最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼく、天使になりました

3月23日、PM11:50
ぼくは天使になりました
おかあさんの腕の中で、苦しむことなく、本当に眠るように穏やかな最期でした

ぼくを可愛がってくださったお友達の皆さん、ありがとうございました




23日はトリミングの予約をしてあったので朝から送って行き、
帰りのお迎えはチャりんぽで、途中に桜が満開だったので写真を撮って2時頃帰宅しました
スッキリ綺麗な男前になってました
_NBLW8vRa6iZfBk1364071735_1364072037.jpg


zE2uCLmzXslPErU1364070883_1364070920.jpg
ぼくとおかあさんの写真は、お花見してた方が「せっかくやし二人で撮ったげよう」って撮ってくれました


家に着き、お水を飲んで、おやつをパクパク食べて嬉しそうでした
が、少しいつもと違うかな・・って何故か思い、
2時半頃「お散歩行こっか~?」と誘うと
ワンワン♪」といつも通り喜んで行く気満々だったので
気のせいかな、と思いましたが、近くの電信棒まで行ったら帰ろうとしました

3時過ぎから呼吸が苦しそうになり小さく鳴きだしました
あいにく息子が前から「車を使うし、帰って来るのも遅くなる」と大阪へ行ったので
4時過ぎ、一刻でも早く病院に行かねばとタクシーで向かいました

電話をしておいたのですぐレントゲン室へ
肺水腫を起こしていました
肺が真っ白で、胃も空気を吸いすぎて膨張してました
「危険な状態」と利尿剤、抗生物質、気道を広げる点滴をされました
でも酸素室に入れられた時もまだワンワン!と元気はありました
そのうち落ち着いてくれるかも・・
病院に来たから大丈夫かな、と思いつつもイヤな胸騒ぎはしていました

ぼくは何回も利尿剤と強心剤の注射を打たれましたが我慢してくれました
しかし、息はどんどん荒く激しくなり、辛そうに立っていました
横になると肺が圧迫されてよけいしんどいので立ってるしか無かったのです

先生は11時まで点滴をして様子をみますと言ってくれました
持ち直す子は利尿剤に反応して肺から水分がでて楽になるそうですが
ぼくはいくら利尿剤を打たれても反応してくれず
呼吸数も1分間に50回くらいになりました
それでも、意識はしっかりしていてまん丸なお目々でじっと見てました
この時、きっとぼくはもう長くは無いと感じていたのだと思います
ずっと、ずっとおかあさんを必死で見てました

よろけて立ってるのもやっと、目も虚ろになりかけたぼくでしたが
10時半頃、吐血
覚悟を決めて酸素室から出して抱っこさせてもらいました
「お家帰ろうな~」と言うと、しっかり目を開いておかあさんを振り返って見ました
大好きなお家に、家族が待ってるお家に帰りたかったんやね
ずっとおかあさんを見てたのは「抱っこして~」だったのか
おかあさんもこの手でいつものように抱っこしたかった

8時頃は39・4℃で熱があったのに、もう体温は低下して冷たく感じました
血液の循環が十分じゃなくなってきたようです

でも抱っこしたら、しっかりお目々も開いて元気な顔に戻りました
兄が仕事帰りに迎えに来てくれ、ちゃんと目を開いて見ていましたが
それで安心したのか、また朦朧としてきました
きっと、おかあさんが一人じゃないって分かったのでしょう
息も絶え絶えで苦しそうなぼくに
「もう十分頑張ったよ、もう頑張らんで良いよ、ありがとうね」と声をかけました

そしてついに小さな命の灯火は静か静かに消えてしまいました



今日は眠れそうにないのでぼくの隣でこれを書いてます
お気に入りのいちごのベッドで寝ています
今にも起きそうに安らかな綺麗なお顔です





『愛する宝物のぼくへ』

ぼく、10年間ありがとう
ぼくと過ごした10年間は本当に楽しかったよ
あっという間だったね
ぼくが来てくれて本当に良かった
おかあさんの側に来てくれてありがとう
いっぱいいっぱいの思い出をありがとう

