最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました

昨夜、家族の見守る中、ぼくは旅立ちました

最後の最後、もう一度ぼくを抱っこしてほほずりして
「ありがとう」と言いました
いつものように頭もなでなでしました

冷たく固くなったぼくだけど
「おかあしゃん、じゃあね」って言ってくれた気がしました

これで本当にぼくとはお別れになってしまいました
Ncqo8PZ1Ig9wnVb1364290537_1364290972.jpg
ヨーキー仲間やYPのお友達から素敵なお花を頂きました
失礼ながら敬称略させて頂きますが、皆様ありがとうございました

ぼくはたくさんの人に可愛いがって頂いて幸せやったね、と感謝です
遠くから駆けつけて来てくれたお友達、
電話やメールで元気づけてくれたお友達
ぼくが繋げてくれた絆で、おかあさんはどれだけ救われてるか分からないよ
弱虫のおかあさんの事を思って、ぼくが見守ってくれてるのかも知れないね
お花やメールが届く度、涙涙のダメダメおかあさん
またぼくに心配かけるかな。。



亡くなった23日にトリミングに行く時、一旦車に乗ったおかあさんだけど
もう一度家に戻り、ビニールのチャック袋を持ってきました
あと何回トリミングに行けるか分からないけど
とりあえず、今日のぼくのカットした毛を残してもらおうと思ったのです
ぼくのものは捨てられたくない、と。

まさか、これで最後なんて思ってもいなくて
トリマーさんに頼んで残しておいてもらいました

虫の知らせだったのでしょうか
これがぼくの遺品になってしまいました
LW_ySgifcrCDUZk1364291189_1364291220.jpg


みゅうも、病院から帰って寝てるぼくを何回か不思議そうに覗き込んでました
いつもご飯を一緒に食べるのに最近はひとりで寂しそうにも見えます
何か違うと分かっているのか、ぼくを探しています
落ち着きなくうろうろしています
みゅうはぼくのことが好きだったんだもんね
おかあさんのそばに居る事が多くなりました
ぼくの代わりをしてくれてるのかな
「おかあしゃんを頼むで!」ってぼくに頼まれたのかな
みゅうもおかあさんを心配して気遣ってくれてるようです

家の中のあちこちにぼくのグッズがあり、見るたび切なく
行く場所場所にもいつもくっ付いてきた甘えん坊なぼくだったので
ここでよく座ってたなぁ
ここで家族を待ってたなぁ
ここがお気に入りで寝てたなぁ
おかあさんの行動を読んで先回りして賢い子やったなぁ
と、ついつい思ってしまい胸が苦しくなります

ぼくが居ない悲しさ、寂しさ、辛さ、苦しさはまだまだ消えそうにはありません
それどころか、これからどんどん増すばかりでしょう
夢でもいいから会いたい会いたいおかあさんです




☆追加 (3月29日)

ぼくが亡くなる一週間程前から、友達が心を込めて写経をしてくれてました

少しでも病気の進行が遅れ、一日でも長生きできますように、
もし、この世を去らねばならなくなっても苦しまず安らかでありますようにと。

この、手間のかかる般若心経を6枚も書いてくれてました
本当にありがたい事です、涙涙です
6F9JXCK9AoVh8kf1364571897_1364571932.jpg

ぼく、おかあさんはたくさんの人に支えてもらって何とか生きてるよ
ぼくが居なくなってセピア色の世界だけど、
出口が見えずもがいてるけど、少しづつ歩いて行かなきゃね




ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

YP時代から仲良くして貰ってる ヨーキー仲間のクッキーママさん
最期の日、まだお家にいて ちょっと容態がおかしい?
と思って様子を見てた時、
病院で治療を受けてて心細い時、
・・・・そして神様の下に返って行って落ち込んでる私を支えてくれました

ぼくへの想いを記事にして下さいました
ありがとう!

