最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての月命日

今日は初めての月命日

大好きなぼっちゃんが逝ってから1か月
まだ1か月しか経ってない、もっと長いような気がする・・

でも、ぼっちゃんとお散歩したり
チャリんぽ行ったのはつい昨日のような感じもする・・

写真を見るのも辛い
でも、ぼっちゃんを見たい
と、矛盾した気持ちのおかあさん

写真の中のぼっちゃんをナデナデして
「ああ、やっぱりぼっちゃんは居なくなってしまったんや」と
写真のぼっちゃんを抱きしめてまた涙
もう会えへんねんなぁ
もしも、願いが叶うならぼっちゃんに逢いたい


J7sQ9ShSiQvzRUQ1366548417_1366548611.jpg


rWhKlxKZX9bcI2S1366553354_1366553554.jpg


jkUJW3sgXRikzMB1366553728_1366553919.jpg

毎日、こうして待っててくれたぼっちゃん
ひょこっと顔をのぞかせて待っててくれてた

「ただいまーー!」と言うと、すごい笑顔で迎えてくれたなぁ
おかあさん、このお迎えで疲れも吹っ飛んだんやで

7rJNLrVFdCIrHVn1366550521_1366550551.jpg

この場所をついつい今でも探してしまうよ
今もこうして待っててくれてるんじゃないかと思ってしまう

ドアの剥げた傷は、冬の時期おかあさんが帰って来たとき
「早く開けてーー!」っと、待ちきれなくてガリガリやってこんなになったんだよね
これもぼっちゃんの思い出になってしまったなぁ

ぼっちゃん、おかあさんは思い出がいっぱいいっぱいあって
何をしてても、どこへ行っても悲しいよ
この1か月、毎日毎日どんなに泣いた事やろ・・
ぼっちゃんも呆れてるかなと思うくらい泣いた

・・・こんなにも別れは辛いねんなぁ


TbGkBSqAN5TGtuC1366550006_1366550038.jpg

今もこうして笑顔でおかあさんを見ててくれてるか?
ニコニコしながらいつも目で追って見てたもんなぁ


pan9qcfg3g7XsGh1366555970_1366556009.jpg
            平成24年4月21日  京都御所にて


昨年のちょうど今頃、御所の桜を見に行ったなぁ
ホンマに嬉しそうな笑顔やなぁ

昨年二人で見た藤の花も綺麗に咲いててもうそんな時期なんやと思った
あと、躑躅、菖蒲、紫陽花、向日葵も一緒に見たなぁ
今年もぼっちゃんと一緒に行きたかったよ
またこの楽しそうな笑顔を見たかった


もう苦しかった咳コンコンはなくなったか?
体、しんどくないか?
足も痛くないか?
元気に走り回ってるかな?
ぼっちゃんはフレンドリーやからいっぱいお友達できたやろなぁ

おかあさんも、いつまでも立ち止まってたらアカンし
ちょこっとづつ前向いて行くで ( の、気持ちはあるけど~)
ま、無理せんとぼちぼちやけどな~



にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

戸の傷跡…
ぼくが居た軌跡…

今も同じ姿勢で待ってくれてるかもよ…
私達には見えへんだけで(笑)

一緒にいっぱいお出かけしたんやね…
きれいなお花をいっぱい見れて、ぼくちゃん、嬉しそう!!!

きーちゃんさん…
みゅうの写真をアップしているのを見て、少しだけホッとした私が居ます… みゅうも心配してたと思うから…
でも、ちゃんとわかってくれてるから、みゅうなりの側に居方があるんやと思います!

ちゃんと食べれているなら、安心です…
眠れないのも… 人生のうちの一コマと考えたら、起きてて、ぼくちゃんとお話するのもいいかも…
でも、あんまり眠らなかったら周りは心配するかも…(言うてる事が矛盾やなぁ~)
ついこの間のことだったみたいなのに
ぼくちゃんが逝ってしまってもうひと月も経つのね

どこにいても何をしてても
いろんなことが思い出されてつらいだろうな

それでもぼくちゃんの過去の写真見ることができるだけ前に進んでる
それをブログにUPできてることが前に進んでる
確実に前に進んでると思うよ
これからも無理のない範囲で前に進んで
少しでも食事や睡眠がとれるといいね

