FC2ブログ

最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

なんとか退院OK出ました!

今日は仕事でした。
おとーさんは お休みだったので大急ぎで帰って来て
夕方、また一緒に病院へ向かいました。

行ってすぐに、
「昨日、今日と少量ではありますが 自分で食べようと言う気になってきました。
なので一旦帰って貰って様子を見て頂こうと思います」
と言われました。

やったーー
帰って良いってーー


P9gpMZbAa7aczE31545739682_1545739794.jpg




NGkdKPdrBFSM8xY1545745026_1545745208.jpg

血液検査では脱水症状は改善され、基準値まで下がっていましたが、
WBC (白血球数) が正常 2.87~17.02 の所、 27.26 と高かったです。

血液科学検査では
 GLU (血糖値)      71~159   ↑ 174  ストレス
 BUN(尿素窒素)   16.0~36.0    ↓ 13.0  腎不全、脱水
 ALT (アラニンアミノトランスフェラーゼ) 12~130  ↓ 10  肝細胞の障害
 ALP(アルカリフォスファターゼ)  14~111 ↓ 10  胆汁うっ滞性肝疾患
 TP (総蛋白)     5.7~8.9    ↓ 5.5 重度の脱水、慢性炎症
 ALB (アルプミン)    2.3~3.9    ↓ 2.1 慢性肝疾患、栄養失調

「 炎症止めに ステロイドを背中に注射しました。
 ホンマに良い性格の子ですね 」 と先生。

「初め2日程はご飯を食べませんでしたが3日目から少しずつ食べるようになりました。
入院2目からは病院にも慣れたのか喉を鳴らしてフレンドリーでした。」 と スタッフさん。

入院中のご飯は Hills の消化ケア i/d
サンプルを3日分頂きました。

aIlYawwtxCBrW8L1545745585_1545745625.jpg

記録&参考まで。
これでもペット保険で 4万円引いてありました~
入っておいてヨカッタ~
でも、年間¥36000
入って7年だから ・・・それなりです


mQYnRkHVnmQCHNW1545739956_1545740121.jpg
次女のベッドがお気に入りなので 帰ってきて ここで休んでました。
ご飯は頂いたサンプルを少しだけ食べました。

今はおかーさんに くっついて横に居ます。
やっと帰ってきてくれた喜びでいっぱい
やっぱり家族は一緒が良いなと心から思います

次回28日に経過を見せるため病院を予約して帰ってきました。
少しずつでも食べて元気になってくれたら良いなぁ
ぼっちゃん、守ってくれてありがとう



JQHYUaUg8ZjaoF51545750291_1545750624.jpg
Merry Xmas 






にほんブログ村



にほんブログ村


入院3日目 会い行って来ました

今日もみゅうの待つ病院へ面会に行って来ました。

「ちょっとでも食べられるようになってたら良いのにな」
「昨日より元気になってくれてたら良いなぁ」
と、おとーさんと向かいました。
結構 距離はあり、車でも30分以上は掛かります。
でも みゅうが安心してくれるなら たとえ短時間でも行きたいのです。


zrAoi4r4rMhU0UA1545647323_1545647609.jpg

今日もシリンジに入れて貰った術後回復用の缶詰を10ml 飲み込んだそうです。
でも、38.5℃ だった熱が 39.1℃ に上がっていたそうです。
今日の体重、6.40kg
ずっと点滴ばかりで 少し体重は増えてました。

UxEz5JZGtHIR4ms1545645856.jpg

来た、と分かった時 嬉しそうにニャーって迎えてくれました。


Rj6BXbw6_QfaYV81545645916_1545646806.jpg

にゃあ、にゃあ 今日もお返事してくれてました。

「頑張って食べてよ」って お願いした おかーさんの気持ちが通じたのか、
o1qvqkTFVnIvqrS1545646875.jpg
自分で フードを食べてくれました。
たった 5,6粒だけれど、みゅうにとっては大きな進歩
食欲増進剤の効果なのかな
吐いて無いだけでも ありがたい。
こんな当たり前の事でも凄く嬉しかったです。
焦らず、ゆっくりで良いから ちゃんと前のように戻って欲しいです。




世間はクリスマス  ですね。
今まで長女が生まれてから ツリーは毎年飾っていましたが
今年初めて 何もしないXmasを迎えました。

お姉の家探し&契約に週末3回位潰れたし、
風邪引いて寝込んでたし・・。
平日は時間が無い~~


enpyS17ftQ5MKNw1545626000.jpg
でも、何かせずには居られない おかーさん
100均でこんなのを見つけました
今年はこれで まっ良いかっ