ぼくの笑顔が活力だったんだよ
家に帰ってきた時笑顔でワンワン喜んで、
クルクル回って全身で嬉しそうに迎えてくれた時、
疲れも飛んで、おかあさんは幸せやったよ
世界一可愛いぼくと一緒に暮らせて
世界一幸せやったよ

毎日毎日呪文のように「ぼっちゃんは可愛いなー、大好きやで~」って一日何回も言って
「また言ってる」ってあきれた顔していたね
しつこいようだけど、心からそう思ってた

だんだん心の準備をしなきゃ・・と思いながらも
ぼくが居ない生活なんて考えられない位、
ぼくはおかあさんの全てやったよ

どこへ行ってもいつもおかあさんの後ろを着いて来てストーカーみたいやったね
寝ててもいつもおかあさんを目で追って見ていたね
だって、いつもどんな時も目が合ったもんなぁ
これからおかあさんはどうしたら良いのかなぁ

「ぼっちゃん、みゅうちゃん、行ってくるで。お仕事やしお利口さんで待っててな~」
「ぼっちゃん、みゅうちゃん、ただいまー!賢くしてたか?寂しかったか?ごめんな~」
おかあさん毎日こうしてお仕事行って、帰ってきたなぁ
いつもふたりで見送ってくれて、迎えてくれた
お昼休みもふたりに会いたいから帰ってきてたんやで
これからも、やっぱり、ぼっちゃん・みゅうちゃんって呼ぶんやろな

いつかおかあさんも、ぼくの側に行くから
虹の橋で待っててな
それで真っ先におかあさんを見つけてな
約束やで


長い文章、最後まで読んで頂きありがとうございました


関連記事
スポンサーサイト

コメント

タイトルを見て、信じられませんでした。先週はお散歩の姿がアップされていたのに、急なことで悲しみで胸が張り裂けそうです。
きーちゃんさんが、この約半年のぼくちゃんの病状、そして昨日の様子をつぶさに記録し、向かい合ってきたこと、本当に立派です。
ぼくちゃん、この1年はとくによく病気と闘ったね。ゆっくり休むんだよ。昨日はトリミングに行ってすっきりしたこと、満開の桜のしたでお母さんと一緒に写真を撮れたこと、お母さんの腕の中で眠るように穏やかに最期をむかえたこと、お母さんとたくさん過ごせてよかったよ、昨日が平日でなくてよかったよ。いつもいいこだから、神様がそうしてくれたんだよ。
きーちゃんさんの悲しみ、喪失感を思うと、本当に言葉に表せない悲しみで胸がいっぱいです。気持ちに素直に悲しむだけ悲しみ、時間はかかるかもしれませんが気持ちの整理がつき受け入れることができるようになったら、またアップして下さい。昨年の11月のことを思い出します。関西に行くことがあったら連絡します。
ぼくちゃん、みんなのことを見守っていてね。いつでもお母さんのそばにいてね。
こんばんは。
ぼくクン突然のことでビックリしました。
いつも可愛い笑顔のぼくクンv-344
アリスママはぼくクンが大好きでした。
ゆきと同じで心臓が悪いと聞いて心配してたんですが、お正月も元気そうだったし、元気なんだと思っていました。
まさか、こんなに突然天使になるなんて・・・。

記事を読んで涙が止まりませんでした。
ゆきの事を思い出しまた涙・・・。
ぼくクンはきーちゃんの家族みんなに愛されて
きっと幸せだったと思います。
最後まで大好きなきーちゃんに抱っこされて、どんなに安心だったでしょう。
世の中には大切なペットの最後を看取れない飼い主さんがいっぱいいる中、ぼくクンは最後まで親孝行な子でしたね。
今頃はゆきとお空で仲良くしてるかな?
可愛い笑顔が見れないのは辛いですね・・・。
今はぼくクンの為にいっぱい泣いてあげてください。
tamanyazi さんの報告で見にきました。
ぼく、辛いのにがんばったね。最後までママのそばにいられて幸せな一生だったね~
ご冥福をお祈りします。
ぼくちゃん、小さな小さな体で頑張ったね~
きーちゃん頑張ったね~
親子二人三脚でいっぱい頑張ったね~