私が帰って来て玄関開けた途端「わんわん!!」
階段を上るとき、こうしていつもぼくが覗いて迎えてくれてたから
いまでも、つい見上げてしまうよ
若くて元気なころは階段の上り下りは速く自由だったのが
8歳くらいからしなくなって、たぶん自分の事をよく分かってたんだね、無理をしなくなりました

姿は見えないけどいつもの場所に居てくれてるかもだね

みゅうも本当に賢い仔なので彼なりに理解してると思う
ってか、ぼくとは4年以上、共に暮らしてたから二人の間で意思の疎通もあったんちゃうかなと思えるよ
だって、みゅうはぼくがしてた行動をして私がビックリする時あるよ

みゅうが居てくれてる事で凄く救われてるおかあさんです
月命日だからUPしようと頑張ったよぉ!
ひと月経ってもまだ、頭も心もぼっちゃんが居なくなった事に付いていけなくて未練タラタラの困った私です

今迄の人生で、一番辛くて悲しくて寂しくて苦しくてしんどい毎日のような気がする
ぼくと一緒に居る時が本当に毎日楽しくて幸せやったから反動がキツイわ

写真はここ2年程はよく撮ってたのでいっぱいあるよ
この前、1000枚くらいプリントアウトした
今は見れなくても、これでいつも身近に居てくれる気がしてホッとしたところだよ
でも、動画は見れーーん!ムリー

こうしてぼくと過ごした幸せなじかんが過去になって行くんやね
二階から、おかあさんを今か今かと待っている様子がとても愛らしいですね。
春爛漫の京都御所での嬉しそうな姿がいいですね。
一カ月しか立っていないんだもの、何かにつけ思い出しては悲しい気持ちに襲われるのは、自然なことです。
きーちゃんさん、本当にしんどいでしょう、でも、
愛犬を失った文学者が愛犬と過ごした日々を綴った「ハラスのいた日々」という小説がありますが、誰もがきっとこの世での別れを受け入れられるようになると思います。くれぐれも、身心をこわさないように願ってます。
そうなのよぉ、いつもあの場所で下を覗きこんで
今か今かと待っててくれました
だから私も見上げるのがいつもの習慣になっています
ヒョイと顔が出てこないかな~と思いながら。

「ハラスのいた日々」読んでみようかな
天使になってすぐはハロルド・シャープの「ペットたちは死後も生きている」を読んでたよ

今は「大切な人をなくすということ」を読んでぼくの旅立ちを受け入れる気持ちの準備をしなきゃな~・・と思ってるところです
な~んて、なかなか出来ずに困ってるんだけどねぇ

tamanyaziさん、「きーちゃん」で良いヨ
さん、はいらないからね~ ^^v
ここにはタイムリーにコメントしたかったのに
ちょっと忙しかったり落ち着いたと思ったら風邪引いて薬のおかげで眠くて寝てばっかりだったり…

あれから1か月か…と思うと長かったな…
もっと前のことのような気がする…
前にもこの階段から覗いてる写真をUPされてた覚えがあったから
あの日お邪魔した時 下から見上げて「あそこから覗いてたんやなぁ…」って想像しながら階段昇ったよ…
家の中どこを見てもそこにいた時の姿が蘇ってくるよね…

季節が変わる毎にその時どきの思い出が蘇ってきて寂しい気持ちになると思う…
だけど 四季が何巡目か回った頃
きっと楽しかった思い出として思い出せるようになると思うよ〜
えっ?風邪引いてたんや~、少し楽になった?
暑いと思ったら朝晩は寒かったりで体調管理も難しいからね、
無理せず、寝られるときはゆっくり寝て、食べて体力つけようね~

そう、YPでこの中のどれかをUPした覚えある
よく覚えていてくれたねぇ
ほんでもって、あの日来てくれた時に思ってくれてたんや~
ありがとう

あれから1か月・・ボンママの言うようにずっと前のような、
昨日の事のような不思議な感覚だよ
今でもヒョッコリ帰ってきそうな気もするけど・・。

ホンマに諦めの悪いヘタレかあちゃんでさぁ、
自分でもこんなに弱い人間やったんやと改めて思ったよ

うん、いつか笑って、「楽しかったな~」と言える日が来たらいいのにと思ってます

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/38-f3032a97
<< ぼく&みゅうの関係 | TOP | 「みゅうちゃん、お掃除するよ~!」 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。