☆ 天使になったぼくちゃんへ


スポンサーサイト

コメント

ぼくちゃん、大好きな家族に見送られて
今頃はたくさんのお土産のおやつをウマウマしてるかなぁ~

ぼくちゃんのカットした毛のこともそうだけど
最期の日に親子ツーショットで写真撮ってもらったり
その日が日曜日だったり
すべて偶然とは言い切れない何かを感じる~

ぼくちゃんのものがあると、それを見ては涙し
片付けて見えなくなると涙し
思い出しては涙し・・・の毎日なんだろうと思う

ぼくちゃんは心配するかもしれないけど
泣きたいだけ泣いたらいいと思う
どんだけ泣いても涙って枯れないんだもんね
「もぉ~おかぁしゃんったらしょうがないな~」ってぼくちゃんもわかってくれるよ

まだまだつらい日が続くとおもうけど
食事と睡眠だけはちゃんととってね
みゅうちゃんも心配するからね~
ブログとぼくちゃんのアルバムを見返しています。お目目まん丸で首をかしげた舌べろんちょの笑顔、お利口で気遣いにあふれたぼくちゃんを愛おしく思います。今は虹の橋のたもとでお友達と遊んでいるかな。
こちら側に残されたものは辛いです。姿が見えないってことは、すごく寂しい、苦しい・・・でも、ぼくちゃんは千の風になって、お家のあちこちをお母さんの後を追っかけているよ。ほら、そこにいるよ。
私は実家の犬や母とこの世界での別れがあったとき、どう乗り越えてきたか思い起こしています。大切な人を失った人の思いや手記を読んで、気持ちを同化させたりしたと思います。折に触れ、あんなことがあったなと思い出していました。でも、悲しみなく思い出せるようになるまで何か月も、母の場合は2年はかかりました。
悲しみは当分続き、よく寝付かれない夜もあるかもしれません。きーちゃんさん、今、無理をして頑張ろうとすることはありません。悲しい気持ちに率直にしたがっていいと思います。でも、どうか、身体をこわさないよう気を付けて過ごしてください。辛くなったら、その思いをブログやYPにつづってください。応援団がついているからね。
ぼくクン、とっても可愛い笑顔しか思い出せません・・・。
きーちゃん、大丈夫ですか?ちゃんと休んでますか?
きっとずっとぼくクンとの思い出は消えません。
お空の上でずっとご家族を見守っててくれてますよ。みゅうちゃんもぼくクンがいない事が不思議なんでしょうね。
私もゆきが天使になってもう少しで半年が過ぎようとしてるのに今でもゆきを思って涙がでます・・・。辛いですよね・・・。
みんなに愛されたぼくクン。きっとお空でお友達と楽しそうに走っていることでしょう。
ぼくクン、きーちゃんの夢に出てきてくださいね。
そして、ゆっくり休んでくださいね。
アニマルコミュニケーションの方のお話で、
飼い主さんがペットを選ぶんじゃなくて
ペットが飼い主さんを選んでやってくるって聞いたことがある
実は飼い主さんとの出会いも別れも選んで来てるそうだよ

そして、どの方も言われるのが、
自分たちが亡くなった後、飼い主さんを悲しませてしまったのが辛い
飼い主さんと暮らせて幸せだったということ、
そして何時でも会いに戻ってこれること、
なんだって

お別れの時はサインを出してくれる仔もいるんだって
そしたらぼくの場合はおかあさんにトリミングで毛を貰うようにしむけたり、
写真を撮ってくれるように伝えたりしたのかな~

信じない人もいるかも知れへんけど
動物たちにはそんな能力を持ってる気がするよ

いつかぼくの『旅立ち』をちゃんと受け止める事ができたら良いな








きーちゃん
全然ダメダメじゃないよ
私でもきーちゃんから亡くなったってメールもらってからずっと泣き通しで
今日になってやっとコメント出来るほどになったんだから。。。
大事な大事な愛する我が仔を亡くした悲しみはそんな簡単に癒されるものじゃないから。。。

お仕事もあるし、お家のこともあるし、なかなかゆっくり心を休めることも出来ないだろうけど
涙が出る時は無理せず泣いていいと思うよ
辛い気持ち、悲しい気持ち溜め込んだらだめだからね〜






今日も帰って来た時、ぼくが居なくなったんだと言う現実を思い知らされました
いつも玄関を開けると「ワンワンッ!!!」
2Fのリビングに上がって行くと入口で待っててくれました
「お帰りー!待ってたよ~」と、とびきりの笑顔で迎えてくれました
今はそれがなく、シーンと静かに誰も待っててくれません・・

こんな時ぼくだったらこうしてただろうな、と何かにつけて思ってしまいます

ぼくが居て当たり前の10年間だったので
ぼくが来るまではどんな生活だったのか忘れてしまいました
休日はどうして過ごしてたのかな
ぼくの居なくなった休日はどうして過ごしたら良いのかな。。

