FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

ぼく からの返事

8月末に ぼっちゃんを納骨しました。
お別れしてから5年5ヶ月の月日が経っていました。

そのことについて、
これで良かったんだと言う思いと、
ぼくは寂しがっていないか、悲しいと思っていないか 気になり
アニマルコミュニケーションをしてもらいました。


  お母さんが考えて決めた事だからそれで良いよ。
  寂しいとか、悲しいとかナイよ。
  だって、いつも側にいるから・・。
  ぼくはここに居るよ。
  いつも側に居るよ。


お骨が無くなった以外は今も写真など飾っているけれど
どんなことをして欲しい?

  ん。。ないよ。
  ・・あっ、笑顔かな?
  笑顔を見せて欲しい。
  笑顔で話しかけて!それだけ。



そうなんや。。。
そういえば、以前にACして貰った時、
「お母さんの笑顔が一番好き」って言ってくれてたっけ。

2年程前から 勤務体勢が変わって 就労時間が長くなり、
今まで2人でしていた仕事を1人でやらなくてはならなくなって
毎日ヘトヘトぐったりで、帰って来て家事すると疲れ果てている。
子供達は自立して行き、生きがいが無くなってしまったりで
笑顔が減って来てたのは確かだなぁ
ぼっちゃんは、何も要らないけどお母さんの笑顔が見たいって・・
側に居てくれてる時と同じように笑顔でいなアカンなぁ。。
あの頃は毎日楽しかった。
幸せだった。

  最期、酸素室でワンワン吠えてたのは
  今までありがとう、
  ぼくは先に行くけど元気でいてね
  大好き、ありがとう!
  そして、ぼくが居なくなった後のお母さんが心配だ、
  泣かないで、と伝えたかったんだ。
  最期の最後、お母さんの腕の中で、嬉しかった、幸せだったよ。


  ぼくね、お母さんの子で幸せだった。
  「ぼっちゃん、ぼっちゃん」 って いっぱいいっぱい、
   いっぱーい可愛がって貰った。
  たくさんたくさん愛して貰った。
  もう慰めてあげる事も、
  そばに行って元気づけてあげる事も出来なくてゴメンね。
  でも、ぼくとお母さんは特別な関係なんだよ。
  特別・・、恥かしいけど伝えてね、お母さん、きっと喜ぶから・・。
  だから絶対また会えるんだ。
  きっときっと会えるよ。
  そしたら一番に抱きしめてね。
  会えたらギューって抱っこしてね!
  ぼくはいつもそんな気持ちだよ。
  ずっと大好きって事。
  いつも側に居て見てるよって、
  お母さんに そう伝えてね。



次女にこの ぼくからの返事を見せたら泣きだした
「今日、ぼっちゃんの事ずっと考えてたんや。
 ぼっちゃんは可愛いかったなって。
 会いたいなって。」

次女もぼく大好きで自分の部屋に飾ってあるぼっちゃんの写真を見て
今日も想ってくれていたそうだ。
その夜に たまたま この返事を見せたから驚いていた。




コミュニケーターの方が
「ぼっちゃんは舌をペロッとする癖がありましたか?」と聞かれた。
最後に写真を見たら一瞬見えたそうだ。
次女と、確かにあったと驚いた。
首を左右に傾げるのもしていたらしい。
間違いなく ぼっちゃんだ

YbM7U53II23aDNF1540010672.jpg

8LPrPtTJiYBYuHD1540010430.jpg

r0zBIr29Gz1ddH11540010367.jpg

HhVCMCPQCBrtlCG1540010618.jpg

J_l630exmVTCQfZ1540010285.jpg

xrRL9ErT9u_ToU01540010709.jpg


qWs2gtoEhBaJ9l41540010535.jpg
ペロッとしてる写真、たくさんあります。


4w1uJzqjT9N3KKT1540013586.jpg

fNV8pqwYrtfwpa61540013796.jpg
首を傾げて話を聞いてる写真もいっぱいあります。
その姿がとても可愛いくて癒されました。


ぼっちゃん、呼ばれたらちゃんと来て いっぱい話しをしてくれたんやなぁ。
お母さんに伝えたい事があったから良かったと言ってくれたそうです。
ぼっちゃんの印象は、可愛い、優しい、暖かい、伝えたい事がある、
だったそうです。
とても素敵な子でした、と言って貰えました。
コミュニケーターさんも、うるうるしながらお話されたそうです。

