最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかあさんのお友達

日曜日、友人のMちゃんが来てくれました
ぼくが亡くなった頃、Mちゃんの実家のおかあさんの検査が続き、
余命宣告されたそうです
若い時、お兄さんが亡くなったので今は彼女が面倒を見ています
仕事の合間に京都と滋賀と行ったり来たりしながらは大変です
また、娘さんが独り立ちし家を出て行った事と重なり
Mちゃんも大変な時期だったのに
「こんな時に支えてあげられなくてごめん・・」と言いながらも
毎日私の事を心配してくれるメールをくれてました

ぼくが寂しがりなのを知っていて、よくウチでお茶をしてたので
ぼくもMちゃんに慣れてました


家に入って一言め、「うん、犬の匂いがしてる」

Mちゃんは少なからず霊感があります
そして、「もっと美味しいものが食べたいみたい」と。

毎日お肉かササミをお供えしてるけど?

Mちゃん「それもいいけど、いつもきーちゃんと一緒に食べてたパンとか、
      好きやったけど食べたらアカンかったものとか」

そういえば毎朝、私のパンを欲しがって隣の椅子に座って食べてたよー

Mちゃん「そうそう、それ。きーちゃんの食べてるものを
     きーちゃんと一緒に食べたいねん。」

パンもディニッシュ系のものとか、メロンパンとか、とりあえず
私のを欲しがって好きな好みが一緒やな~って言ってたっけ。
それと、アンコも好きでおまんじゅうも一緒に食べてたワ

Mちゃん「そんなの今まで食べられへんかったから
     供えてあげたら良いんやで
     今はなんでも食べられるし」

そうだった、ぼくは4歳くらいに肝臓を悪くして
それ以来ずっと療法食ばかりで美味しいものを食べてない
トッピングのお肉やササミを先によって食べて、あとは仕方なく食べてたんだよな~


uqiicbVgQyyWAwW1365604538_1365604572.jpg
     今年3月、ナデナデ~されて嬉しいぼっちゃん


Mちゃん「前の飼い主さんに連れてこられてここに来たけど
     ぼくはこの家に来てもの凄い大事にして貰って感謝してると思う
     きーちゃんの傍に居れて幸せやったって」

自分では普通に当たり前のことをしてたつもりやったけど
Mちゃんから見たら、べた可愛がりをしてて深い愛情でそこまでする人は珍しい、と言われた
そうかなぁ、飼い主は皆こんな感じやと思ってたけど・・

Mちゃん「ぼく、来た時は人間不信みたいな、心を閉ざした仔やったけど
     だんだん表情が出て顔も変わってきたよね
     嬉しそうな良い顔になってきたし、どんどん男前になってきた
     きーちゃんの愛情のおかげやと思うで」

うん、確かに来た頃の写真とは違う仔みたいやな~
1歳5か月で来たから大人になったんちゃう?

Mちゃん「ホンマは服とか写真もイヤやけど、
     きーちゃんが喜んでるから我慢してたナ」

えっ?
それって、飼い主が子供でぼくの方が大人やーーん
でも、そんな気がする。当たってる。。たぶんね

Mちゃん「きーちゃんにいつも合わせてくれてたやろ?」

うんうん、そうや。付き合ってくれてた・・合わせてくれてたなぁ

Mちゃん「優しくてスゴイ賢い仔や
     なんでも分かってて、こんな親思いの去り方ができるなんて
     奇跡に近い
     したくてもなかなかできひんけど、すごい何か力を持った仔やな
     ぼくの人徳(犬徳?)やなー!」

そうやなぁ、悲しい結果やけど理想的な別れ方かもしれへんと思ってる

E1r_FXSCEKzzTsj1365605224_1365605257.jpg
2~3歳の頃の写真をボードに貼り付けて飾ってました(7~8年前作成)



Mちゃんは2年前の夏、13歳の柴犬モモを亡くしてる
3週間寝たきりで、家族4人で交代してお休みとって毎日ついてあげてた
ご飯も食べず、お水も飲まず、スポイドでスポーツ飲料飲ませて
おちっこ、うんち君も寝たままで介護も大変やったらしい

Mちゃん「モモは我がままな仔やったから寝たきりになって
     お世話は大変やった
     ぼくはそんな姿をきーちゃんに見せたくないし、
     心配かけたくなかったんや
     だからその日も、普通通りやってトリミングまで行ったのに
     急に死ぬようにしたんやろな

