最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一周忌 立派だった『最期の闘い』

ぼくとお別れした後、いろんな本やブログを見ました
その中で、とても印象に残っているのがあります

『虹の橋』、『犬の十戒』はとても有名です

が、残念な事に、私はぼくが天使になってからこれらを知りました
生存中に、もっと早くに知っていたら
ぼくに対する気持ちがもう少し違ったものになっていたかもしれません


そして、『最期の闘い』を知った時は号泣でした
まるであの時のぼくが そう言っているかのように思えました




ある方のブログから・・

   
-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

『 WMP 』からの引用です。
わかりやすい言い回しに少し直してあります。

この短編詩を読んで、
今一緒に暮らしている愛犬、過去に亡くした愛犬など、
自分が接したワンコたちを思い浮かべてください。
そして、自分の胸に問いかけてください。
自分にとって、ワンコはどういう存在なのかを・・・。




『最期の闘い』

私が“旅立ち”への「最期の闘い」を始めた時、
きっとあなたは悲しみ、涙を流すことを私は知っている。

私も悲しい・・・。
でも私は苦痛と闘い、涙を流すことさえ出来ないかもしれない。

そんな時・・・私の体に手を置いて、あなたの暖かさをください。
それで私はきっと安心できるから。

私の目があなたを見ることが出来なくなるまで。

私は幸せだった。
あなたの精一杯の愛を感じ生きることができ、
そしてあなたより早く「最期の闘い」を始めることが出来て。

私にはわかる、もうすぐ闘いを始めなくてはならないことを。

私は闘う、一秒でも長くあなたの顔を見ていられるように。

でもわかってください。
この“闘い”は決して勝利できない“闘い”だということを・・・。

愛しい人よ、心せよ、準備せよ。

私の「最期の闘い」にむけて・・・・・。



-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆


ぼくが天使になってすぐ読み、ぼくが闘っている姿が思い浮かびました
でも、この写真を見ることは出来ませんでした
一周忌を迎え、気持ちの整理をする為、
先日アニマルコミュニケーションを受け、( ★虹色の光につつまれて )
ぼっちゃんの気持ちを知り、やっと見る事にしました
思い出すと昨日の事のようでとても辛いですが
これで一区切りをつけようと思います
  


y6MZqmOTzlmXXik1376301706_1376301717.jpg
最期の日の19:20頃  まだワンワン吠えていました
 (天使になる4時間半前)

恐れていた肺水腫になってました
まだこの時は回復して一緒に帰れると思っていました


この、酸素室でのぼっちゃんが何を伝えたかったのか
苦しい中で懸命に 何か言おうとしていたんです
この時の気持ちを聞いて貰いました


  
   ボクは酸素室から、お母さんを見ていた。
   お母さんは心配そうな顔をしてボクを見つめ、泣いていた。

   お母さん、泣かないで。
   ボクはここにいるよ。
   ボクはもうすぐ旅立つけど
   ボクはずーっと お母さんの傍にいるよ。
   だから、泣かないで!

   そのことを伝えたくて吠えていたんだよ。


そうだったんだ・・
おかあさんにお別れを言ってくれてたんだ
そんな時でもおかあさんを気にしてくれてたんだね・・

あの時、ずっと「わんわん!」って言っていたのは
「苦しい、助けて!」だったのか、
「抱っこして!」だったのか、
「早く お家に帰たい!」だったのか分からなくて
おかあさんは、それがとても気になっていました


    あの時、ボクはお母さんに
    助けて・・抱っこして・・早く帰りたい・・なんて
    何も望んでなかったよ。

    ただ、心が・・お母さんの心が
    ボクの傍にあることを
    ずーっと願いながら
    天の導きに身を任せていた。

    お母さん、あの時の事をずーっと気に病んでいるなら
    今日から、その気持ちを拭い去ってね。
    ボクは今でもお母さんの傍にいるから。

    目に見えないだけで
    あの時と同じように おかあさんの傍にいるよ。
  

UriTXJZAABSdJyR1367594705_1367594727.jpg
21:30頃 息が出来なくて苦しんでいました
おかあさんをずっと見ていました
  


傍で見ているしかなかったおかあさん
酸素室から出す = 死んでしまう・・と思ったので
抱っこしてあげる事も出来ませんでした

おかあさん、何もしてあげられなかった・・ごめんね
6時間も酸素室で苦しませてしまったね・・ごめんね


    お母さん、あの時のこと、謝らないで。
    すべて運命の導きで起きたことなんだ。
    間違ったことなど ひとつもないよ。

    すべてそのまま、自然に動いていった。
    あれで良かったんだよ。
    
   
    