ACについては 人それぞれの考え方、捉え方があると思います。
ですが、私はこの手段しかぼくの気持ちを知ることが出来ないのです。
納骨した事をどう思ったか聞きたかったので納得しました。


納骨した方が良いって言ってくれた次女のお友達、、
その人達に今回のACでぼくが話してくれた事を伝えてくれるよう
言っておきました。



raWxb8m4aJoWf3E1540127252.jpg






にほんブログ村


にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

ぼっちゃん、本当に優しくていい子ですね。
納骨しても、心はいつもそばにいるから、寂しくも悲しくもなく、お母さんや家族を見守っている、お母さんが心配で、笑顔でいてと、そうだよね、ぼっちゃん。
ほんとに、ぼっちゃんのお母さんを愛しく思う気持ちが伝わってきます。舌をちょこっと出して、斜めに顔を傾けた姿、とってもかわいいです。きーちゃんも安心して日々過ごしてください。
秋も深まりました。たまちゃんは基礎疾患の甲状腺機能亢進症が原因で嘔吐したり、呼吸が荒くなることがあり、月1は病院通いです。私は8月一杯で退職してメニエール病の後遺症の左耳の難聴と耳鳴りを補聴器による治療を始めて、ゆっくり半年1年かけて焦らず気長に行っていくつもりです。暇で仕方ありませんが(笑)。(これまでのメディカルライター/エディター業はとても根をつめて、もう体力的に厳しいので、次にもし働くとしたら穏やかな環境があればです)。きーちゃんは私と同世代で、この数年仕事が大変になっても頑張ってこなしていて、とても偉いなと思います。
お母さん、ご家族、お孫さん、みゅうたんはお元気ですが。10月も下旬、11月は京都は観光客で賑やかになりますね。私もまた神社仏閣・庭園の鑑賞観光に行きたいです。
うんうん、ぼっちゃんは本当に優しい子です。
そして賢くて思いやりがあって よく出来た子でした。
あっ、未だに親バカですね。

これで少し安心できたし肩の荷も下りました。
そして改めてぼっちゃんの今もなお 深い愛を感じる事ができました。
一歩前に進めます。

たまちゃん、毎日服薬してるのかな?
ママがしっかり付いててくれてるので心強い事でしょう。
これ以上病気が進まず穏やかな日々がすごせますように。

そしてtamanyaziさん自身も大きな変化があったのですね。。
自分の体は自分で守るしかないですよね。
今まで頑張って来たのだから、回復に努めてください。
おっしゃるように、焦らず、気長に、ですよ。

私も何度も辞めたいと思ってきたことか。。
疲労とストレスで顔にまで湿疹が出来たり、
体も右半身(特に肩、腕)が痛いです。
この夏は点滴の毎日でした。
もう体力も頭も限界かなと感じます。
でも、仕事の事を考えると 急には辞められないのと、
思いきりが無い為、辞める勇気がないのが現状です。
で、今のままではムリだと言う事が分かって貰えて
新しく人を入れてくれる事になりました。
なので、もう少し頑張ってみます。
もし辞めたら今度は のんびりした所が良いな~
無いか!(大笑)

みゅうも元気にしてるよ
時間が無く、なかなかPC開けないのでネタはあっても書けないのです(~_~;)
こんばんは(*^。^*)

