最愛のぼく(ヨーキー♂11歳)が2013年3月23日に天使になり,あの子への溢れる想いを書き記しています・・・。7歳になった陽気な後輩にゃんこのみゅうに癒されてます。

感謝です

2月ネタで古いのですが
久し振りに玲仁くんがやって来てました
早いもので1歳半になってます
玲仁、本当にしばらく振りの登場ですね

実は昨年10月より保育園に通っています
1歳児7人のクラスです
お友達とも仲良く遊べ、最近はトイレもちゃんと言えるようになってるそうです
日々 学習していますね
赤ちゃんっぽさも無くなり ちびっこギャングですよ~

8OJDTUBW09cDA2p1489300176_1489300506.png


YElDfab4CXskUxm1489300550_1489300560.jpg
公園の遊具は1歳位からひとりで遊べます
お家のジャングルジムで日々鍛錬をしているので ちょろいもんですよ
こちらの言う言葉は何でも分かってます
私の事は 「あーたー」 (あーちゃん) と呼んでるそうです
まだ直接聞いてないので 早く聞きたいな~
京都に来たいらしく、「とーと、とーと」(京都、京都)と言って自分のリュックを持ってくるそうです

5roBkBscHJ4z7EN1489299920_1489300125.jpg


今回お姉が帰って来たのも ちょっと理由があって、
18日は私のお誕生日、22日はお父さんのお誕生日&還暦のお祝いで
家族全員集まりました

  還暦とは?
  干支(12支)と、十干(10) の組み合わせが60年で一巡することから
  「元の暦に還る = 還暦 」と呼ばれるようになったそうです
  平均寿命が伸びた現在は長寿のお祝いと言うより
  長年働いて家族を守って来てくれた事に感謝する意味もあります
  おめでたい節目の年ですが、実は厄年でもあり
  魔除けの意味もあって 赤いちゃんちゃんこを送るそうです

なので、嫌がってたおとーさんですが、着て貰いました

vxA33eQ_kkCEMP71489300790_1489301244.jpg


子供達からプレゼントをいっぱい貰って大喜びのおとーさん
ナイスミドルなオヤジになるよう、子供達3人で洋服、靴、ソックスまで・・・
page.jpg

それと、還暦のお祝いは 子供達とお母さんも加わって スーツを新調してあげました
なぜかここ数年で10キロ位痩せちゃったおとーさん
痩せてから 自分のスーツはブカブカになり、
滅多に着ないのもあって 時々息子のを借りていたのですが(笑)
やっぱり要るよね、ってことで4人で相談しました
好みもあるので本人を連れて行って選ばせてあげました
あれからもうすぐ1ヶ月経ちますが まだ着る事無く、ケースに入ったままですので
残念ながら写真は撮れてません

おかーさんには YSLの ポーチを
黒地にゴールドで刺繍がしてありシブくてカッコイイです
さすが、私の好みを分かってるなぁ

子供達にこうしてお祝いをして貰ってなんて幸せなんやろ~と思いました
やんちゃで手のかかる3人でしたが 常識を備えた良い子に育ってくれました

そして おとーさん
長い間 家族の為に一生懸命 働いてくれてありがとう
おじーちゃん、おばーちゃんになっても仲良く暮らそうねぇ
ありがたいな、感謝です





にほんブログ村



にほんブログ村



みゅう、9歳のBIRTHDAY

我が家の みゅうさんも18日、とうとう9歳になりました

S7t9uIrg4eqH7lP1487337636_1487338214.png


pUSTQ4sDVeMMFQq1487341664_1487341712.jpg
毎年恒例の 保険屋さんからバースディカードが届いてました


月日の経つのは早いなぁ~
1歳4カ月で いきなりやって来たみゅうさんですが
猫らしく自由に伸び伸び育ち(過ぎ?)ました

ぼっちゃんと3年9ヶ月暮らし
ぼっちゃんなき後一人になって もうすぐ4年
その間グダグダのおかーさんを いつも傍で支えてくれて
そっと寄り添ってくれました
ありがとね、みゅう
ぼっちゃんと同じで いつもおかーさんの行動を追って
いつもおかーさんを見守ってくれてます


yqdnDEqqchR6Apt1486798848_1486798860.jpg



DX63yCabq3M4GCg1485784421_1485784565.jpg


k27hTz1VWjDxpjB1487338764_1487339205 (1)



てへっ
そやな~、おかーはん 天然やしな~



h6hHR8yi5qDR9Aq1487338328_1487338446.png


こうして みゅうと過ごしている かけがえのない日々
あと何年 一緒に居られるか分からへんけど
おかーはんと暮らせて幸せやで~って思ってくれるよう
一日一日を大切に いっぱい愛情を注ぎたいと思ってる

まず健康で、元気で長生きして欲しい
それだけが おかーさんの望みです



vgyIyxAPKt9Eb491488718076_1488718128.jpg
ぼくも いつも見守ってくれてます






にほんブログ村


にほんブログ村


ご近所さんになります

実は1月末に、数年 職場の近くに一人暮らしをしていた次女が
我が家のすぐ近所に引っ越しして来ました。
契約したのは昨年11月だったので
その時点では長男の結婚もまだ決まっていなくて
まさか、部屋が空くとは思ってもいませんでした。