何度も何度もこの記事を読み返しては涙
ブログやヤフペの写真を何度も見ては涙・涙

どれもとびっきりの笑顔のぼくちゃん
家族の愛情をいっぱいいっぱい受けてたんだな~ってつくづく思う
亡くなる数時間前の写真も笑顔だもん
幸せな犬生だったんだよね

でも、あまりにも早すぎるよ~
急ぎ足で逝ってしまったのもママのことを想ってのことだったのかなぁ

危険な状態って聞いた時も
息を引き取ったって聞いた時も
最期の写真見せてもらった時も
頭では理解するんだけど心がついていけてない
ただお昼寝してるだけで
「おかあしゃん~お散歩行こーーっ」って起きてくるんじゃない?って・・・

ずっとずっと会いたかったのに・・・
会うことはできなかったけれど
ぼくちゃんはずっとずっとクッキーママの心の中にいるから~
さよならは言わないよ

さびしがり屋で心配性のぼくちゃんはママのことが心配でたまんないだろうけど、きーちゃんにはたくさんの応援隊がついてるから~
ぼくちゃんはゆっくり休んでね

きーちゃん~
辛い時にブログUPありがとう
どんだけ涙しながら書いたかと思うと胸が締め付けられる思いだよ

それでももう少し落ち着いたら、ぼくちゃんの蔵出し写真やエピソード待ってるよ
突然の事で、ホントにびっくりです。
tamanyaziさんが、連絡くれました。
記事を読むのに、涙で時間がかかりました…

ボクちゃん、よぉ頑張ったなぁ~
かぁしゃんに抱っこしてもらって、安心してお空へ行けたんちゃうかなぁ~って思います。
ホンマ、お利口さんやったなぁ~ 偉い、偉い!!
ゆっくり休むんよ!

きーちゃんさん…
大変でしたね… 言葉が見つからない(;;)
でも、最期まで2人でデートできたんですね…
そんなに元気だったから、覚悟しやなと思いつつも、突然の事のようで、心の整理がつかないと思います。
ボクはきーちゃんさんの傍にいますよ!元気がないと心配してると思います。

ゆっくりゆっくり、時間を過ごしてください。
それと、いっぱい泣いて、ボクといっぱいお話してあげてください。

また、来ます…

ボクちゃんおご冥福を、心からお祈りします… byリン&たくなぎ

こんなに早く逝っちゃうなんて思って無かったよ

でも、ぼくは小さな体で十分過ぎるくらい頑張ってくれたよ
たぶんおかあさんの為に頑張ったんだね
その頑張りを見てるのもかわいそうだった、辛かった

おかあさんがお休みの土日を選んだのも
ぼくが奇跡を起こしたんだと思う
先生が12時まで見ますと言ってくれて
ちょうど計ったように終わりを告げました

ぼくもおかあさんに抱っこされて安心してくれたと思う
大好きなぼくとの別れは悲しいけど
私が傍に居られた事は良かったです

いろいろありがとうございました
ご無沙汰しておりすみませんでした
コメントありがとうございます

ぼくは昨年5月に心臓肥大が見つかりずっと闘病生活でした
今年に入ってから進行が進み、
もうそんなに長くはないと言われて・・・
覚悟はしなきゃとは思ってましたが
咳込む以外は元気にしてたので
急にこんな事になって驚いています

アリスママの仰っしゃる通り、大事な我が子の最期をみとれる事はありがたい事ですね

ゆきたんも最後の頃は毎日病院通いで
ママさんは一喜一憂の日々でしたね
私もゆきたんの最期は大泣きしました

今頃はゆきたんと遊んでるかな~
ご無沙汰しておりました
コメント頂きありがとうございます

我々人間よりは短い命だと分かってはいるけど
やっぱり悲しくて寂しくて辛くて苦しくて・・

小さいけれど大きな存在だった事を改めて実感しています

病院で心細い時も、亡くなって傷心の私をいっぱい支えてくれてありがとう

こんな悲しい結果になったけど
毎日咳き込んで苦しそうだったので
これでもう苦しい思いをさせなくて良くなった
おとうさんとしみじみ、
「ぼくは本当に可愛い子やったな~」って言ってるの

