抱っこしてます(笑)

動物達って、すごいですよね…私達に色んな物をくれる…

毎日、大切に過ごしましょうね(*^▽^*)
こちらこそご無沙汰しております。
今年は地震や台風で とんでもない年になりましたね。
被害は大丈夫だったでしょうか?

私の方は ほぼ回復し、ぼちぼちやってます。
ありがとう♪

我が家の2番目の孫がやってきて、本当に賑やかになりました。
その事は次の記事に書きますね!

ぼっちゃん、もうすぐ5年半になります。
長くかかってしまったけれど
やっと、やっと送ってあげる事ができました。
お姉も、お友達もそう言ってくれたのも  今だからこそ素直に聞く事ができたのだと思うし
今だから意味があったのだと思っています。

どんな形であれ、ぼっちゃんはいつも側に居てくれてると思うし
今でも大事な存在であるのは変わりありません。
みゅうと共に、いつも支えてくれてると思います。

そっか、リンちゃんも15歳を迎えましたか。
一緒にいる楽しい日々は早いよね。
迷い猫ちゃんだったリンちゃんが、たくなぎさん家の家族になったのも、そういう運命にあったのだし、幸せをいっぱいくれてるよね。
うちのみゅうさんも10歳を超え、人間より歳をとるスピードが速くて、1歳4ヵ月で来たのに 9年で私の歳を越してしまいました。
たくなぎさんと同じで、あと何年一緒に暮らせるかは分かりませんが毎日愛情をかけて楽しく過ごしたいと思っています。
大事な大事な家族ですもの。
何でも分かっていてくれてる気がします。
一日一日が大事だと、つくづく思ってます。

コメントありがとう
お返事遅くなってゴメンね~

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/260-05451355
<< 初宮参り | TOP | 断捨離 >>