でも もし分かったとしても たぶん実家には戻って来なかったやろなぁ~
なぜそんな無駄な事をするのか、と言うと
家財道具一式を持っていますので家に入りきらないからです
2部屋空きますが1つはお姉が帰って来た時用に置いてあります
しかも玲仁のおもちゃやベビーちゃんの頃のバウンサーや歩行器など、
場所の取るものはそのまま保管してあるので狭くなっています
それに自由にお友達を呼んだりしてたのに実家では気を遣うから、でしょうね。

同じ町内なので 行ったり来たり
私は嬉しくて嬉しくて仕方ありません
何か買って来ては いそいそ持って行ったり世話を焼いてしまいます
その辺は娘なので気楽にやっています


さて、息子の引っ越しも来週、に迫って来ました
息子達の新居も これまた 実家の近所なんです
お嫁ちゃんもお仕事があり、遅くなる時も多々あるので
2人で相談して 我が家の近くにしたそうです
と、言う事は・・やって来るのが前提やんか~
いつか、赤ちゃんが生まれてもウチの側なら
何かと都合が良いでしょうしね

そんな訳で おとーさん&おかーさんの静かな家になるはずが
子供達が周りに居てくれるから
そうのんびりも出来なさそうですよ~
たぶん 敢て近くにしてくれたんだろうと思う・・ようにしてます
都合の良いようポジティブに考えてます

母も兄も姪っ子も 皆近くで、「お~~い」と言えばすぐに集まれて
幸せなことだな~



zf7uYJgNooZWBa61485783777_1485783804.jpg
会社の木蓮の木、寒い中でも こうして春を待ってます
あと1か月半位先に たった4~5日咲くために着々と準備を進めています
がんばれ






にほんブログ村


にほんブログ村



幸せな一年に。

1月になってから早や1ヶ月が過ぎようとしています。
久々の更新になってしまい、
「もうやめたんか~い?」 と思ってる方もいらっしゃるでしょうね

元気にしております

仕事が忙しく、帰って来て家事をして うたた寝をして・・一日が終わります。
歳のせいか 疲れがとれないし、まだ膝も痛いままだし~。。。
日々の中で 出来事や思う事もあるのに
PCに向う気力が減ってしまって
こうして少しづつ老いていくのかな、なんて思ってしまいます。

そんな事言うてんと頑張らなっですね。


そうそう、本日は末っ子の息子くんのお誕生日です
24歳になりました
厳密に言うと まだ生まれてません
夕方 破水してしまったので 陣痛が無いのに入院して
今頃はTVを見てのんびりしてました
PM11時頃から陣痛が始まって もうすぐ30日の ちょっと前に会えました
上に姉が2人居ましたので 待望の男の子
長男である主人に嫁いだ私にとっては
この子は産まれてきてくれただけで 一生分の親孝行をしてくれたと思います
元気で明るく 多くのお友達に恵まれた事に感謝しています
やんちゃで学校からの呼び出しも多くて手は焼きましたが
可愛いくて可愛いくて大事に育ててきました

その子が 結婚も決まり、両家の顔合わせも無事済みました。
住むところもサッサと決めて
もうすぐ私の元から離れて行きます
私にとって子供達は大切な宝物
幸せになってくれる事を願うばかりです


I8zi3gjDhJea5Yj1485690913_1485691295.jpg

中学生頃から写真を嫌がって全然撮って無いのですが・・こんな感じです
息子に見られたらきっと怒られるな






sUSh0P22A42rTQg1488718330_1488718390.jpg
お正月のぼく






にほんブログ村


にほんブログ村


募る想い

木々の紅葉が色づいている
銀杏の葉がパラリパラリと落ちて行く
すっかり陽も短くなって
慌ただしい一日が過ぎてしまう

秋の夜長は なんとも切ないものだ
何もせず ぼくの写真を眺めている

ぼくの笑顔はあの頃のままで
あの頃・・は どんどん遠ざかって
楽しかった日々はどんどん過去になって行く


側に居てくれてる時は
ぼくが居なくなったら生きて行けない
そんな日が来ないで欲しい と思っていた
一年でも、一日でも、一秒でも。

こうして悲しくて寂しい気持ちのまま
ぼくと離れて3年8カ月の月日が経過した
一日だって想わない日は無かった

逢いたい、逢いたい
抱っこしてナデナデしたい
クンクン匂いを嗅ぎたい
・・なんて叶わない事なんだけど
ただただ逢いたい


この世に生まれたからには
たくさんの出会いがあり、
そして必然的に別れもある
それは仕方のない事なのだけれど
どうしようもない事なのだけれど
受け止めるには途方もない時間が必要だ

一緒に過ごした日々が輝いていたように
楽しくて幸せいっぱいだった日々が色褪せないよう
心から感謝の気持ちを持ってぼくを想おう

ぼくと暮らした10年間はお母さんの宝物
幸せな日々をありがとう
お母さんの所に来てくれてありがとう



pxHY3o7r28pUOeV1479832673_1479832840.png


VbUflFpKZLu7njg1479832020_1479832034.jpg

44回目の月命日

大好きだった柿、今年も次兄が送って来てくれたよ
美味しそうに食べてた、そんな姿を思い出して和んでいる





にほんブログ村

にほんブログ村


<< 前のページ     次のページ >>