最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元ママ&パパの想い

いつものお散歩コースだったサツキ、満開になってました
ぼっちゃんがウチの仔になってから10回毎年見たよね

昨年、心臓病を宣告されてから
あと何回ぼくとお散歩して見られるかな、と思ってたんだよ
まさか、次の年にぼくはもう居なくなってしまうなんて考えもしなかったし、
あと4~5回位は一緒に見れるだろうと勝手に思ってたよ

_pryp2SJt5mKdVU1369469070_1369469144.jpg
     2011年5月25日

ko3U2HV4h0bNl991369918404_1369918526.jpg
     2011年6月2日


23xe0SX4ckKXGjP1369293187_1369293204.jpg
     2012年5月25日


HRdZLMhEWXiUQLc1369293071_1369293106.jpg
     2012年5月23日


今はどんな綺麗なお花を見ても、どんなご馳走を食べても
何をしていても楽しくないんだよ
ぼっちゃんと一緒に居られる事が、おかあさんの幸せだったんだよ


昨日、ぼっちゃんの元の飼い主の方からお礼が届きました
「10年間、ぼくを大事に育ててくれてありがとうございました」 と。

(ぼくは1歳4か月の時、前オーナー様宅から我が家に来ました
  4/18のブログ、『運命の仔』にも少し書いてあります)

ウチに預けた後も、会いたくて会いたくて
何回会いに行こうと思ったか知れない
でも、それをする訳にはいかなくて我慢してたって。。。

きっと、きっと会いたくて後悔してたんだろうな

お礼を言わなくちゃいけないのはこちらです
だって、可愛い可愛いぼっちゃんと巡り会えて
私達家族をいっぱいいっぱい幸せにしてくれたもの

お気に入りの写真を余分に現像してあったから
預かって持って来てくれた義妹に10枚程ことづけておきました
写真でしか見る事出来なくなったぼっちゃんだけど、
10年の月日、ぼくがどんな生活をしていたか、
ぼくの笑顔を見せてあげたいと思いました

ぼっちゃん、良かったね
元のママもパパもぼっちゃんの事、大事に心に思っていてくれてたよ
ぼっちゃんを忘れてなかったよ
だからもう許してあげて欲しい
ぼっちゃんも会いたかったかな


渡す写真を探してたらやっぱり号泣
ぼっちゃんは確かにここに居たのに・・
いつもいつも、おかあさんの後ばかりついて来てたのに・・

昨日、今日はぼくを想って朝から何回も泣いた

どんだけ諦めが悪いヤツと思われようが
どんだけ情けないヤツと思われようが
どんだけ呆れられようが
おかあさんはぼっちゃんに逢いたくて逢いたくて苦しいよ
無理だと分かっていても逢いたくてたまらない




   ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

前飼い主さんのところで、色々事情があって、きーちゃん家に引き取られて、すごく幸せな犬生を全うしたぼくちゃん。こんなに愛し、愛されることがあるんですね。

きーちゃん、自分のことあきらめが悪いとか、弱いとか責めないでくださいね。誰だって愛する家族がいなくなれば、何カ月、何年と思いを引きずりますよ。季節折々につけ、去年はこうなことをしたな~と思い出しては悲しくなるでしょう。
いつかきっと、薄紙がはがれるように、苦しい気持が軽くなっていくころがあると思います。

今はいくらでも泣いてもいいんだよ。
元パパ、ママさんも、忘れずにいてくれた事…よかったですね。

ぼくもちゃんとお話を聞いていて、ワンワンって言ってるように思います。

写真をたくさん見ると、まだまだ日が経ってないから涙、涙やろうね…
ゆっくり、ゆっくり…

でも、ちゃんと食事をして、体を壊さないようにしてください。
そんな事になったら、ぼくが悲しむし、みゅうたんも大変!

ねっ、きーちゃん!!!!
楽しいブログにしたいんだけど・・出てくる言葉は泣き言ばかりで・・いつも優しい言葉を掛けて頂き、ありがとうございます

人間とか動物とかの種族を超えた絆ってあるよね
動物は話せないだけで、心を持ってるし何でも分かってるし裏切らないし、ただただ純粋に愛を与えてくれます

tamanyaziさんと、たまちゃんも然り。
出会うべくして出会った運命なのだから、その繋がりは強いものだと思います
居なくなって初めて気付く事もあるから、今のうちに思いっきり可愛がってあげて欲しいと思います
私のように後悔しないためにもね
手放したとは言え、1年あまり、パピーちゃん時代を共に暮らしたのだから
忘れられない存在だったのではないでしょうか
たぶん辛かったと思います

写真、いっぱいあってどれも大切な宝物だよ
ぼっちゃんと一緒に過ごした日々がかけがえのない宝物
周りにたくさんの笑顔と幸せをくれたことに
これからもずっと感謝の気持ちを持って
思い出を心に抱きつつ生きていこうと思います

いつも心配してくれてありがとう~
大丈夫だよ^^v

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/46-0ed005fd
<< みゅう、病院へ行く~☆ | TOP | 2回目の月命日、ぼくへの手紙 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。