にほんブログ村


にほんブログ村

入院2日目 会いに行って来ました

おとーさんが仕事だったので、
帰って来るのを待って すぐ病院へ向かいました。

「今日はどーやったんやろ。」
「ちょっとでも 良くなってくれてたら良いのになぁ。」

と、車の中で2人で話していました。
昨日入院したところなのに 久々の恋人に会いに行くような?感じです。


声に気が付いて目を開け、立ち上がりはしませんでしたが
じりじりと近寄って来てくれました。
sjAnicvzAG_uLQ71545558446_1545558662.jpg



rtXbsA4pNlZf2Py1545557998_1545558365 (1)



でも
BzoblSxOeHRa8771545580320_1545580458.jpg



ケージの中に置いてある フードも水も 口をつけなかったそうです。
ただ、ちゅ~る をシリンジで口の中に入れられると
少しだけ飲み込んだそうです。
元気な時は大好きで、瞬殺でペロペロだったのにな~


この調子では火曜お迎えは厳しいかもしれません。
自分で食べてくれないと 点滴をやめられないし、
昨日 先生が仰ったように チューブになってしまうかも・・です。
不安な気持ちの おかーさん。


「 みゅーちゃんが 居ーひんと寂しーてアカンわ。」
   にゃあ
「 元気になって一緒に帰ろうな~」
   にゃあ
「お迎えに来るからなぁ~」
   にゃあ

話しかけると 一回一回 お返事をしてくれてたので
「みゅうちゃん、スゴイ ちゃんとお返事してるね~」って
スタッフさんも 感心してはったよ
待ってくれてたんやなぁ


しばらく体を撫でて おしゃべりして傍にいました。
「じゃ、もう帰るね~」 と言うと、
ええっ  って驚いた顔をして見送っていました。
おかーさんだって一緒に帰りたかったよぅ


少しづつでも回復に向かってくれますように。
ぼっちゃん、みゅうを守ってね。




にほんブログ村


にほんブログ村

みゅう、入院してます。。

一週間前に病院へ行ってからも 症状は回復してませんでした。
食欲は全くなく、水さえ飲もうとしません。
薬は溶かしてシリンジであげましたが、それさえ少しして吐く・・でした。

お母さんの部屋の自分のお家に入って じっと寝てばかりで出て来ません。
でも、「 しんどいよ。辛いよ。。」って目で見てきます。
どうしても仕事が休めず、夜もどうしてもの用事があったので、心配でしたが
2日前に 今日の朝の予約が取れたので連れて行って来ました。

体重は6.10㎏
一週間で640gも減っていました。

クロックスだろうと思っていましたがガジガジやったほどでは無く、
歯形が2,3残っていただけで
もしかして他の病気も疑われると言う事で、
別の詳しい血液検査、超音波などで考えてみる為に入院、となりました。
置いて帰る時、「おかーはん、どこなん?」て感じで
診察室からにゃあにゃあ呼んでる声が聞こえて泣きそうになりましたが
会いにくるから・・みゅうの為やから・・・と後ろ髪引かれる思いで帰ってきました。

家に帰っても一人。
いつもなら側にくっ付いてくるみ-ちゃんが居ないのが堪らなく寂しくて
今頃怖い思いをしてるんやろなと心配で落ち着けません。



その結果が夜に出ましたので お父さんと聞きに行ってきました。
qKGYIcKVmfTWLCR1545490293.jpg

私達に気付いて顔を上げて 「 にゃぁ・・」と返事してくれました。
D27S4uOCTLfoSao1545490315_1545490563.jpg


血液検査では先生の予想通り 膵炎 だろうと言う事でした。
先週大丈夫だった白血球と、膵臓の数値が上がってて、
それに脱水、ストレスも酷くなっていました。
また、吐き気止めと、血管強化剤の点滴をされたようです。
ケージに食事と水を置いて貰ってましたが一切食べないので、
夕方5時頃に食欲増進剤の点滴をはじめたそうで
私達が行った時は点滴の真最中。

今後、このままフードを食べなかったら
首からチューブを通して栄養を取る事も視野に入れておいてください、でした。
これには動揺して目を見開いてしまいましたが
どんなことをしても、みゅうが助かるなら仕方ありません。。

nAs3tVrv9VTp_gN1545491621.jpg
これは先月11月23日、玲たんが来ていて
ハウスのおもちゃにこっそり入ってたみゅう
まさか、一か月後にこんな事になろうとは・・・思いもしてませんでした。