Gaba5oTAV6YAdUd1376301737_1376301751.jpg
22:30頃 吐血後、もう立って居られなくなり苦しさは極限でした


立てなくなってしまったぼくを・・決心して抱っこさせてもらいました
「ぼっちゃん、おうちに帰ろうか」と言ったおかあさん
いつものように振り返っておかあさんを見てくれました
あの時の嬉しそうな顔が、今も鮮明に焼き付いています
忘れる事ができません
ぼくの最後の笑顔でした


「ありがとう、もう充分頑張ったよ
 もう頑張らなくていいよ・・」
辛そうにしているぼくに、自然に言葉が出てしまいました

この後・・・私の腕の中で静かに、安らかに眠りにつきました


「残念ですが、今・・」と先生が仰ったように記憶してます
これでお別れなんて信じられなくて
しばらくぼっちゃんを抱っこしたまま茫然だったように思います
実際その後、どういう行動をして帰って来たか、あまり覚えていません
兄が仕事帰りに、病院へ迎えに来てくれて一緒に見届けてくれました
それが心強かったです
ぼくも、兄が来てくれた事で、おかあさんがひとりじゃない
と、安心していったと思います


ぼっちゃんは去る日も自分で選んで逝ったの?

   ボクが旅立つのに、この日が最良の日だったんだ。
   家族の事も想って、ボクがこの日を選んだんだよ。


そうだね・・
いろんな偶然がいっぱいあった日でもあったね



写真はこの3枚しか撮ってません
苦しんでるぼくにカメラを向けるのはむごいと思い、撮れませんでした
亡くなった後の写真は未だに見る事ができません・・


ぼくは立派に『最期の闘い』を遂げました
おかあさんに気持ちの準備をさせる為に。
身をもって命の尊厳を教えてくれる為に。
そして、どんなことがあっても決してあきらめないと教えてくれました

動物たちは死を恐れていないのだそうです
そして、その時まで生きる事しか考えていないそうです


まさに ぼくはその通りでした
最期の最期まで精一杯頑張りました


1XxlXxhnKu_PTqF1395465310_1395465322.jpg
春らしい、明るいお供花でお願いしました
よく見たら、小鳥さんがいます
春告げ鳥 ( ホトトギス ) でしょうか




正直、ぼっちゃんをなくして このブログを止めようか迷いました

・・大好きなぼっちゃんを想う気持ちを綴ることで
その想いを、ぼっちゃんが存在していた証を残したくて
泣き言ばかり、同じことばかり、ですが書き連ねてきました。
グダグダの このブログに、優しく寄り添って頂き
支えて頂き 励まして頂き ありがとうございました

皆様のおかげで どれだけ救われてきたことか分かりません
この場が無かったら、心折れていたかもしれません
大変感謝しています

なんとか一年が過ぎ、
悲しみだけで過ごすより、ありがとうの気持ちを
ぼっちゃんに伝えて、あの子にも安心してもらおう
と思えるようになりました
そう思わなくてはあの子が悲しい思いをするからです
一周忌を区切りにして
少しづつではありますが、前に進もうと思います

本当にありがとうございました




ぼっちゃんを想い、毎日聞いていました







RFiDY9N00PuIykc1395465987_1395466030.jpg
会社近くの木蓮が満開でした





ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

コメント

1年ってあっという間やね~
もうすぐお彼岸やなぁ~って思った頃に
ぼくちゃんの笑顔が浮かんできました~

ぼくちゃんには1回会っただけやけど・・・
あの時のきーちゃんとぼくちゃんのお話を聞いてたら~
良いコンビやなぁ~って
話通じてるなぁ~ってあの場面が直ぐに浮かんで来たよ~!!

ホンマ~目を見るだけで~何を言ってるか
分かるよね~これだけは家族の誰にも負けへんで~って思える!!