ぼっちゃん、ホントに優しい子ですね…あらためて、痛感しますね…
きーちゃんの事が、心配で、思いを伝えるすべがあって、いっぱいお話ししてくれたのでしょう…ACという手段で、思いのたけが聞けるのは、本当に、素敵な事ですもの(*^▽^*)

ぼっちゃんの一番の願いの「お母さんの笑顔」をたくさん見せてあげてくださいね。

お仕事…大変!
tamanyaziさんも、大変!
無理せず、ボチボチですね。
私も、お仕事、辞めたいですが、なかなか…

でも、長女が来月、京都の大学を受験します。(公募推薦はちょっと厳しいらしい)この件が落ち着いたら、なんだか、子育てが大きな区切りになりそうな気がしています。

ぽっかり、穴があきそうなので、色々と趣味を見つけようとして、あれこれ、始めています(笑)

リンと二人の夜…静かに時間が流れます。
仕事やバイト、塾からみんなが帰ってくるのは、ホントに遅いですから…

来年、無事に二人とも大学生になったら、我が家は家計が大変ですが、元気にここまで大きくなってくれた事に感謝しています。

みゅうたん…ぼっちゃんの分まで、おかあさんの傍にいてくれるんでしょうね…

きーちゃん、ボチボチ、楽しい時間を見つけて過ごしましょうね…(笑)
こんばんは♪

ぼっちゃん、ほんまに優しい子です。
ぼっちゃんに限らず、どの子も皆 飼い主さんの幸せを願っているんだろうと思います。
話せないだけで思っているんやろね。
ACの方のように 感じ取れたら良いのにな^^
ええっ??
娘ちゃん、京都の大学ですか!
たくなぎさん家、立派に子育てされたんやね~。
近いから通えるのかな。
どんどん子供が成長していってくれるのは頼もしいですよね。
子供の成長が親の幸せです。

リンちゃんと2人で過ごす夜。
それもまた、より一層 絆が深くなるでしょうね。
今、を楽しんでください。
私も みゅうと楽しく過ごしています。
一緒に居られる日々が愛おしいですね。

コメントありがとう&遅くなってゴメンね!


ぼくちゃん、納骨したのね
手元供養はダメなのかしら?
霊感がある人って何が見えたんだろう??

亡くなった子のACって亡くなってから〇年って期限があったりするけれど・・・
5年以上経っても大丈夫だったのね
よかったね

うちの子たちは飼い主と同じ場所に飼い用散骨するようにしてる
できれば全員見送ってから一緒にって思っているから~
それまでは手元供養
とは言っても、きーちゃんみたいにお供え物もしないし手を合わせることもしてないんだー
よくないことなのかなぁ?
コメント、ありがとう!
久し振りにPC開けて、今 気付きました~(^o^)/

私も気が済むまで一緒に居ようと思ってた。
気が付いたら5年5カ月・・
どうする事が ぼっちゃんの為なのかなと考えて悩んだけど
ちょうどそのタイミングだったんやね
手元供養は自分が元気でできる時は良いけど
何があるか分からないじゃない?
最近友達が急逝した事もあって
ぼっちゃんの事はちゃんと区切りをつけておいて良かったと思った~。
何か肩の荷が下りた気がしてるよ。
と、言っても今まで通り話しかけてるし
ぼっちゃんも側にいるよ、って言ってくれたし今までと変わりは無いよ。

供養にはそれぞれ思いや考え方があるので
手元供養がダメとか特に無いと思う。
その人が思うやり方で良いと思う。
我が子を想う気持ちは 方法は違っても 皆一緒やと思うから。
ママちゃんのように同じ場所で、って言うのは最高なのかも、と思う~^^

ACも人それぞれ捉え方があるけれど
どんな方法ででも繋がっていたいと私は思ってる。
ある意味 自己満足の世界かもしれないけれど
ぼくの言葉なんやろな、と信じています。

お返事遅くなってごめんね~(*^_^*)

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/264-20cc9ebd
<< 幸せな日々 | TOP | 旧家族旅行8回目 (親子4世代) >>