     きーちゃん、私みたいに、
     寝たきりになったぼくを毎日見てられるか?
     きっと泣いて泣いて傍に付いてるやろ?
     ぼくは、きーちゃんをそんな目に合わせたくなかったんやで
     この仔もそれを見せたくなかったんや
     
     ぼくは長くないって自分で分かってたと思う
     酸素室でのワンワン!は『ありがとう!』って言ってたと思うよ」

私は酸素室での苦しそうな顔がフラッシュバックして可哀そうでたまらん。。

Mちゃん「きーちゃんの気持ち一番分かってたのはぼくやし、
     ぼくは幸せやったと感謝してるで
     きーちゃんが少しでも元気になってくれるのを願ってると思う」

928_RkPZNtLAQI61365605380_1365605412.jpg
           生前、お気に入りの写真で作ってました

9a44whYeI0YNUmm1365610456_1365610494.jpg
亡くなる直前にアルバム整理してて、亡くなってから届いた写真で作りました


お昼すぎから夕方まで、泣いたり笑ったりいっぱい話して
ぼくの気持ちも代弁してくれた
帰りがけ、「好きやったパン、食べさせてあげや」とMちゃんは帰って行った


2時間ほどしてピンポ~ン!
今頃だれかな、と出てみたらMちゃん
パンとおまんじゅうを買って持って来てくれた
家で夕食の準備をしてからわざわざまた来てくれたらしい
「きっとパン買いに行かへんやろ思って」と。
私が引きこもって何処も行ってないのを知っていたようだ

何て良い人なんやろ~とポロポロ泣けた
友達ってありがたいなぁ
息子君の保育時代のママ友だから16年位のお付き合いだ
何も言わなくても分かってくれてる
ありがとう


そうそう、この日の朝、玄関にトイプーの小太郎君ママから
お手紙とお供えものが置かれていた
ぼくや私の事を思って書いて下さったお手紙、暖かいものを感じた(涙)
小太郎くんは、ぼくが居なくなってからも私を見つけたら待っててくれる
その気持ちがとても嬉しい

ぼっちゃん、おかあさんはぼっちゃんの人徳のおかげで
たくさんの人に支えてもらってるで
弱い泣き虫かあさんやけど、そばに居ててな~

CQmsFa0xpHQlsmI1365605600_1365605894.jpg
      みゅうもいつもおかあさんと一緒に居てくれます

ホンマにぼっちゃんが「おかあしゃんを頼む!」って言うたんか?と思う位
みゅうはおかあさんをサポートしてくれてます
ありがとう、感謝です



関連記事
スポンサーサイト

コメント

やっぱり泣きながらのコメ読みです(泣笑)

ぼくちゃん、パンが好きやったん?あんこもなん?
療法食やったら、物たりひんかったやろうなぁ~
でも、おかぁしゃんはぼくちゃんの体の事を思って出してくれているってわかってるから、ちゃんと食べてくれてたんやなぁ~ やっぱりすごい賢い仔や!!!
今ならいっぱい食べれるから、ぼくちゃんと一緒にきーちゃんさんもいっぱい食べて、体力、気力をつけなくては…

聞けば聞くほど、すごい絆やと思います…
だから、なおさら寂しいよね…

でも、聞けば聞く程…ぼくちゃんは傍にいて、話かけていると思います。おかぁしゃん、大丈夫ぅ~ってね。

心の許せるお友達がそばにいて、ありがたいですね。
みんな、色んな事を乗り越えてきているから、気持ちがわかる…
素敵なお友達、大切にしてくださいね。

また、来ます!!!
今朝お仕事行く前に時間あったから開いたら更新されてて読んだんだけど、お化粧も全部終わってるのにまた涙涙だったよ。。。

ほんっとに素晴らしいお友達ですね〜
一度帰ってからまたパンとお饅頭を届けてくれるお友達ってなかなかいないと思う〜
写経してくれたお友達とか小太郎君とママとか、きーちゃんの周りには素敵なお友達たくさん…
それってやっぱりきーちゃんの人徳でもあると思うよ〜
やっぱり人徳のある人には人徳のある人が寄るんだね〜