きーちゃんにとっては、ぼくちゃんを思いながらの1年やったと思うけど・・・

これからは胸にぼくちゃんを抱いて少しづつ前へ進んでね~^^"

いっぱいおしゃべりしたいから~また会おうね~^^"


私も『虹の橋』『犬の十戒』はユウタとのお別れしてから知りました。

『最期の闘い』
たった今知りました。

敗北と知りながらも、闘わずして負けを認めることはできませんよね。
最後まで覚悟ができなかった私ですが
ユウタも、私と同じように
“1秒でも長く一緒に居たい”
とおもっていてくれてたのなら救われます。

私も2ヵ月前にユウタの一周忌を経験し
実は、前日まで意外と穏やかな気持ちで居れたんですよ。
ところが
一周忌を過ぎ、日が経つごとに悲しみが押し寄せてきて
別件でもいろいろあったので、悪い意味での相乗効果で“人生最大の低迷期”に突入してしまいました。

きーちゃんさん、前に進むことは良いことですけど
焦らず、気長にね~
ぼくちゃんも気長に付き合ってくれるでしょうから♪
この、最期の日はつい数日前のような気もするんだけど、
ぼっちゃんに会えなくなって365日だから、やっぱり長いなぁ
早かったような、遅かったような不思議な気持ちです

あの時、我が子達はお利口さんでおとなしくて
どこに居るの?って感じだったよね~^^
ベリーちゃんもオレオちゃんも、いつも写真で見てる通りの可愛い子やったよ~
あれから早や1年半だもんね
まだまだぼっちゃんが元気で居てくれたら
また一緒に会えただろうに・・って思います

虹の橋組2年生になったぼっちゃんはしっかりしてるから
私も頑張らなきゃ~です。

『最期の闘い』も 2曲の歌も泣けました

話せないだけで飼い主が想ってる以上に、
あの子達はいろいろ深く考えてるんですよね

今日は時間を追って、「今頃は・・」ばかり考えてしまいました
毎日毎日、片時も忘れられなかった一年でした

ユウタ君&ヒロ姉さんは少しだけ先輩で
ここ数カ月、悲しみ、苦しみを共有してきましたね
みんな同じ辛い思いでも耐えてるんだって・・
ひとりじゃない、みんな頑張ってるんだって、
ブログを覗いては励まされて一年経ちました

乗り越える、んじゃなくて
どう言ったらいいのかな
受け止める、受け入れると言った方が相応しいのかな?
月日と共にそう想えるようになれば良いですね
時々出る涙は許して貰いましょう
それほど あの子達を愛してたって事ですから。

お互い、気長にいきましょうね
一周忌を越えたからもう大丈夫とは言えなくて、
ヒロ姉のように落ち込んでしまったりするし・・、
頭では解っていても、心が付いてこなかったりするし・・。

それでも辛くなる度に、
ぼくちゃんの言葉を思い出し、
ぼくちゃんという子が息子である喜びを、
噛みしめてください。

こんなに可愛くてしっかりした子は、
そうはいないと思います。

今月は特別だから、
(恥ずかしながら)手作りのライチ・ケーキと茹で卵、
そして、薔薇の香りのお線香をお供えしましたe-420
愛おしい我が子を喪ってからの立ち直りは
人それぞれですね
早い時期に乗り越えて行く人もいるし、
私達のように抱え込んでしまってなかなか前へ進めず苦しんだり。。

今回、ぼっちゃんがいっぱいお話してくれた事で
あの子の気持ち、想いを聞くことが出来て
私的には一つの大きなきっかけになりました
私が悲しんで泣いてばかりだと、
あの子も悲しい辛い思いをしてるんだなって。
おかあさんの笑顔が好き、
お母さんが元気なのが自分も元気になれる、と
生前ACして貰った時に言ってくれてました

すず❤ママさんが仰ってくださったように、
悲しくて、寂しくて、辛くてどうしようもない時、
ぼっちゃんの言葉を読み返して心を落ち着かせようと思います
きっと、ぼっちゃんは傍に居てくれてるから。

いつもお気遣いありがとう!
なんでかな、すず❤ママさんのコメントは
いつも泣けるーーっ
ぼっちゃんを褒めてくださり、ありがとう!
私には最高の言葉です
ずぅ~っと いつまでも親バカですv-343
愛おしいぼくの苦しむ姿は見たくない、見られない、と思っていました
辛かったです
ぼくはもっともっと辛かったろうと思うと
今でも涙が溢れます
そんな状態の中でも、私の事を思いやってくれてたなんて
本当に優しい良い子でした

酸素室では苦しんでおりましたが
最後に抱っこさせて貰った時は、とても穏やかで
先生が「苦しまなくて良かったですね」と不思議そうに言われたんです
普通はもっと苦しんで暴れたりするらしいですが、
ぼくは本当に眠るような最期でした
それも私の為だったかもしれません