病院でスタッフさん達に撫でて貰ったりしてグルグル言ってたそうですし、
先生も、「人懐っこい子ですね。
レントゲンや注射も おとなしくて賢くて
温厚で本当にイイ子でしたよ
イヤがらずに ちゃんとお腹も見せてくれました。」と言われました。
もともと賢い子ではありますが、抵抗する体力 気力も無いのだろうな
と思います。
みーちゃん、えらかったね。
いっぱい褒めてもらったよ。

一人、知らない所でかわいそうなので
連れて帰れたら一緒に帰って、また明日連れて行けば・・と思っていましたが
残念ながら無理でした。
滅多に車に乗らないから、その移動もみゅうにとっては負担になるかもです。
万全の管理のもと、安心なのもあります。
…と、自分で自分に納得させるようしています。


火曜ぐらいまで入院予定なので 明日、また面会に行って来ます。
ぼっちゃん
みーちゃんを頼みます。守ってあげてな。




にほんブログ村


にほんブログ村


みゅう、久々の病院

5日程前からみゅうが吐くようになりました。
思い当たる節があります。
一週間前、玄関に置いてあったクロックスをガジガジやっていたようです。
傘立ての上に隠しておいたのに、背伸びして降ろしたようで、
ほんの10分位の間の出来事でした。

ヤバイなと思っていたのですが案の定・・・・。

一人では大変なので 週末、お姉と玲仁が帰って来た時に連れて貰いました。
みゅうを病院に連れて行くのは久し振りでした。

3fthNvA0yqhnBhT1544966093_1544966641 (1)


_Ocp9p6tmILFzRk1544966674_1544966778.jpg
レントゲンでは噛んで呑み込んだようでは無くホッとしました。

血液検査をして貰ってから診察台へ。
緊張のあまり、お手々は汗ばんで お鼻もピンクになっています。

UI9cfGAsIOGNbSL1544970144_1544970279.jpg

見えにくいですが
 HCT (ヘマトクリット) 30.3~52.3   ↑ 57.2  脱水
 HGB (ヘモグロビン) 9.8~16.2    ↑ 16.6  脱水
 MCV (平均赤血球容積) 35.9~53.1 ↑ 55.1
 GLU (血糖値)   71~159   ↑187  ストレス

吐くので、心配していた脱水を起こしていました。
その他は 特に悪い所は無くて一安心。
ただ、肥満で脂肪がついているので、食事に気を付けるように言われました。
現在体重6.74キロでした。

抗生物質、吐き気止め2種 の3本注射と点滴をして貰い、
吐き気止めの薬を貰いました。

UgwHn3ywbst0zv21544967209_1544967395.jpg
と言う事で、本日の治療費です。
7年間ペット保険に入ってて 初めて使いました。


余談ですが、同じ日に次女が風邪で病院にかかったのですが
診察とお薬で ¥1200 だったらしいです。

日曜日、吐き気は治まり 少しだけご飯をあげました。
これで元気になってくれたら良いのにな。



おまけ❤

78rSdgCLuDvYLg71544968869_1544969155.jpg
玲ちゃんと晴くん抱っこしてますが 私も風邪を引いておりまして・・。
先週玲ちゃんにうつされました~

Thvf_USLXt3zTxy1544969730_1544969917.jpg
本人は楽になってきたようです。
良かった~


rF_J8v6nuLWvJg81544967458_1544967552.jpg
ファーストXmas の晴くんには先に ツリーをプレゼントしました。
ベビーサンタさん、可愛いです


今年もあと2週間ですね。

大阪の長女一家が来月末、京都に戻って来る事になりました。
ダンナさんの今の仕事、精神的、体力的にも限界なので
心機一転、こちらで出直す事にしたのです。
このまま大阪に居ても何も意味が無いので、お婿さんも迷う事なく決めたようです。
何なら、ウチのムコに入る、とまで(笑)
玲仁の弟妹を考えるにも、孤軍奮闘の今の状況では難しく
実家の側が良いと考えてたようです。

我が家の近所に 家が見つかり契約も済ませました。
あとは玲仁の保育園と その他いろいろの手続きなど残っていますが
お姉の事だから着々と準備は出来ています。
できるだけの応援、援助はしてあげたいと思っています。
ま、放っておいても 毎日来るでしょうけどね~(笑)
我が家の周りが またまた賑やかになります

そんなこんなで忙しい日々を過ごしています。
寒くなってきましたので 皆さまもお身体に気を付けてくださいませ。




にほんブログ村


にほんブログ村




<< 前のページ     次のページ >>