みゅうちゃんもおかあさんが元気ないのを心配してるんだろうね〜
動物同志感じ取ってる部分って絶対あると思うし
ぼくちゃんの気持ち引き継いでると思う〜

10年もの間一緒に過ごしたんだもん
悲しみが癒えるのはそれ以上かかると思うよ〜
まだまだ辛い日々だと思うけど体も心も壊さないようにね…
Mさん、小太郎ママ、写経をしてくれた方など、身近に優しいお友達が居るのですね。皆さんがおっしゃるようにきーちゃんの人柄がこういう素晴らしい方々を引きつけているんですよ。
ぼくちゃんの最期は、やはり奇跡的だったと思います。うちの実家の犬は、死期をさとり自分から居なくなったので、その後2、3年は戻ってくるのではないかと、もどかしい日々を過ごしました。
ぼくちゃん、心臓は苦しかったでしょうけど、そんな様子も見せず寝たきりの介護にならず、お家の人に面倒をかけることもなく、本当に気遣いに溢れたいいこです。それはきーちゃん家にきて、一杯の愛情を受け、とても幸せだったからだと思います。姿が見えなくなっても、いつもそばにいて見守っているでしょう。
みゅう君、貫禄が出てきたね〜頼もしいよ。しっかり、お母さんの力になってね。頼んだよ!
ぼくはパンが大好きやったよ
先にぼくにご飯をあげて、食べてから私が食べる、
と言う作戦やってんけど
私が食べだしたら自分のは放っておいて
私の隣の椅子に座らせて~と手を掛けて来て
座らせると、あのクリクリお目々でじっとみつめられた~
アカンと思いながらちょこちょこあげてたよ
早く食べ終わらないと残ってるのがあると待ってたから
私も急いで食べて(笑)
「もうナイよ、終わり~」と空の袋を見せると納得してました
毎朝これの繰り返し。。

今はゆっくり食べられるけど、物足りひんわ
でも、ぼくの前で話しながら一緒に食べてるよ

他にも、アイス、ポテチとかも大好きで
「何食べてんの?おいしいの?」って顔で見るの
とにかく私が食べてたら寄って来ました

何をしてても思い出して寂しすぎるよ

お友達の存在、本当にありがたいです
朝の忙しい時に来てくれてありがとう
こんなつたない、文才のないブログやのに
ぼくの事思ってくれて嬉しく思います

Mちゃんが、酸素室のワンワンは「ありがとう!」って言ったんやでって言ってくれて
少し救われた気がしたよ
私には「苦しいよー、助けてー!」に思えて
どうもしてあげられなかったのが悪くて
あれが気になって心に引っ掛かってたんだ
前向きに捉える事で1つ気持ちが落ち着きました

何かの本で、ペットは飼い主に最後の力を振り絞って
お別れの挨拶をするらしいと読んだので
ぼくもそうしてくれたのかなぁと思う~
そう思っとこうかな^^

私には人徳は全くないよ!
弱い泣き虫だからきっとぼくが守ってくれてるんだと思ってる
ホントにねぇ、周りは良い人たちに恵まれて感謝です
ここでのお友達も、ぼくとみゅうが繋いでくれたご縁だと
ありがたく思ってます
みゅうが来てなかったらtamanyaziさんとも会えてなかったもんね

『全ては必然であって偶然ではない』って言葉があるように
ぼくは、残るおかあさんにとって納得せざるを得ない去り方?っていうか、
病院でできるだけの事をしてもらったけどこれがぼくの運命だったと思わせてくれました
変な言い方だけど、私にとっては理想的なお別れにしてくれたんやな~と思えます
最期は私の腕でだっこして・・が叶ったから
そういう場面もちゃんと作ってくれました
Mちゃんの言うとおり、奇跡の積み重ねで
ぼくの持って生まれた力があったと思います

本当はね、どんな別れ方になるんだろうって心配だったよ
仕事から帰ってきて一人寂しく苦しんで逝ってしまってたらどうしようとか思ってたよ
傍に付いててあげられて良かったと思います

実家のゴンちゃんはゴンちゃんで、そうすることが
tamanyaziさんご一家にとって最善と考えたのかもしれないよね
待つ方はお辛かったと思いますが。。。
それぞれ、出会いも別れもペットたちが決めるらしいからね

みゅうの中にぼくが入ってる?と思えるような事があり、
4年近く一緒に暮らした2人なりに気持ちが通じてたのかなと改めて思ってます



コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/34-9f9370cd
<< いつもそばに。。 | TOP | ぼくを思う日々 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。