最期は抱っこして名前を呼んであげたい、が望みでした
お別れも言えて、願い通りにさせてくれました
悲しいけれど、前記事に書いたように、
納得するしかないサヨナラにしてくれました
留守の間に・・とおびえていましたが
これで良かったんだと、思えます

お別れは辛いけど
それ以上の幸せをいっぱいいっぱいくれた事に感謝してます
出逢わなければ今の自分は無いですし、
多少なりとも人間として成長させて貰ったんじゃないかと思っています

傍に居てくれてる今を大切に過ごして下さいね
ご訪問ありがとうございます

この一年、長いようでもあり、短かったようでもありでしたね
最初は真っ暗な先の見えないトンネルに迷い込んだような思いでした
出口が見つからず、ただ もがいていました
時間と共に少しづつ落ち着いてきたのは
居なくなった事に慣れたのか、
あきらめがついたのか・・分かりません
もう、この現実を受け入れなきゃ、と思います
アニマルコミュニケーションは私にとって大きな契機になりました
あの子の気持ちを聴けて良かったです
つかえてた気持ちが少し楽になりました

そうですね、
天国で一緒に楽しく過ごしてくれてたら良いですね♪
きっと、傍に居て見守ってくれてるんだろうと思います

今後とも宜しくお願い致します
なかなか、来れないでごめんなさい。
最後の闘いの詩、本当に私の心に落ちました。
去っていく人・仔たちは、このように思っているのかと思うと感動します。。
酸素室のことをきーちゃんがずっと気にしていたので心配でしたが、ぼくちゃんがたくさん語ってくれて、泣かないでと言っていて、きーちゃんさんの気持ちが少しでも楽になってくれていたらと思います。
看取ることができる日に逝ったことは、神様の計らいです。
この1年、時間が止まってしまったようだったかもしれませんが、無理をしないで、少しずつ進めていけますように。
忙しくされてるのに来てくれてありがとう~

tamanyaziさんとは、ぼっちゃんがまだ若くて元気な頃からのお付き合いで
病気が発覚し、闘病してる時も、
ぼっちゃんが天使になってからも
いつも励まして貰って支えて頂き、
本当に感謝しています
ぼっちゃんとお別れして折れそうな心を
いつも優しく修復してくれて寄り添ってくれました
きっと、大好きなお母様やゴン太君とのお別れを経験されたからだろうと思っていました

いつまでも悲しんで泣いているより、
ぼっちゃんは 私が元気にしてる姿をみたいだろうと思いますので
ゆっくりですが立ち直っていかねば、と思うんです
もう思い出は増えないけど、10年間の様々な事を
じんわり思い出しながらぼっちゃんと語ろうと思います

東京も開花宣言が出て、TVで桜が綺麗に映っていましたv-252
仕事、大変でしょうけど 春の空気を吸って
気分転換して心の栄養補給をしてねv-218
ありがとう~
私もトーマスを神様の元にお返しして
もうすぐ5年…。正直まだ淋しいです。

お別れの形はみんな違います
仕事が仕事だけに色々なお別れに立会いますが
みんな世界でひとつの大事な大事なお別れ…
そこに家族さんと一緒に立ち会う自分がいる
トーマスがいたときにはこんな仕事をするなんて
想像もしていなかったのに
私の仕事まで彼女がみつけてくれたような気がします

天使になった子達みんな…
それぞれの使命を果たし旅立って
神様からもいっぱい褒めてもらっていると思います
なので…
家族だった私たちもいっぱいいっぱい褒めてあげないとね!

淋しいけれど…
一緒に過ごしてきた時間は
最高の宝物!自慢の宝物だよね!
本当に神様からのプレゼントだったような気がします
あの仔達は使命を果たして
任期満了になって神様のもとに帰って行ったんですね~
よく頑張ってくれたなぁと思います
私達を幸せにしてくれて
ありがとうの思いがいっぱいです

母さんのお仕事は大変だけれど
ご家族の気持ちに寄り添って、まごころが一番大事だもん、
母さんにピッタリなんじゃないかな
きっとトーマスちゃんが導いてくれたんだね

こうして、ぼっちゃんの気持ちを聞いて
ぼっちゃんに力を貰ったような気がします
少しづつでも前へ向こうと思います
私が元気にしてる姿を見せる方が
あの仔も嬉しいんじゃないかと思います

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://kawaiikotati218.blog.fc2.com/tb.php/62-09ae0d9a
<< 最近の自分 | TOP | もうすぐ一年・・・あの子の気持ちを聞きました >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。