ぼくのブログやYPを見て頂いてありがとうございます
家族以外にもこんなに思って頂き、ぼくは幸せですね
ぼくと過ごした10年間は本当に楽しかったです
幸せ過ぎるくらい幸せでした
その分、辛さも同じ位あるのかもしれません
幸せと辛さはセットになっているんだと気づきました

まだ5日しか経ってないのに
会いたくて、ぎゅーと抱っこしたくてたまりません
叶わない夢ですね
ぼくに会えないもどかしさ、寂しさ、切なさ・・
この苦しさはいつまで続くのでしょうか

ゆきたんとぼく、元気になって一緒に走り回っているかな

私の事もご心配くださりありがとう
昨日から仕事に行きました
家にいる時は涙が溢れてたまりません
ママさんもゆきたんとお別れして半年近くですね
お互いゆっくりいきましょう
いつか笑って思い出話ができるようにいいね
ぼくがもし居なくなったら写真を見るのが辛いから・・
居る間にアルバムを整理しようとやりかけてたんだぁ

まさかこんなに早く逝くなんて思ってもいなかったから、
亡くなるちょっと前にそのプリント注文してたのが3日程前に届きました
もう、そんな事すっかり忘れていたから
それを見ても泣けてきた・・

休日もぼくが居てくれたから楽しかったけど
これからどうして過ごそうかなぁ
ぼく中心の生活やったんや、と改めて思ってます
写経をしてくれた方がいるんですね。
すばらしいお友達です。
みんなぼくちゃんのことが大好きなんです。

うちに帰ったときお迎えしてくれるぼくちゃんの姿が見えないって、本当にさびしいです。
ぼくちゃんは急ぎ足で去って行って、おかあしゃん、悲しい思いをさせてごめんね、っと言っているでしょうね。

お友達から亡くなったペットとのその後のエピソードを聞きました。またメールなどでお知らせします。

少しでもきーちゃんさんの気持ちが楽になりますように。
ぼくが居なくなって1週間が過ぎて、寂しさや悲しみが増すばかり…やんね…

私が実家で飼っていた犬が居ました。
私が小学生の時に子犬でやってきた柴犬の雑種。
17年一緒に暮らしました。
庭にいたその子は、私の足音を聞きわけ、門扉に飛びついて待っていてくれていました。
その子が居なくなって…私は家に帰るのが嫌になりました。
だって、出迎えてくれるその子が門に飛びつく音が聞こえないからでした。

20年一緒に暮らしたネコちゃんが居なくなったとき、もう2度とネコちゃんとは暮らさないと泣きながら彼女が使っていたトイレや座布団を片付けました…

その後にやってきたリン!

リンは私達を選んでくれたのね?(^^)

きーちゃんさん、ぼくとお話してますか?
いつも、ぼくはきーちゃんさんの側に居ますよ。
無理しないでくださいね…

写経をしてくれたお友達…
素敵ですね…
本当に素晴らしいお友達です
ぼくの為に忙しいのに貴重な時間を裂いて書いてくれてました
真心いっぱいこもってました
本当に感謝です

みゅうもおかあさんを気遣って近くにいてくれるよ
この子が居てくれて助かる部分は大きいです
周りに支えてもらいながら何とか生きてるよ

いつも気に掛けて頂きありがとうございます
そう、リンちゃんは偶然でも何でもなく、
たくなぎさんご家族を選んでやって来たんだよ
先輩ネコちゃんが天使になって
沈んでるたくなぎさんに逢う為に生まれてやって来た運命の子だと思う

どの飼い主さんとわんちゃん、にゃんこちゃんは出会うべきして出会ってるんだね
この子達は残念ながら人間よりは短い命を、日々精一杯生きてるんだよね

ぼくとお別れしていろんな後悔もあります
もっと、こんなことしておけば良かった、こんな所へも
一緒に行きたかった・・
今は写真に話し掛けてるよ
朝、起きたら「お早う」、「行ってきます」、「ただいま」
寝る時は「お休み~」って。
どこに居ても「ぼっちゃん、お花綺麗に咲いてるで。見えてるか?
おかあさんに付いて来てるか?」って。

当分、辛い日々が続きそうです

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/31-45092926
<< ぼくを思う日々 | TOP | ぼく、天使になりました >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。