見送るのは辛いけど、飼い主としての責任だもんね
今まで我が家にたくさんの幸せをくれたぼくには
感謝しかないよ

まだまだ時間はかかるだろうな~
すごくすごくぼくを愛してたから。。。



ご無沙汰しておりすみません
コメントありがとうございます

もう長くないと言われていて
心の準備をしなきゃとは思ってはいたけど
こんなに早いなんて驚きでした

ぼくはかわいそうなくらい精一杯頑張ってくれました
私たち家族に幸せをたくさんくれた天使でした
もう、苦しい思いをしなくていいので
ゆっくり休んで欲しいです

泣いてばかりのダメダメかあさんを見守ってくれてるかもしれませんね
ちょうど1週間後…
会えるのをすっごく楽しみにしてたのに…

会う日を決めた頃はまさかこんなに早くとは思いもしなかったよね…
その頃には洛西辺りも桜が咲くだろうからぼくちゃんの調子が良かったらちょこっとでも小畑川沿いの桜の下をお散歩出来たらいいなぁ〜
なんて思ってたのに…

だけど最後にぼくちゃんに会えてホントに良かった
ホントに眠っているような穏やかなお顔で
最期はきーちゃんの腕の中で安心出来たんだろうね〜

ぼくちゃん
いっぱいいっぱいよく頑張ったね
もう苦しいことは何もないからね〜
ゆっくり休むんだよ〜

ぼくちゃんはずっときーちゃんのそばにいるし
私の心の中にも、ぼくちゃんを愛するみんなの心の中にもずっといてくれてるよ

ぼくちゃん
ホントに今までいっぱいいっぱいの笑顔をありがとう
ホントにね、まさかこんなに早く逝ってしまうなんて・・
会おうと決めた頃は元気だったし、3月末だって全然大丈夫と思ってた
でも、ふたりの間で空いてる一番早い日に予定を入れたんだよ
少しでもぼくが元気にしてるうちに、と思って。

私も、その頃は小畑川公園が桜でイイ感じじゃないかと楽しみにしてたよ。
同じ事、思ってたね

最期のぼくに会いに来てくれてありがとう
メッチャ勇気いったと思う~
そこまでしてもらえて感激、ホンマありがとう!

弱いおかあさんの為にぼくが繋いでくれた縁だと思ってる
なんせ、ぼくは気ぃ遣いの心配性だったから。
五月三十日に愛犬が旅立ちました。
寂しくて、寂しくて・・・この気持ちを理解して下さる方は居ないものか・・とブログを徘徊しておりましたとき、こちらへ辿り着きました。

虹の橋でまっていてくれると思いつつも、まだまだ時間がかかりそうです。
お仕事しておりますが、帰るのが本当につらいです。

お家にはまだ一つ年上のワンコもおりますので、一生懸命その子の分も愛してあげなければ・・。

お互い頑張りましょうね。
ご訪問頂きありがとうございます

そうですか・・愛犬ちゃんとお別れされて日も浅く、
悲しく、寂しく、お辛いですね
まだまだ信じられないとお察しします

2か月経ちましたが、悲しみは深まり切なく苦しい日々を過ごしています
未だに逢いたくて抱っこしたくてたまりません

悲しい時は無理せず、思い切り悲しんで思い切り泣いた方が立ち直りも早いと聞きました
辛いって事は、あの仔をそれだけ愛してたって事ですから。。

そして、そばに居てくれてるワンちゃんを大事にしてあげてください
その仔もきっと寂しい思いをしていると思います

私で宜しければいつでも話に来てください
なうべく溜めこまない方がイイと思います
私もここで聞いて貰って随分救われています

愛犬ちゃんのご冥福をお祈りしております

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/30-d05a5c66
<< ありがとうございました | TOP | ぼくの病状 ⑤ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。